スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外交面での新しいイニシアチブがいまこそ必要?



今の日本では、円高対策などの経済に関するテーマが クローズアップされてい
ますが、新しい外交路線の確立も欠かせないテーマではないかと思います。これ
からの日本の外交はどのようにあるべきな のでしょうか。国際ジャーナル
も、このテーマについては、特集を組んで欲しいところです。小泉政権以降、ほ
ぼ1年ごとに首相が代わっていま す。日本の国際社会における地位は、今現在
どのように評価されているのでしょうか。ちょっと気になるところです。ニュー
ヨークで開かれる国連 総会に、菅首相が初めて出席することになっています。
これは、世界に向けて、メッセージを発するチャンスだと思います。日本として
の新たなビ ジョンをぜひとも世界に語って欲しいところですね。日米首脳会談
も同時に行われることになっていますが、沖縄の米軍普天間問題の解決が早急に
求められています。また、中国の軍事力に対する日本の立場も考える必要もあり
ます。北朝鮮を含めた東アジアのこれからの安全保障について考え ることも、
新しい政権の大きなテーマではないかと思います。北朝鮮の核開発、拉致問題の
解決にも韓国とともに中国との連携が欠かせません。外 交面でも、課題は山積
みですね。





現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

イタリアン

現代画報に若くして、2店舗も店を経営されているオ
ーナーの記事が載っていました。アルバイトの経験から飲食業
界に興味を持ち、22歳でバーをオープンさせたこの方、対談
では『Italian Bar & Dining millanta』というカフェ・ダイ
ニング・バーが紹介されていました。名前からして、イタリア
ン料理を主とした、カフェ・ダイニング・バーだと思いますが
・・・。
 女性の方でイタリアンが好きな方って多いですよね。私の仕
事関係の知り合いのA子さん。飲食の営業関係の仕事をされて
いる方ですが、イタリアン料理店への営業は苦にならないとい
うほど、筋金入りのイタリアン好き。なんでも、イタリアンレ
ストランは営業に行くと必ずコーヒーを出してくれるからいい
のだとか・・・。それは物につられているだけなのでは、と感
じてしまいましたが、普段からイタリアンを良く食べるそうな
んです。ランチにスパゲティーを食べて、夕食にピザ、夜食に
もう一回スパゲッティーという日もあるのだとか。1日2回ス
パゲティーって突っ込んだら、スパゲティーは味付けが違うと
別の料理になるのよ、とのことでした。冗談で、イタリア人に
なっちゃいますよって言ったら、生まれ変わったらねと返事が
。まさに筋金入り!




国際ジャーナル
国際通信社

日中首脳会談の延期というニュース



9月下旬において、国連総会の場を利用した日中首脳 会談が計画されていまし
た。しかしながら、この会談は、最近の尖閣諸島沖で発生した、海上保安庁巡視
船と中国漁船の衝突事件によって、見送ら れる公算となったそうです。この報
道はどのように考えればいいのでしょうか。国際ジャーナルでも、この問題に対
するこれからの分析を期待した いところですね。日本、中国政府ともに、首脳
レベルで意見交換する環境にはないとなっているそうです。これからの日中関係
の行方が心配です。 国連総会には、日本から菅直人首相、中国からは温家宝首
相がそれぞれ出席することになっています。この事件については、中国側の猛反
発が感じ られます。中国の領土に対する野心があるのではないかと思います。
他にも、台湾の漁船が抗議活動を見せています。この海域における緊張が、こ
れからも高まってくる可能性があると思います。このような状況で、日米安保な
ど、日本とアメリカの安全保障体制についても、改めて見直しが必 要となって
くるのではないかと思います。今回の首脳会談の見送りについては、事態が深刻
化するのを防ぐという意味があるのかもしれません。こ れからの動向に注意し
たいところです。





国際ジャーナル
国際通信社

菅直人圧勝の代表選でしたね

菅直人首相が小沢一郎氏に圧勝で、民主党代表に当選しましたね。



最初は菅直人首相が当選だろう。。と思っていましたが、民主党代表選の活動が終盤
になる頃には、もしかすると、小沢一郎氏が当選するかも・・・

と、なんとなく思っていました。

菅直人首相が小沢一郎氏、どちらもでも・・・あまり変わりがない感じがしていまし
たし、それならば菅直人首相の方がいい。

でも、小沢一郎氏が出馬するには、何か裏がありそうだし、全く政治が安定していな
い日本ですから、一度ぐらい小沢一郎氏に首相になってもらって、力量を見てみたい
とは思いました。



しかし、代表選当日の演説は、菅直人首相の勝ちじゃないでしょうか!

とても、素晴らしい演説をしていたと、感心していました。



結果、大差で菅直人首相が次期総理に・・・

しかし、いくら大差で圧勝とはいえ、二分している投票率には変わりないので、小沢
派をどう動かすのか、これからの菅直人首相の動向もきになります。



早速、鳩山由紀夫前首相と会談をし、人事を含めた政権運営について意見を聞くよう
です。

また、小沢一郎氏の処遇については「色んな方々の意見を聞き考えたい」とコメン
ト。

小沢一郎氏は、潔く引退したらいかがでしょうか?

政治家としてはやり手なのでしょうが、あなたは、やはり政治と金問題が大きすぎま
す。


国際ジャーナル
国際通信社

日本の政治に今求められているものを考える



これからの日本の政治に求められているのは何でしょ うか。これについては沢
山のテーマがあると思います。この様な政治の求めるものについては、国際
ジャーナルでも、大きな特集を組んでもらいた いと思います。なんといって
も、最大の懸念事項は経済ではないかと思います。景気の回復を如何にして行う
のか、それが政治の大きなテーマと なっています。そのために必要なことはな
んでしょうか。まずは規制緩和が考えられます。そのためには、官僚制の改革と
いう大きなテーマがあり ます。いままで官僚が取り仕切ってきた事柄を、民間
で行える様にすることで、新たな需要を生み出すという考え方です。これには当
然ながら、政 府のバックアップも必要です。そのためには財政面での支援も必
要となってくるかもしれません。一方、日本政府の財政は非常に赤字が膨らんで
い るという状況もありますから、財政の体質改善も必要となってくるのではな
いでしょうか。さらに、新たな雇用を生み出すために、新しい産業の創 出を目
指していく必要があります。自動車や電機などの加工貿易だけでは、これからの
日本を支えていくのは難しくなっていくのかもしれません。 このように、日本
の政治が目指すべきテーマは沢山ありますね。





報道ニッポン
国際ジャーナル
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。

民主党は国民の期待に応えているのか?



日本の経済も政治も先行きがまったく見えなくなって きていますが、いまこそ
民主党では政権交代に託された民意をもう一度思い起こして欲しいところです。
去年の政権交代が意味したものはなんだっ たのでしょうか。この点について
は、国際ジャーナルでも、深く分析を行ってもらいたいところですね。政治を刷
新して、閉塞感が漂う日本社会に 展望を切り開くのがいまこそ大事な事ではな
いかと思います。そのためには何が必要でしょうか。まずは基本に戻って、国民
との対話に基づくオー プンな政治を作る事が必要になってくると思います。鳩
山由紀夫前政権では、これが実現されていたのでしょうか。そこはちょっと疑問
です。鳩 山、小沢両氏の政治資金問題で国民の失望を買う事になりました。ま
た、小沢氏への権限集中が「二重権力」との印象を多くの国民に与えていま
す。民主党としては、前政権の失敗を総括して、今後の政権運営に生かす事が求
められているのではないでしょうか。今回の代表選で問われる大き なテーマの
一つではないかと思います。多数の国民が民主党の政権に期待しているのではな
いかと思います。その期待にどうやって応えていくの か、それが大きなテーマ
となっていると思います。





報道ニッポン
現代画報社
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。

玉置浩二さんの行動

ロックバンドの玉置浩二さんが9月12日に行われた福岡市の全国ツアー公演で、
コンサートを見に来ていたファンの人たちとトラブルになったというニュースが
テレビや新聞を賑わせました。

関係者の話では、玉置さんはコンサートの最初からろれつが回らないような状態で、
客席と口論になる場面もあったといいます。
主催した会社は、ステージ上で謝罪して公演を中止したのです。
チケットの代金の全額払い戻しを決めたそうなのです。
ちなみに、チケット代は7800円だそうで、結構高い金額のものだと私は
感じました。

客席数は約2300席で、チケットは完売だったそうです。
翌日の13日午後7時から行われる熊本市のコンサートは予定通り行われるそう
です。
13日にコンサートに行った人たちはどのような思いで舞台を見ていたでしょうか。
朝からテレビでは、時間をとって報道されていました。
ファンの人に暴言を吐いた・・・とテレビでは言われていましたが、どうして
そのような行動をとったのでしょう。
ファンの人というのは大切な存在なのではないのでしょうか。
私は芸能人ではないので、ファンの人の大切さなどはあまり理解できていないかも
しれませんが、ある歌番組ではミュージャンの人や歌には関わっていない芸能人の
人でも「ファンは大切だ」ということを話していたのを覚えています。
人間として今回の行動はどうだったのか、考えていただきたいものです。


現代画報社
報道ニッポン

海猿のブルーカーペット

映画「海猿」が大好きという方は、もしかしたら新宿に行かれた方もいらっしゃるかもしれませんね。というのも、人気シリーズの劇場版完結編「THE LAST MESSAGE 海猿」のブルーカーペットイベントが9月12日に新宿大通りで行われたからです。近所の方は、海猿ファンではなくても一目有名人を見ようと駈けつけられた方もいらっしゃるかもしれませんね。もちろん海猿といえば外せないのが、俳優の伊藤英明さん、そして伊藤さんだけではなく、映画に登場していた女優の加藤あいさんや今大注目の俳優、佐藤隆太さん、それに吹石一恵さんや、三浦翔平さん、羽住英一郎監督が登場したそうですよ。今回のイベントは、新宿区が毎年行っているイベントの「シネ・フェスタ新宿」から「海猿」がオファーを受けて実現したイベントだそうで、なんと新宿大通りには70mのブルーカーペットが設置されたのだとか!すごい長さ!そして、海猿のキャ州との方たちは、大きなリムジンで登場と、なかなか派手な演出だったようです。沿道に集まったファンは、なんと約5000人だそうで、よくパニックにならなかったな~! キャストの方たちも、この演出にはびっくりしたようで、暑さの中駆け付けたファンをねぎらいながらも、本当にビックリされていたようですよ。

現代画報
報道通信社

ヤマダ電機、今度は中古住宅事業に参入

やっぱり儲かっている大手の会社は、常に上昇する手段を考えているのかもしれないなあと思ったニュースが、ヤマダ電機のニュースです。ヤマダ電機、なんてさえない名前なんて昔は思っていましたが、そんなヤマダ電機が、今度は来年から中古住宅事業に本格参入することにしたようですよ~。電気屋さんだけでなく、不動産にも手を出すわけですね。ちなみにヤマダ電機がやろうとしているのは、中古住宅を仕入れて、給湯やコンロ、暖房などをすべて電気でまかなうオール電化にリフォームし、IHクッキングヒーター完備のキッチンや、防犯キーシステムなども導入した住宅を割安な価格で提供するというもの。これ、これから家を買おうなんて考えていらっしゃる方には、耳寄りのニュースなのでは?ヤマダ電機がやるからには、お得感のある中古住宅になるのではないでしょうか?それにリフォームしてもらうとキレイになりますし、天下のヤマダ電機が仕入れるのであれば、欠陥住宅ではなさそうですよね。ちなみに最近人気のオール電化住宅、光熱費が安くなるというだけではなく、火を使わないということでお年寄りや小さなお子さんのいる世帯にも大人気なんだとか。大体家を買おうかなと考える世代は、小さなお子さんのいる世代が多そうですよね~。
報道ニッポン
現代画報社

ウィル・スミスの娘がレコード契約

HIPHOPファンの人はもうご存知かもしれませんが、アメリカ俳優のウィル・スミスさんの娘さん、ウィスロー・スミスさんが、9歳にしてJay-Zとレコード契約を結ばれたらしいですよ!ちなみにウィスローちゃんのファーストシングルとなる「Whip My Hair」は、すでにインターネット上で話題になっているのだとか。このことに関して、Jay-Zは9月9日にラジオ司会者であるライアン・シークレストさんとのインタビューに答え、「最初は9歳の子とは知らずにレコードを聞いたが、これは大ヒットになると感じた」と、ウィローちゃんにはスーパースターへの道が待っているとコメントしているのだとか。Jay-Zの太鼓判を貰えば、もう怖いものはないような気がしますよね。気になる方は、YOUTUBEで曲をチェックすることもできますが、なんだかちょっとだけリアーナに似ている気がしないでもない?!9歳というかなりの若さのウィローちゃん、周りの反応としては、音楽のキャリアをスタートするには早すぎるという声もあったようですが、Jay-Zは才能に恵まれている場合、若すぎるとかはないと言っているのだそう。ちなみに、ウィル・スミスさんの12歳の息子のジェイデンくんは、映画「ベスト・キッド」で主役をこなし、お父さんメロメロのようですが大活躍されていますよね。

現代画報
報道通信社

田代まさし容疑者逮捕

9月16日、神奈川県警横浜水上署は、タレントの・・・元タレントの、かは
分からないのですが、田代まさしさんを麻薬および向精神薬取締法違反の疑いで
現行犯逮捕したそうです。
このことは新聞やテレビのニュース番組でも報道されていました。

田代容疑者は「コカインは3か月半前に知り合ったDJから買った。夜景を見ながら
仕事のことを相談しようと思っていた」ということです。また、そのDJも逮捕された
ようですが、「私がコカインを渡した」と供述しているそうです。
田代容疑者は2002年に同じ法違反で執行猶予付きの有罪判決を、そして2005年
にも同法違反などで実刑判決を受けたのです。

テレビに映った田代容疑者は、一時期よくテレビに出演していた頃の田代容疑者とは
全くの別人のように思いました。痩せ細っていて、タレントだったとは思えないほど
でした。そちらのほうに驚きました。
逮捕については、私自身「またか・・・」と思ったのです。

つい最近、テレビで「薬物中毒」の特集番組が放送されていたのを思い出しました。
ごく一般人でも簡単に手に入るようになった薬物・・・。以前には、雑誌「現代画報
にも載っていたように思います。
本当に恐ろしい世の中になってしまっています。特集番組でも自分自身を傷つけた、と
後悔している若者の姿が映っていました。自分で自分を殺してしまうようなものなので
す。絶対に手を出してはいけないものなのですが・・・。


報道ニッポン
現代画報社
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。

カラーコンタクトレンズ

インターネットでも簡単に手に入れることができる「カラーコンタクト」。
この「カラーコンタクト」のことで、ある消費者センターに相談の電話があったそうです。
インターネットで外国製のカラーコンタクトを購入した方が、7時間使用した後に痛みがあり
眼科を受診したそうです。すると「両目角膜上皮剥離」と診断され、完治するのでに2週間ほど
かかったそうです。

「カラーコンタクト」は視力補正用のコンタクトレンズとは異なり、雑貨品として扱われて
いるようです。そのために、製造販売などの規制がないそうです。そのために通販でも簡単に
入手できるようになっているのです。「瞳の色を変えて自分の印象を変える」というところから
おしゃれ目的で装用する人が増えているようですが、その分、危険な状態に遭う人も増えている
そうです。

こうしたトラブルを回避するために、厚生労働省では「カラーコンタクト」を医療機器に指定し、
2009年11月4日以降は、無許可での製造、販売を禁止するそうです。専門の管理責任者を置いた
販売業者でないと販売できないようになるために、購入するにあたっては管理責任者の有無を確認
してから購入するように、とのことです。

私は以前、視力補正用のコンタクトレンズを使用していましたが、レンズで眼球に傷がつきました。
病院では「1~3ミリほどの傷」と診断されたと記憶しているのですが、それでも大変な時間をかけて
治療を受けました。その間は、目に違和感を感じ、仕事にも集中できない状態でした。

何気なく物を見ていますが、目というのは本当に大事なのです。「目で見る」という行為はとても
大事な行為だと思います。



国際通信社
国際ジャーナル
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。

全日本ガードシステムの24時間連続勤務

こんな会社、多いのではないかな~なんて思いながら見ていたニュースですが、法定の休憩時間を与えずに勤務を続けさせたとして、中央労働基準監督署は9月10日に、家庭向け防犯業務などを請け負っている警備会社「全日本ガードシステム」、それに全日本ガードシステムの常務など社員5人を、労働基準法違反の疑いで書類送検したそうです。こういうことって、他の会社でも起こっているのは間違いないと思いますよね~。労働基準監督署の発表に寄れば、去年の7月から今年の1月の間、24時間勤務の警備員の人2人に対して休憩時間を取らせずに、全日本ガードシステムが用意していたアパートに待機させていたのだそう。いや、普通に体が持ちませんから!それでは警備している人も倒れそうで、何か事件があったときに力が出ないかもしれないし、警備してもらう契約をしていた人も、何十時間も連続勤務している人に警備してもらいたくないですよね~。どうして全日本ガードシステムはこんなことをしてしまったのでしょう?やっぱり、人件費削減のため?!24時間休みなしで勤務したら、給料なんて普通の人の4倍くらい稼げちゃいそうですが、早死にしちゃいそうですよね。。。 このことが発覚して、この社員の方たちは良かったのだろうか、それとも失業になっちゃってこれから大変になっちゃったのか、微妙なところですね。

報道ニッポン
現代画報社

ポイント

今やスーパーマーケットやコンビニ、デパート、家電量販店など
あらゆる店に設けられている「ポイント制度」。

買い物額に応じて獲得できるもので、

省エネ家電の購入で付与されるエコポイントもあわせると、

発行総額は1兆円を超えるとのことです。

ポイントの使い道で最も多いのが、

1ポイント=1円などで買い物に使うことだそうです。


効率的にためるとかなりお得なこのポイント制度ですが、

ひとつ気をつけなければならないのが有効期限の存在です。

特典に交換できる最低単位を満たす前に有効期限が消えてしまったり、

満たしても特典に交換するのをうっかり忘れてしまって期限切れになってしまったり。


何種類ものポイントの期限をこまめに管理するのは大変面倒なものなのですが、

せっかくのお得な特典をみすみす逃してしまうのはもったいないです。

そこで、あるポイントの達人?が提案していた方法は、

月末、少なくとも年末には財布の整理をし、

各ポイントカードやレシートのチェックをすること、だそうです。

有効期限は月末や年末に設定されていることが多いので、

この方法を続ければ、大体期限を見落とすことはなくなるとのことです。


せっかくの機会なので、忘れないうちに私も財布の中身を整理してみようかと思います。


国際通信社
国際ジャーナル

今どきの子供


雑誌「国際ジャーナル」に「今どきの子供」をテーマにした特集が紹介されていたかと思います。

今どきの子供は交友範囲が昔に比べて格段に広がっているのだそうです。ただ、それは近所の人や
学校の友達ではなく、携帯電話やパソコンというコミュニケーションツールでメールやチャットなど
の機能を利用して、遠方の相手ともコミュニケーションをとることができるそうです。


確かに私の子供時代と比べて、大変便利なものがあちらこちらで販売されています。私は、学校から
帰ったらランドセルをポーンと放り投げて、すぐに外へ遊びに行ったものです。アニメ「サザエさん」
に出てくる「カツオくん」のような感じでしょうか。
今の子供たちというのは、家に帰るとすぐにゲームを始めたり、パソコンの操作方法をマスターして
いる子供であれば、すぐにパソコンの電源を入れてなかなか机から離れないのでしょうか。
携帯電話でメールのやりとりでなかなか自分の部屋から出てこない・・・という子供もいるのかも
しれません。

地域によって違うかもしれませんが、「子供の遊び場」が減っているように思うのです。

例えば公園には「ボールで遊ぶな」「野球をするな」などの大きな看板が立てられているのです。
また、共働きの家庭も多いでしょう。親がいない間に、子供だけで外出するには物騒な世の中に
なっています。「学校から帰ったら家にいてもらいたい」という親の希望もあるのかもしれません。
「学童」を利用したくても、なかなか希望どおりの数が用意できずに「学童」を実施できない地域
も少なくはない・・・とある新聞記事で読んだことがあります。

子供が外で自由に遊べないのは遊び場や施設の不足だけではなく、世の中が物騒になってしまった
からというのが、一番大きな理由なのではないか・・・と私は思っているのです。
そんな世の中になってしまったのは、非常に残念でなりません。



国際ジャーナル
国際通信社

スイートホーム

国際通信社発行の各雑誌では建設企業を多く紹介していますね。最近の一戸建て住宅は、ソーラーパネルを屋根に取り付けたり、オール電化にしたり、また建築素材そのものに目を向けて天然木を使用したり、ログハウスなども人気が出ているようです。耐震性もかなりアップしているみたい。とは言え、一戸建てを買うのは大変なことです。土地から買うのなら尚更だし、注文住宅となれば簡単に手は出せないです。分譲マンションでも、かなり悩みましたから(それでも30年ローン!)。大きな都市になればなるほど、庭付き一戸建ては「夢」の部類です。。ていうか税金が高過ぎですよね?!これぐらい高くしないと、地方自治体の予算ではやっていけないから?赤字財政だっていいますけど、相当とられてますよ、税金。旦那曰く、固定資産に消費税かけるのはおかしい!って。建物って消費するものなのか?
不況でマンションの建設数が過去最悪とは言え、日本の住宅事情はまだまだ開拓の余地ありなんでしょうか。みんなよくよく考えてから「スイートホーム」を手に入れたい気持ちが出てきてるってことか。人生最大の買い物は納得いくものでなくちゃいけませんよね。
だから、耐震偽装問題とか、3月の木造注文住宅メーカーの前金未払い問題なんかは、完全に消費者を舐めきってると思います。専門的なことは素人には分からないから大丈夫だとか、知らなかったことにして受け渡してしまえばいいとか。。前者は事件翌年に建築基準法を改正させるほどの大きな問題でしたよね。後者は未着工・未完成の住宅がまだ約500棟もあるんですよ。信じられないですよね。。金だけ払って住んでもいないなんて。。他人事とは思えないです。被害対策弁護団にはぜひ頑張って欲しいものです。





国際ジャーナル
国際通信社

待機児童

先日、ある新聞記事に「待機児童」の記事が載っていました。
「待機児童」というのは、認可保育所に申し込みをしたのにもかかわらず、満員で入ることが
できない子供のことを言います。

やはり不況にはかなわないのです。ですから、本来であれば母親が育児をして・・・という考え
が強いと思われる日本ですが、そうもいってられないのが現実です。

私の住んでいる地域にも保育所がいくつかありますが、知人の情報などを聞くと「今は募集して
いない」という声がほとんどです。私も本来であれば働いて家計の足しになれば・・・と思うので
すが、子供が公立幼稚園に通園しています。私の地域の公立幼稚園は、延長保育がありませんので
送り迎えの時間は絶対に守らなければなりません。そうなると、仕事をするなら午前中だけ・・・
というわがままな条件になってしまうのです。ですがこの不況の中、そんないい条件の仕事が
あるわけないのです。

「働きたい」と思っているお母さん方というのは、私の周りにもたくさんいます。ですが、
希望している条件どおりにいかないのが現状なのです。
「政権交代」後、なんとかならないものでしょうか。



国際通信社
国際ジャーナル
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。

シー・シェパード、太地町活動家派遣

イルカの追い込み漁が始まった日の日中のニュースでは、特に騒ぎもないと言ってい
たのに・・・



やはり、反捕鯨団体シー・シェパードは動きましたね。

和歌山県太地町で今月2日からはじまった「イルカの追い込み漁」を妨害するため
に、オーストラリア・ニュージーランド・アメリカ、そして日本の活動家、6人を現
地に送り込んだそうです。



今後、シー・シェパードの活動家20~30人の派遣も検討、また、他の動物保護団
体も合流する見通しだと。



イルカとはいっても、小さな鯨だと思ってよいと思います。

まぁ、イルカにせよ鯨にせよ、なぜ日本ばかり反対されるのでしょうか?



中国や韓国では、犬を食べますよね。

そして、ハトも食べますよね。

でも、日本人は食べない。

昔、中国の留学生の人に「日本人はなぜ、ハトを食べない?美味しいよ」と言われ、

「ハトは平和の象徴だし、日本人は誰も食べないよ~」と、返答したことがありま
す。



和歌山県太地町で「イルカの追い込み漁」をしている、そして鯨を食べているという
の、日本人だったら誰もが知っていたことではないはずです。

日本に住んでいたって、地域が違えば、知らないことたくさんあります。

昔から当たり前のようにおこなっていた漁を、いきなり反対されたら、あなたが漁師
だったらどう感じますか?



どの生き物ならば、食べてよい、この生き物は食べては駄目。

それを決めることこそ、人間のエゴであり、人間の勝手な言い分でしょう・・・



生きるもの、生きるためには、いろんなものを食べる時もあるでしょう。



先日、鹿が冬を越すために、仲間の骨を食べるというシーンを見ました。

では、鹿は鹿に対し「それは俺たちの仲間だから、食べては駄目だよ」と言います
か?

もし言ったところで、「これが私たち鹿が生きるために、大昔からしてきたこと
だ!」と言われ、それまででしょうね(笑)



本当に、人間って身勝手な生き物ですよね、特にシー・シェパードの活動家は、思想
が小さすぎると思いませんか?


報道通信社
現代画報

メタボリックの基準

先日の新聞記事で「メタボリックシンドローム」の適正な診断基準を検証して
いた厚生労働省研究班が、診断の必須項目の腹囲の数値によって、心筋梗塞や脳梗塞
の発症の危険性を明確に判断できないとする大規模調査の結果をまとめたと、取り上げられて
いました。

現在の腹囲基準は男性85センチ以上、女性90センチ以上となっているようです。が、この基準
の科学的根拠を覆すもので、診断基準の見直しに影響しそうだということなのです。

そして、現在の診断基準は、腹囲に加えて血糖、脂質、血圧の3項目のうち2つ以上で異常があっ
た場合、「メタボリック」と診断されて、保健指導の対象となるそうです。しかし、他の先進国
に比べて男性の腹囲基準は厳しすぎる、女性の基準は逆に甘いと批判されていました。


研究班は、全国12か所の40~74歳の男女約3万1000人について、心筋梗塞、脳梗塞の発症と腹囲の
関連を調べたそうです。その結果、腹囲が大きくなるほど発症の危険性は増加しましたが、特定
の腹囲を超えると危険性が球に高まるという線引きは困難であることがわかったのだそうです。

ただ、今回の研究でも肥満の人ほど発症しやすい傾向に変わりないとのことです。現行の基準で
「メタボリック」と診断された人は、そうでない人に比べて発症の危険性は男性で1.44倍、女性
で1.53倍高かったそうです。
基準がどうであれ、「肥満」と診断された人は体に負担が大きいように私は思うのです。

人間健康が一番だと思います。健康診断で万が一、「メタボリック」と診断されたのであれば、
医師からのアドバイスを受ける必要があるかもしれませんね。




国際ジャーナル
国際通信社

医者不足

テレビの情報番組で「医者不足」をテーマにした特集が放送されていたように思います。

産婦人科に限らず、急病患者でも「受け入れ拒否」という理由からたらい回しにされる・・・と
いう状態が起きているようです。実際に、命を失った方のニュースも流れたことがあります。
救急の連絡を入れてから、何時間もかかりやっと受け入れ可能な病院が見つかった・・・という
状態もあるようです。

実際に病院で働く医者は、睡眠時間もほとんどなく、休暇もなく患者さんの為に全力を尽くして
いらっしゃるかもしれませんが、「医者不足」から自身の体を休ませることができない状態に
なっているのではないでしょうか。

今の「医者不足」の状態を改善することができるのでしょうか。
そして、「受け入れ拒否」という状態を失くすことができるのでしょうか。
こういった深刻な状況も考えなくてはならないのでは・・・と思います。



報道通信社
現代画報

ウイスキーは男の酒?

現代画報9月号にウイスキー人気の記事が載っていますが、最近の個人的ブームが梅酒な私は、すっかりストライクゾーンをすっぽ抜けてボールって感じです。はまれば好きになるかもしれないと思うけど、ウイスキーって男の酒だという先入観がありますよ。記事の中でも、「ウイスキーブームを決定づけたのは、『ハイボール』。サントリーは08年、飲食店でのハイボールブームをあおるため、人気女優によるCMを製作・放映し、これが大当たり。」と書いてます。美人バーテンダーってとこがもう男向けですよねえ。でも、あのCMは結構好感が持てました。酒肴をテキパキと作りながら、お客さんににっこり微笑んで一杯おごってもらう。流れとしていいなあ。子持ちの専業主婦が夜一人でバーや居酒屋でマスターや女将さん相手に呑むなんてことは無いですから。まあ 外に出られないなら家で自分で作って飲めば良い。ハイボールで検索すると、レシピが出てきますね。作り方は至って単純なので、レシピというより、より美味しく楽しむためのコツみたいなものが多いです。グラスもウイスキーも炭酸水も冷やしておくこと、炭酸が抜けないようにかき混ぜすぎないこ・・函・譽皀鵐圈璽襪嚢瓩蠅鼎韻垢襪里眩屬笋・妊・好好瓩世修Δ任后・・④惑潺宗璽世筌献鵐献磧璽─璽襦▲魁璽蕕燃笋譴估櫃澆笋垢い・發靴譴泙擦鵑諭G濕鬟屐璽爐・、錣辰燭藥遒靴討澆茲Δ・福・・・・・・
国際ジャーナル
国際通信社
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。

教師への希望、要望

雑誌「報道ニッポン」で「教育」をテーマにした特集が紹介されていたと記憶しています。

学校に通う子供をもつ親が、教師に望んでいること・・・色々あるかと思います。
親が望んでいることがなかなか叶わない時には教師に意見を言ったり、「もっとこうしてほしい」
と要望を伝えたりする親もいらっしゃるかと思います。

私の子供は、まだ幼稚園の年少です。年少は1クラスしかありません。1クラス23人なのですが
「23人に対して1人の先生」というのが、私の中では「全員に目がいかない」と不安な気持ちに
なったのです。私の子供は行動が遅いですし、どちらかというと目立たないタイプです。

何か困ったことがあったときに先生を呼ぶことができるか・・・というと、できない子なのです。
入園してからわかったのですが、私の子供と同じような子供さんが数人います。
目立たない子供たちが困っている様子を先生は、きちんと見てくれるのか・・・と不安でした。

先日、幼稚園に入園して初めての懇談がありました。「どんなことを言われるんだろう」と親と
して緊張しながら先生の前に座りました。
まず、私の子供のいい部分を言ってくれました。「行動は遅いけど、最後まで自分でがんばって
やっています」というようなことを聞いて、私は安心しました。
が、いいことだけではなくやはり注意すべき点も言ってくれたのです。「あなたのお子さんは、
気が散りやすい」と私は言われたのですが、先生が言っていることがずばり当たっているのです。
私はいい部分だけではなく、悪い部分も伝えてもらえて「この先生は、きちんと私の子供の様子
を見てくれている」と心から安心しました。そして、信用できる・・・と思ったのです。


他のお母さん方の話を聞くと、やはりどのお母さんもいい部分、悪い部分を言われたそうです。
でも、どのお母さん方も「本当によく見てくれているの安心した。いい部分だけを言われると
うわべでしかみていないと思ってしまうから」という話でした。
中には「うちの子のことを、悪いように見ている」という考えを持ってしまったお母さんもいました。
が、私は初めての懇談で決して不愉快な思いはしなかったのです。
むしろ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

先生と必ず会話をすることを忘れずに、毎日、子供を送り迎えしています。



国際ジャーナル
現代画報

年賀はがき

まだまだ暑い日が続きます。いつになれば秋らしい、また過ごしやすい日が
やってくるのでしょうか。私は心待ちにしているところです。

そんな中、先日新聞に目を向けると年賀はがきの記事が載っていました。
まだ暑い日が続く中で年賀はがきの記事とは・・・と驚いてしまいましたが
もう9月。当然の話題なのかもしれません。

日本郵政グループの郵便事業会社は8月31日に2011年用の年賀はがきを
11月1日から全国の郵便局などで売り出すと発表しました。

当初は前年の総発行枚数より6パーセント少ない36億5500万枚を発行して
最終的には前年並みの約39億枚を予定しているのだそうです。
人気の高いディズニーキャラクターを使った年賀はがきは、前年の約1.3倍の
4億6930万枚を発売するのだそうです。
このうち珍しい年賀はがきが発売されるようで、裏面の絵柄をこすると「花の香り」
がするという年賀はがきを30万枚発行するそうです。

毎年新聞やテレビで年賀状に関して取り上げられるのが「メールでの年始挨拶」
です。国際通信社から発行されている雑誌にも以前載っていたように思いますが、
ほとんどの人が持っている「携帯電話」での年始の挨拶が多くなってきているように
思います。確かにすぐに届くし簡単ではあるかと思いますが、たまには年賀状を使って
の年始の挨拶も新鮮なのではないでしょうか。


報道ニッポン
現代画報社
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。

「鋼の錬金術師」のプロポーズの言葉?

こういうことってあるんだ~と、びっくりしたニュースです!なんでも、岩手県岩手町立石神にある美術館、丘美術館が「石神の丘で愛を誓う」と題したプロポーズの言葉コンテストを企画したそうなのですが、そのプロポーズの言葉コンテストで、2010年度の最優秀受賞作が、なんと漫画のセリフからの盗用だったことが判明したんだそうですよ~。いや、バレルでしょう。もちろん、受賞したプロポーズの言葉は失格となり受賞を取り消し、再審査を行ったそうですが、どーなのこれ。この問題の作品は、中学の男子生徒(14)が応募した「俺の人生半分やるから、お前の人生半分くれ」という言葉だったそう。うーん、ロマンチック!この少年、人気漫画の「鋼の錬金術師」の最終話のセリフを一部盗用していたとのことです。「鋼の錬金術師」は有名だし人気があるから、すぐばれてしまいますよね。発覚したのは、30日にラジオ番組で受賞作を紹介したからのようで、リスナーから「漫画のセリフでは」と指摘があったそうな。それで、受賞した男子生徒が通う中学を通じて、事実を確認できたのだそうです。あちゃ~。ちなみに、このコンテストは今年で2回目だそうで、未婚者と既婚者それぞれを対象に2部門で作品を募集したところ、応募が93点あり、8月27日の審査で決めたそうですが、審査では盗作や二重応募といったチェックはしていなかったようですね。

現代画報
報道通信社

民主党の代表戦とは別の景気対策



最近心配なのが、これからの日本経済の先行きです。 この話題については、マ
スコミでも報道されていますが、根本的な解決に向けて、何をすればいいのか、
これからの議論が必要なところではないか と思います。為替についてもここに
きて一時は1ドル85円台を割るなど、円高が急速に進んでいます。とても危険
な状況ではないかと思います。 米国が事実上の金融緩和策を打ち出したことか
ら、ドル売り、円買いが進んだというのが背景にあるのでしょうか。身の回りで
も、大手スーパーな どで円高還元セールが始まっています。そして庶民にとっ
ては、海外旅行ではメリットも出ているのが円高のいいところです。しかしなが
ら、日本 の企業は輸入より輸出依存度が高くなっています。ですから、輸出に
マイナスの影響を与える円高は経済を減速させる可能性が高いと言えます。最
近まで拡大基調にあった景気を失速させてはいけないと思いますから、これにつ
いての対策が必要です。しかしながら、民主党代表選を控えて、菅 政権の景気
への対応はあまり活発には写りません。いまこそ政府が主体となって、景気対策
を講じていくのが必要になっていると思います。これは 国民全体が望んでいる
ことではないかと思います。




国際ジャーナル
国際通信社

変革を目指す日本企業の取り組み


坂本龍馬が今年のNHKの大河ドラマになって、改めて坂本龍馬ブームが起きて
いる感じがあります。その龍馬は、姉乙女に送った手紙に、「日本を今一度洗濯
いたし申し候」との言葉を書いています。今年は夏に参議院選挙がありますか
ら、民主、自民を巻き込んだ政界再編の動きが出る可能性は高いといえます。そ
の中な状況では、これからもいろいろな動きがでてくると思います。国際ジャー
ナルなどのマスコミ各誌でも、その辺は分析をしてもらいたいと思います。ま
た、最近は経済的に中国の話題がでない日はないといえますが、中国の小売大手
と手を結んで、通販サイトを運営する企業がでています。これは、 携帯電話向
けサイト構築大手のインデックスという会社です。インデックスは、中国最大の
小売りグループである、全国華聯商厦集団(フォアレングループ、天津市)と提
携を発表しています。具体的には、共同でインターネット上のショッピングモー
ルを運営する他、電子ポイントの付与・交換といった事業を、共同で展開するそ
うです。現地の大手企業と組み、中国での事業拡大につなげるというのは、日本
企業にとっても、ほぼ初めての動きではないかと思います。経済的にも、新しい
動きが続きそうですね。









報道通信社
現代画報

フェアトレード商品


近年取り組みが多く見られるフェアトレード商品。
その名のとおり、公正な貿易を実践するための
商品です。
この取り組みのおかげで、たとえば、本物のオーガニック商品が
まがい物に負けずに価値どおりの価格を維持して商売が出来る、
といったことや、競争力を持てない中小企業にも新たなチャンスが
生まれたり、といった土壌が作られているようです。

これまで、「自然」「オーガニック」というイメージが強かった
これらの商品ですが、最近では、ブランドとの協業とか、
異種業同士の協業とか、枠を取り払って、よりおしゃれで
スタイリッシュな方向に向いているようです。

新しい形態と伝統の確かな技などがミックスして
響き合いながら、もっともっと成長していくのを
楽しみと尊敬の気持ちで見守っていきたいなと
思ったりします。
国際ジャーナル
国際通信社

酸蝕症


「酸蝕症」という症状があるのをご存知でしょうか。
炭酸飲料や果物などが含む酸で歯が溶けて、冷たいものを食べた時にどに歯がしみる知覚過敏が
おこります。さらに、歯のエナメル質が変化して透明度が増したり、エナメル質が溶けてその下の
黄色い象牙質がむき出しになったりし、歯の色が黄ばんでいきます。

一度溶けた歯を元には戻せません。東京のある歯科大学の教授は「歯は毎日の食事で酸にさらされ、
ある程度の酸蝕は仕方ありません。酸性の強い飲食物でも、その取り方を工夫すれば症状の進行を
緩やかにできます」と話しています。

まず、控えたいのが「ながら飲み」だそうです。仕事や運転をしながら、だらだら飲み続けるのは歯
が常に酸にさらされていることになり、歯が溶けやすくなるのだそうです。ジョギングなど運動後の
水分補給も注意したほうがいいようです。口の中が乾いて、口の中を中性に戻す唾液が出にくい状態
では、さらに酸蝕されやすくなるそうです。

酸性の強い飲食物をとったら、すぐにお茶や水で口の中を中和させるのも有効だそうです。赤ワイン
にチーズ、紅茶に牛乳など、再石灰化を促すカルシウムが豊富な乳製品を合わせるのも良いかもしれ
ないという意見もあります。

歯、自分が生きている間は自分の歯で過ごしたいものです。歯の調子が少しでも悪いと食べ物が食べ
づらくなってしまったりして、気分が沈んでしまいませんか。世間から高齢者と呼ばれる人たちでも
自分の歯で過ごして、食べ物は抵抗なく何でも食べれるという人も少なくはありません。

今の世の中は、食べ物が豊富です。美味しいものばかりのような気がします。美味しいと思うものを
食べれるのは幸せなことですが、自分の歯もしっかり守ってあげることが必要かもしれません。



報道ニッポン
現代画報社
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。