スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 階段は良い健康器具

移動に階段を利用し、メタボリックシンドロームの予防や解消を目指す「階段を歩こう

キャンペーン」を広島県が始めたそうです。メタボリックシンドロームについては、以前
では雑誌「国際ジャーナル」でも取り上げられていたように思います。また、テレビや新聞
でも最近ではよく取り上げられるようになったように思います。

職員にできるだけ階段を歩くように呼びかけて、エレベーターの利用を抑えて経費を削減し、
地球温暖化対策にもつなげる「一石二鳥」のねらいで、県の健康増進室は市町や事業所にも
傘下を呼びかけているということです。

2008年度、県職員のうち、「肥満」と診断されたのは男性が24.9パーセント、女性が10.4
パーセントだったそうです。キャンペーン開始直前の出勤時間帯に県庁内で検査したところ、
正面玄関近くのエレベーター利用者は約100人、階段利用者は約200人という結果が出たとい
います。当面、このエレベーターの利用者を約50人に半減させるのが目標ということです。

例えば体重60キロの人が、1階から最上階の6階まで階段で上がった場合、約10キロカロリー
を消費できるそうです。キャンペーンが始まった3月に、県庁の階段に「ちょっとした運動習
慣がメタボを防ぐ」、「階段は無料で使える健康マシーン」などと書かれたステッカーが張ら
れているということです。このキャンペーンは9月上旬までの予定だそうですが、期間の延長
も検討するかもしれないようです。

会社の階段だけではなく、駅やスーパーなどでもエレベーターやエスカレーターが設置されて
るところが多いと思うのですが、今の自分の体調などを考えて利用するのはとても良いことか
もしれません。人間は健康が一番なのですから・・・。




報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

現代画報 国際ジャーナル 菅政権続行

9月14日の臨時党大会で、民主党の代表選挙が行われました。
このことについては、朝からテレビや新聞でもかなりの時間を使って報道されて
いたように思います。

そして午後の3時を回った頃でしょうか、菅直人首相の代表再選が決まったのです。
テレビではニュース速報も流れました。
党所属国会議員と地方議員、党員サポーターによる投票の結果、721ポイントを
獲得して491ポイントにとどまった小沢一郎前幹事長を大差で破ったのです。
菅政権は、継続ということになります。
首相は近く内閣改造、そして党役員人事に踏み切る意向だということです。
どのテレビ番組でも取り上げられていたのは、小沢一郎さんを要職に起用するかどうか
が最大の焦点になってくるということです。

私自身の中では、短期間で総理大臣が代わるというのはいかがなものだろう・・・と
思っていました。国際通信社から発行されている雑誌にも、以前「政権交代」に関する
記事が載っていたように思います。政権交代後から、総理大臣が代わりすぎるというの
も印象が悪いような気がしました。
菅政権が続行するということですが、果たして今後の日本はどのようになるのでしょうか。
まだまだ景気は悪く、安心して生活ができない状況が続いています。
どのような対策を考えてくれるのでしょうか。また、その対策をすることで早急に景気
が回復するのでしょうか。国民第一の政治を目指していただきたいと思います。


現代画報
報道通信社

現代画報 国際ジャーナル 男性化粧品

雑誌「報道ニッポン」には美容、健康をテーマにした特集が紹介されていたように記憶しています。

「美容」といえば女性が日頃から基礎化粧品プラスマッサージやシートを使ったり、お手入れを
念入りすることで実年齢より若く見られるよう努力したり、肌をいつまでも美しく保ったりすると
いうイメージがあるかと思うのです。

近頃は、女性だけではなく男性専用の化粧品も数多く販売されているようです。
毎日洗顔料を使って洗顔をされる男性は多いかと思うのですが、洗顔料だけでは終らないようです。

最近メディアでも取り上げられる機会が増え、メーカーも本腰を入れ始めているようなのです。
地域によっては男性向けの化粧を教えるイベントも開催されているようで、普段の会話には出てこ
なくても「かっこいい」と言われる男性は肌の手入れも努力しているのだそうです。

どのようなものが世間で販売されているのか見てみると、洗顔フォームはもちろんのこと、
化粧水、乳液、クリームは当たり前で、パックや美容液なども販売されているのです。女性の
基礎化粧品でもよく店頭で見られるような種類なのではないでしょうか。

そしてこれからの季節、気温が下がり風が冷たくなってくると肌が乾燥してきます。乾燥対策の
商品も販売されているようです。
洗顔フォームも「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」というように自分の肌にあったタイプが
選べるようになっています。
また、女性化粧品では最近よく聞く「コエンザイム」。このコエンザイム配合のクリームが男性
化粧品でも販売されているのです。

芸能人ではない一般の男性もこれからは「洗顔後はしっかり肌のお手入れを」という習慣が必要なの
かもしれませんね。



国際ジャーナル
国際通信社

現代画報 国際ジャーナル 中古マンションリフォーム台頭

国際通信社国際ジャーナルに、
「なぜ新築ではなく中古なのか!? 中古マンションリフォーム台頭の理由」という
記事が出ていました。

首都圏の地価の上昇、建築資材や人件費の高騰によって、
都心部やある程度の市街地では新築マンションの価格が底上げされてきました。
また、エコやロハスなど環境を配慮した「ものを無駄にしないライフスタイル」が根付いてきた現代では、
中古物件の有効利用に注目が集まっています。
このような時代背景を受けて、中古マンションリフォームがますます広まってきているように思います。

さらに、新築マンションと比較したときのメリットとしては、
こなれた住みやすい住宅地が出来上がっている事、
新築マンションに比べて安価であり、売却の際にも価格の下落幅が小さい事
などがあげられます。
また中古マンションはリフォームすることにより、
現代にあった間取り・設備にすることができ、
前の居住者の使用感が気にならなくなるという
中古マンションのデメリットとされる部分をもカバーでき、
自分だけのオリジナリルな空間を比較的手ごろな価格で作れるというポイントが
中古マンションリフォームの台頭につながっていると思われます。

国際通信社
報道通信社
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。

現代画報 国際ジャーナル いい皮膚の日

国際ジャーナルに、
『11月12日は「いい皮膚の日」 』との言葉がありました。
初めて目にする言葉ですが、
「1い・1い・1ひ・2ふ」・・・・たしかにゴロは完璧です。

ということで、健康な肌についてすこし考えて見ました。

健康なお肌とは“正常な皮膚”で、もちろん潤っているのが正常な状態です。
健康なお肌を保つために、一番大切だと思われることは、【清潔】。
肌のバリアを壊さずに必要なものは残して、洗顔でしっかり綺麗にすることには
ずっと気を使っています。
また、清潔と同じくらい大切なことに、【保湿】 があります。
保湿は、お肌の水分と油分のバランスが大切です。
このバランスは季節や日によってさまざまで、いまいちよくわかっていないのですが、

その日その日の肌の状態に合わせたバランスでケアするよう心がけたいものです。
もうひとつ、欠かせないことは、【紫外線防止】 です。
これは、毎週末屋外でスポーツをしている私にはもっとも頭を悩ますところです。
特に夏の間は、日焼け止めクリームを何度も何度も上塗りしてみるものの、
効果があるのかどうかわからないくらい日焼けしてしまいます。
また、冬も夏と同様に紫外線は降り注いでいるのだとは思いますが、
何かとおろそかになってしまっています。

せっかくの肌について考える機会ですので、
当日はじっくりと肌ケア方法を見直して見ようと思います。

国際ジャーナル
現代画報

現代画報 国際ジャーナル 日光の力

今朝はホントに焦りました。いつもの起床時間より1時間15分遅かった・・要するに寝坊だよ、寝坊。朝の1時間ロスってもう致命的ですよ!布団も上げず顔を洗わずパジャマのまま朝ご飯作って家族を送り出すのが精一杯でした。送り出して振り返るとぐちゃぐちゃなリビング寝室が
待っていて・・しかも洗濯機も回してない。。全ての家事が1時間ずれ込んでしまい、すっかりやる気ゼロになりました(落)二度寝したのがまずかった。寒くなると布団に出るのが嫌でよくやってしまうのです。あと、朝陽を浴びないとダメね。カーテンをざっと開けないと。日光が作り出す体内時計をバカにしちゃいけません。明るければいいのかって言うとそうでもないですよ。やっぱり梅雨の時期や雨の日、体が重いのは気圧と日照時間が絶対関係あると思います。
国際ジャーナルの最新号で、11月12日の「いい皮膚の日」に関する記事が載ってますね。健康的な皮膚を作るには日光を浴びることが大切とか。紫外線のことを考えると、単純に日光浴しちゃダメなんだろうなと思いますが、適度に光を浴びないとそれはそれで良くない気もします。
女子的には、肌のためには夏だろうが冬だろうが日焼け止め必須!というのが最近の風潮ですよね。皮膚科ではどっちを推奨してるのかな?すごく気になってきた。。30代半ばも過ぎると、ちょっとした日焼けがシミに直結しているなって実感しますけど~。子どもなら大丈夫かと思ってましたが、数年前から子どもを紫外線から守るためにってUV加工の防止やサングラスを売るようになってますよね。真っ黒に日焼けしてない夏の子どもは個人的にはいただけないけども。逆に子どものうちから皮膚を鍛えておいた方がいいんじゃないですかね?日光の力を人間の体も上手く取り入れられるといいのに。というか、そういう記事なのかも。要チェックだわ~。





国際通信社
国際ジャーナル
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。

現代画報 国際ジャーナル ホルモン

ホルモンがブームになってから結構な時間がたつと思いますが、
その人気はいまだに健在。それどことか最近、
新たなホルモンブームといったものがあるのだとか。
厚木のシロコロホルモンがB級グルメのグランプリ
に選ばれたのは、確か去年だったのではないでしょうか。街を
歩いていても、「ホルモン焼き」とか「ホルモン屋」といった
看板が多く目立つようになりました。
そういえば、私にとってのホルモンの出会いは何だったのか、
ちょっと思い出して見ることにしましょう。そもそもホルモン
とはなんなのか?「ホルモンとは」と入れてキーワード検索す
ると、出てくる出てくる、体内のどこどこで分泌される何とか
という物質とか、男性ホルモンとか女性ホルモンとか・・・、
そっちじゃない!焼肉のように食べるホルモンは、贓物料理の
ことを言うみたいですね、一般的には。となると、私の出会い
のことに話を戻すと、おそらく給食で出た苦手なレバーになり
ますかな。その次はCMでも一斉を風靡した。「こってっちゃ
ん」ですね。前出のレバーに比べてこれは印象としてはかなり
好印象でした。その次は・・・、たぶん焼肉屋か焼き鳥屋で、
大人になってから一気に体験したような気がします。ここら辺
は記憶があいまいです、すいません。



報道ニッポン
現代画報社
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

現代画報 国際ジャーナル ある悩み

雑誌「報道ニッポン」には健康をテーマにした特集が紹介されていたように記憶しています。

「歯でものを噛む」というのはとても重要な作業なのです。「たがか歯、されど歯」で、歯を痛め
たりすることで、健康を害する場合もあるようなのです。
自分の歯で一生を過ごすことができれば幸せだと思うのですが、年齢を重ねるとともに自分の歯で
はなく「入れ歯」を入れてものを噛むことになる場合も多いかと思います。

この入れ歯に悩む中高年が多いのだそうです。合わないまま我慢している、食べ物の味がしない、
血が出る、炎症を起こす、肩がこる、見栄えだけのために使っているなどだそうです。

ある男性の場合、下あごに5本残った自分の歯を生かして固定式の義歯をつけたのだそうですが、
隙間に食べ物が詰まって痛むため、自分で取り外せるようにして使い続けてきたのだそうです。
またある女性の場合は上あごの総入れ歯なのだそうですが、落ちてくるのだそうです。


ある歯科医師は、まずこの2人が今まで入れ歯で苦労してきた事を聞き、歯科医療全般の
思いに集中したそうです。「入れ歯の作り方が雑なために、苦労されている。歯科医は入れ歯屋
さんになってほしい」「患者に説明する気持ちが薄い」「良い歯科医の情報がなく、噂でしか
探せない」など、不満をぶつけたのだそうです。

「入れ歯」と聞いて笑う方もいらっしゃるかもしれません。私も正直「まさか自分が入れ歯になる
わけがない」と思っているところがあります。ですが、いつ自分の歯を失うことになるかわかりま
せん。そうなったときに、食べ物を食べるためには歯が必要・・・入れ歯に頼ることになるのです。

もしそうなったときに、入れ歯が原因で食べ物がおいしく感じられない、噛めないでは非常に辛いと
思います。良い歯科医と出会い、また自分の歯を失わないためにも今から歯科検診などに足を運ぶ
といいかもしれません。



国際ジャーナル
国際通信社

現代画報 国際ジャーナル 百貨店

以前、雑誌「現代画報」に「経営」に関する記事が紹介されていたように記憶しています。

「百貨店」は、どのようなイメージを持っているでしょうか。
あるテレビ番組で街頭インタビューが放送されていました。若い年齢層を中心にインタビューされ
ていたのですが、「百貨店で服は買わない」「百貨店は奥様が行くイメージがある」「百貨店には
足を運ばない」という声がほとんどでした。
経営難を理由に閉店した老舗の百貨店がいくつかあります。「閉店セール」が長期間行われていた
のですが、その際には「残念でならない」「寂しくなる」「昔からよく利用していたのに」という
惜しまれる声がありました。この惜しまれる声は、テレビで放送される限り年齢層の高い女性が
ほとんどだったのです。

ある地域では店舗をリニューアルさせている百貨店がいくつかあります。リニューアルオープンす
る際に紹介されるのが、若い年齢層をターゲットにした商品が販売されるフロアが設けられるとい
うことです。
2店舗ほどの百貨店がリニューアルさせているのですが、2店舗とも「若い年齢層にも利用してもら
いたい」という考えがあるようです。ある店舗では、地下1階、2階を若い年齢層フロアにしたとこ
ろもあるようです。

私自身あまり百貨店で買い物をしたことがありません。値段が高いということもあるのですが、
服を買おうにも私にはまだちょっと合わない・・・と思うようなデザインの服が多く販売されて
いたのです。唯一、化粧品を購入したことがあるのですが・・・。

百貨店の中身がどんどん変わりつつあるようです。幅広い年齢層を呼び込む作戦の百貨店が多い
ようです。「奥様が行くイメージがある」とインタビューで答えた年齢層の方も一度足を運んで
みてはどうでしょうか。いいものが見つかるかもしれません。




現代画報
報道通信社

現代画報 国際ジャーナル 援助交際をする子は。

 援助交際に関わった少女の7割近くが、将来父母のような家庭を作りたいとは思わないと答えているそうだ。親から放って置かれたり、暴力を振るわれたりしたために家が居心地悪く感じ、夜の街に出て事件に巻き込まれるケースが多いのだと分析している。
 援助交際する子の心理は、私にはわからない。私の世代ではまだ援助交際という言葉はなく、平和なものだった。私たちのすぐ下の世代からそういう言葉が流行り始め、ドラマになったり映画になったりしていた。悪いことだとわかっていても、自分が愛されていないから自分を愛することができないのだろうな、と考える。誰でもいいから、そのときだけでもいいから自分を愛して欲しいと叫んでいるような気さえするのだ。単純にお金がほしいという目的もあるのだろうが、心に奥に潜む寂しさからそのような行為に及んでしまうのではないだろうか。
 最近よく子供の虐待死などを耳にする。死までいかなくても、親に愛されず虐待を受けている子はたくさんいるのであろう。弱い子供を守るのが親の役目なはずなのに・・・。そんなニュースを見るたびに心が痛む。邪魔にするなら、なぜ産んだのだろう。子供たちは決して悪くないのに。
 私はまだ子供がいないが、いつか産むときが来るかもしれない。育児でストレスがたまって叩いてしまうようなことはあるかもしれない。しかし絶対に愛情を持って育てる自信がある。なぜなら私は両親から最高の愛情を注がれていたからだ。自分の子ではなくても愛せるように、私ももっと心広く生きて行きたいと思う。

報道ニッポン
現代画報社

現代画報 国際ジャーナル 様々なロボット

そして最近テレビで見かけるのが、「ロボット」なのです。ある会社の社内を案内したり、会話
ができたり、客が注文したメニューをテーブルまで運んだりと、様々なロボットが開発されている
ようです。私が子供の頃には考えられなかったことなのですが、これも時代の流れと共に技術が
発展しているのだと思うのです。

ある新聞記事にもロボットの紹介がされていました。それは、アザラシ形の癒し系ロボットなの
です。名前もあるようで「パロ」というのだそうです。
このパロは富山県のある企業が製造しているそうなのですが、11月16日からアメリカで販売される
のだそうです。
パロをなでると甘えた声を出すそうで、認知症などのお年寄りの気持ちを落ち着かせる効果がある
そうです。
パロは、2005年から日本では販売されているそうですが、アメリカ販売に際し「ハロー」などの
50の英語を認識できるようにしたとのことです。
価格は6000ドル、日本円にすると約54万円という決して安いとは言えない値段だとは思うのです
が、アメリカのある州にある高齢者介護施設に8体を届けて記念式典が開かれるそうです。

高齢者施設に入所されている方は、そこで出会った素敵な友達もいらっしゃるかもしれませんが、
ロボットとはいえ、心が癒されるペットのようなものがあればますます心が明るくなるのでは
ないでしょうか。多くの方にかわいがられるロボットでいてもらいたいと思います。



現代画報社
報道ニッポン

現代画報 国際ジャーナル 舌の記憶

国際ジャーナル11月号に「熾烈を極める牛丼価格競争 その先にあるものとは─」という記事が載ってますね。牛丼屋さんのお世話になったことはありませんが(ダンナは残業のときよく通ってるらしい・・)、正直言ってあの価格で採算が取れるのはどうしてなのか、他人事ながら首を傾げたくなります。アメリカから輸入しているショートプレート(牛バラ肉を整形して長方形にしたもの)の価格が昨年から上昇しているみたいですが。。「安さの裏で誰かが泣いていると思うと切ない」好きなフリーライターさんが嘆いてました。懐が寒い自分には耳の痛い話だけれど、基本、ものすごく安いものをバンバン買うというよりも、とにかく財布の紐をしめまくってなんとか凌ぐようにはしています。
休みの日の昼ごはん、ワンコインで買えるファストフードのハンバーガーを食べさせるくらいなら、同じ値段でうどんを買って家で食べさせる方が良いなと思う。手軽さと安さに負けないように、手間を惜しまないように。本当はもっともっと素材とかにもこだわりたいけれど、さすがにそこまでお金をかけられないのでね~。子供たちの舌をつくるのは母親の仕事ですね。母は料理を教えてくれなかったけど、舌の記憶をつくってくれました。舌さえ出来ていれば、料理は後から出来るようになるのです。生きた証拠が言うのだから間違いない(笑)。



国際通信社
国際ジャーナル

現代画報 国際ジャーナル 臓器移植と日本の状況

国際通信社国際ジャーナルには臓器移植に関する記事が出ていましたので
、臓器移植についてちょっと調べてみました。人間にとって、心臓や肺、肝臓、腎臓など、
いろいろな臓器がとても重要なのは言うまでもありません。これらの臓器の活動
によって、人間の体は健全に維持されています。しかし、病気や事故によって臓
器に障害がでると、人間は生命を維持するのが難しくなる場合があります。こん
な時に現代医学では臓器移植を行う事があります。これは、機能しなくなった自
分の臓器を、他の人からもらった臓器に入れ替える事です。現代の医学では、様
々な移植が行われています。特に話題となっているのが、脳死後による臓器移植
の是非です。人間の死をどうやって判定するかは、長年議論が続けられていまし
たが、脳死によって死であると認める事により、臓器移植にとっては大きな前進
となりました。これは、必要な臓器を供給するチャンスが増える事を意味するか
らです。最も、臓器移植については、まだまだ改善の余地があります。ちょっと
前までは、臓器移植手術をするのに、海外へ行かなくてはならないケースもあり
ました。今後の日本における臓器移植の状況は大きく変わってくるかもしれません。






現代画報
報道通信社
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

国際ジャーナル 本当のコミュニケーション

国際通信社の雑誌で認知症についての記事が何度か載っていますが、この手の話はどうしても暗い気分になるので避けていました。でも、先日、認知症は介護の仕方で患者も介護する側も随分楽になるという番組をテレビで観て、ちょっと考え方が改まりました。認知症の人の脳は、記憶を司る海馬と、情報整理や論理的思考を司る大脳新皮質の神経細胞が萎縮してしま
っています。そのために記憶力が極端に落ちたり(新しいことが全く覚えられない)、方向感覚を失ったり、言語によるコミュニケーションが取れなくなったりします。けれど、感情を司る扁桃体は逆に非常に敏感になっているそうです。認知症の人は興奮しやすく感情のコントロールが出来ない、人格が変わるとまで言われてしまうのは、ちょっとした感情の揺れが根強く残り続ける、しかもどういう状況でそのような感情を抱いたかは忘れてしまう(記憶障害)、という偏った脳の状態が原因だったんですね。しかしこれは逆手に取れば、激しい感情の波をコントロールできるということです。嬉しいや楽しいという感情を大切にして、患者さんの気持ちを優しくすることが可能なのです。そのためには、認知症の人が何をしたいのか、何をしてもらうと嬉しいのか楽しいのかということを見極めなければいけません。介護する人はコミュニケーション能力、そして相手を思いやる気持ちが一番必要とされているのですね。



報道通信社
現代画報

国際ジャーナル 貿易黒字の減少に対する今後の影響を考える



これからの日本を支えていく新しい産業を育てていく ことは、民主党政権に
とっても大きな課題であると思いますが、同時に、現在の基幹産業をどのように
維持していくのかということも、同じく重要 だと思います。財務省が発表した
8月の貿易統計速報を見ました。今回、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支
はどうだったかというと、前年同 月比37.5%減の1032億円の黒字とい
う結果です。これはどのように考えればいいのでしょうか。円高の影響もあった
かもしれません。国際 ジャーナルでも、これからの貿易についての予想を載せ
て欲しいところですね。貿易黒字は17カ月連続となっているそうです。米国向
けを中心に 輸出の伸びが鈍化しており、黒字の金額は少し減っています。マス
コミの報道では、海外経済の減速に、今後は円高の影響が加わり、輸出は年末に
かけてさらに鈍化する可能性があるとの予想を出しているところがあります。こ
のことが、デフレ経済の日本に悪い影響を与えることがないか心配 です。今ま
での日本の発展を支えてきたのが、輸出産業ですから、これからも、日本にとっ
ては重要な産業になりますので、引き続きこの動向には 注目をしていきたいと
考えています。 





現代画報社
国際通信社

国際ジャーナル ロシア大統領が狙う北方領土訪問の意味は?



最近、日本周辺を巡る安全保障の問題を考えさせるよ うな報道が続いています
が、ロシア通信などによると、ロシアのメドベージェフ大統領が、北方領土を近
く訪問することをマスコミに対して発表し たそうです。これはロシア首脳とし
て、初めて北方領土訪問の意向を表明したことになるそうです。なお、今回の極
東訪問期間中に北方領土入りす るかどうかは、今のところ未定となっていま
す。このニュースについては、これからの日本とロシアの関係を考える上で、ど
のようにとらえればい いのでしょうか。国際ジャーナルでも、この点について
は分析を行ってほしいところです。今回極東のペトロパブロフスクカムチャツ
キーを訪問し ているメドベージェフ大統領ですが、天候が不順なために、北方
領土が訪問できないような発言をしています。北方領土についてはロシアとして
大 事な地域であり、近いうちに訪問するという意向を示しています。最近です
が、中国との間において、「戦略的協調関係の全面的深化」に関する共 同声明
に調印していますが、これはロシアと中国における対日戦勝の歴史観を共有する
狙いではないかとの報道もあります。これから、東アジア地 域におけるロシア
の動向には注目したいところです。





国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル 報道通信社の報道ニッポンより賃貸トラブル

報道通信社報道ニッポンに、「急増する賃貸トラブル」という記事がでていました。

私も約10年間賃貸に住んでいましたが、
近隣の方が時々夜中に大きな声で話をするため、その声で目を覚ましてしまうことは時折ありましたが、
運良くそれほど大きなトラブルには見舞われませんでした。
しかし近年、ちまたではさまざまな賃貸トラブルが後をたたないと言われています。

特によく聞くトラブルが、「退去時のハウスクリーニング費用を借主に負担させる」というものです。
通常、退去時は原状回復義務がありますが、その原状回復の程度があいまいに理解されていることが
問題になるようです。
原状回復義務のもともとの意味は、「物件内に持ち込んだものの撤去義務」であり、
国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」においても、「入居当時の状態に戻すことではない」とされています。
したがって、借主は、退去時には通常の清掃を行えばよく、プロの業者のハウスクリーニングを行う義務までは課されていないといえます。

そういった法律の細かい点については、一般の借主は知識がないことが多く、
また部屋を汚してしまったりしたうしろめたさも手伝って、
言われるがままに必要ない費用を払ってしまったりすることもあるようです。

賃貸トラブルを減らし借主の権利を守るためには、
悪質な業者の監視体制が必要であるだけでなく、
借主がトラブルを相談できる窓口などを増設する試みが必要なのではないかと思います。

国際ジャーナル
国際通信社
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。

国際ジャーナル SHARP、英語を社内公用語に?

世界の公用語と言えば、英語かなあと思う人も多いかと思いますが、その英語が話せない人にはツライ世の中になりつつありますよね。なんでも大企業のシャープも、10月27日に、研究開発部門で英語を社内公用語化する方針を固めたのだそうです。あらら、英語が話せないこの部署の人、焦ってるだろうな。いや、そんな人は初めから存在していないのかもしれないけれど。シャープの事業の海外比率が高まっているそうで、現地で開発や生産することが増加しているのだそうで、その影響を受けて、研究分野をグローバル化するらしいです。そうそう、英語が公用語になっている会社と言えば、楽天や「ユニクロ」の会社、ファーストリテイリングなどが英語を社内公用語にすると言っていますが、シャープは電機メーカーで初の取り組みとなるのだそうですよ。もちろん、シャープが英語を社内公用語化してしまうのであれば、きっとほかの会社もそうするところが増えてきますよね。一応今回シャープが英語公用語化の対象部署として検討しているのは、奈良県・天理事業所内で最先端の研究開発を担う「研究開発本部」だそう。ここには生産技術開発推進本部などとあわせると、約2千人の人が勤務しているそうですが、研究開発の担当者を中心に、早ければ来年度にも導入する感じで動いているようですよ。ちなみにこの本部は、海外でアメリカとイギリスの2拠点を展開していて、中国拠点の設立も目指しているのだそう。

現代画報
報道通信社

国際ジャーナル 価格.comに出店いたしまして、1週間たちました。

    ☆★                 ★☆
     \\ 価格.com出店いたしました。  //

こんにちは、オンラインショプ・ギヤが価格.comに出店して一週間程度たちました。
たくさんのご注文をいただき、誠にありがとうございます。
この一週間で新たな課題もみつかり、それを克服すべくギヤはさらに進化していきます。

その一例として、梱包がエアーキャップと紙袋からダンボールの梱包にかわり
アクセスの集中に対応できるサーバーに引っ越しました。
またメルマガの読者も増えました。私の拙い文章力なりに精一杯みなさまにお得な情報を
伝えていければと思います。


では早速、今回のメニューです


■送料無料キャンペーン          ※一部商品が送料無料になりました

■デジタルカメラ激安情報のお知らせ  ※商品価格は2010/10/21現在の価格です。
         

 




            送料無料キャンペーン!!
★★・‥…─━━━─…‥・・‥…─━─…‥・・‥…─━━━─…‥・★★

RICOH デジタルカメラ CX2

☆送料無料対象商品☆

10.7倍光学ズーム、Smooth Imaging Engine IV+CMOSセンサー、
ダイナミックレンジダブルショットモード搭載

販売価格(税込): 16,100 円 (色)ブラック
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=37
販売価格(税込): 16,100 円 (色)ツートン 
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=38
販売価格(税込): 16,100 円 (色)シルバー
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=8
───────────────────────────────────

Panasonic LUMIX GF1 パンケーキレンズキット

☆送料無料対象商品☆

お一人様一台限りとさせていただきます。

一眼も、いつものバッグで持ち歩ける!!
欲しかったのは、このサイズの一眼、世界最小・最軽量ボディ
カンタンもこだわりも、私らしく撮る。思い通りに撮る!!
一眼画質・キレイなボケ味、細やかさを楽しむ
おまかせキレイ・カメラまかせで、かんたんに撮れる
マイカラーモード・自分ならではの表現が見つかる


販売価格(税込): 40,800 円 (色)レッド
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=82
販売価格(税込): 40,800 円 (色)シルバー
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=66
───────────────────────────────────

SONY α55 SLT-A55VY

☆送料無料対象商品☆

速いから出会える瞬間がある。高速オートフォーカスと最高約10コマ/秒連写を実現

販売価格(税込): 82,800 円
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=75
───────────────────────────────────

Panasonic デジタルカメラ LUMIX FP1

☆送料無料対象商品☆


スライドレンズカバー採用の薄型フラットボディ
7つのシーンを自動でキレイ

販売価格(税込): 10,500 円 (色)グリーン
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=15
販売価格(税込): 10,500 円 (色)ブルー
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=14






       デジタルカメラ激安情報のお知らせ 
★★・‥…─━━━─…‥・・‥…─━─…‥・・‥…─━━━─…‥・★★

EXILIM EX-S12 グリーン

EXILIMエンジン4.0から生まれる先進の高画質。
EXILIMエンジン4.0は、高精度な画像解析と画像処理を超高速で並列実行。
白飛びを抑えながらも、逆光や影になった暗部のディテールを克明に浮かび上がらせます。
動画の上に動画を合成! ダイナミックフォト。
ダイナミックフォトとは、動く合成写真を手軽に作成できる機能のこと。
20枚の連写画像の中から動く被写体をカメラが自動で切り抜き、お気に入りの写真と合成。
自分で描いた絵の世界に入り込んだり、歴史上の人物と肩をならべたり、
夢みたシーンがカメラ1台で実現します。

販売価格(税込): 7,800 円
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=39
───────────────────────────────────


Panasonic LUMIX ZX1 レッド

光学8倍ズーム
もっとアップに。スタイリッシュボディに8倍ズーム
新・手ブレ補正
手ブレしやすい暗いシーンもキレイに撮れる!
スピードフォーカス&高速起動
シャッターチャンスを逃さない
おまかせキレイ
カメラを向けるだけで、7つのシーンが自動でキレイ!
充実の撮影・再生機能
明るく見やすい2.7型液晶や旅行に便利な機能

販売価格(税込): 11,800 円 (色)レッド
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=63
販売価格(税込): 11,800 円 (色)ホワイト
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=87
販売価格(税込): 11,800 円 (色)シルバー
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=88
───────────────────────────────────


FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) Z33WP ピンク

製品の防水・防塵における保護規格IP68(*2)に準拠しており、
水深3メートルまでの防水と砂やほこりの侵入を防ぐ防塵設計で、
水中撮影時や雨の日でも、安心して撮影が楽しめるデジタルカメラです。
カメラボディは、手になじむラウンド形状で、
グリップ部分だけになだらかな膨らみをもたせることで高いグリップ性を実現しました。

背面には撮影画像を確認しやすい2.7型液晶を搭載し、
シンプルなボタンレイアウトで高い操作性が得られます。
さまざまなアウトドアでの撮影シーンでも使いやすいデザインです。

販売価格(税込): 10,800 円
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=24
───────────────────────────────────

Nikon COOLPIX S1000pj シルバー

世界で初めて、カメラに超小型プロジェクターを内蔵。
ワイドズームレンズを搭載。広い風景から遠い被写体のアップまで思いのまま。
レンズシフト方式と電子式の補正機能、高感度、モーション検知、BSSでブレを軽減。

カメラを向けるだけで、6つのシーンモードから最適なモードを自動設定。

販売価格(税込): 13,800 円
http://online.gear4.jp/products/detail.php?product_id=34
───────────────────────────────────






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからも最安価格を更新しつづける、オンラインショップ・ギヤの
お得な情報を発信しつづけて行きます。

またtwitterでもgear4jpのユーザー名でタイムセールのお知らせなど
激安情報を配信していますので、ご覧になって下さい。

実際に購入頂いたお客様の商品やお店の感想をお待ちしています。
そのご意見や感想を、メールマガジンやショップ運営に活かしていきたいと
考えております。

では、また来週お会いしましょう!!  


メールマガジン「オンラインショップ・ギヤ」

☆発行責任者:Gear米田
☆公式サイト:http://online.gear4.jp/
☆問い合わせ:hyoneda@gear4.jp
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナル ダンス

国際通信社国際ジャーナルに「クラシックバレエ ちゅちゅ」
というバレエ教室の先生のインタビュー記事が掲載されてい
ます。バレエといえば熊川哲也さんが有名なことぐらいしか知
識がありませんが、一度は見てみたいと思っています。ちょっ
と敷居が高いイメージがありますが・・・。私は特に体がかた
いので、クラッシクバレエをやっている人の柔軟性には感動し
ます。プロの人は小さなころから、体をやわらかくする柔軟運
動を痛みに耐え、がんばっているのではないのでしょうか。
クラッシクバレエほど敷居は高くないとは思いますが、体を使
った表現で、最近私の友人がはまっているのが、タップダンス
です。北野武さんが映画でやったりして、話題にもなりました
が、リズムがここちよくてとっつきやすいですよね。友人曰く
、結構教室もいろいろあるらしく、女性の方が圧倒的に多いの
だとか。みんなで練習して発表会などもやるらしく、何人かの
人数でやるときはタイミングを合わせなければいけないので練
習が大変だと聞きました。タップダンスの方はあまり柔軟性が
必要ではなさそうなのでどちらかというと自分でもできそうな
気がしますが、奥様方の中に男性一人でがんばるのは少し勇気
が必要かと。




現代画報
報道通信社

国際ジャーナル たくましい子供たち

先日、テレビである情報番組を見ていました。

ある幼稚園で園児が大人顔負けのことをしている姿が紹介されていたのです。

毎朝、その幼稚園の園児たちは幼稚園の周り約5キロを走るのだそうです。走るだけでは子供は飽き
てしまうだろうということで、途中ですべり台をすべる、鉄棒で前周りをするなどのメニューも取
り入れているのだそうです。
毎日、園児たちは裸足、そして体操服の短パンのみの姿で走っているそうです。上半身は裸で走って
いるのだそうで、しかも途中で園長先生が水をかけて「頑張れ」と応援しているのだそうです。
そして素敵なことに、走る速度が遅くなってきた園児を別の園児が声を掛けてお互いゴールに向か
って頑張るのだそうです。チームワークが生まれるのですね。

そして毎年、富士山の登山、フルマラソン出場と大人もびっくりするような行事があるのだそう
です。ところが、富士山も弱音を吐かずに登り、フルマラソンも7時間のタイムでゴールするのだ
そうです。私にも子供がいますが、テレビに映ったその姿を見て言葉を失うほどびっくりしました。

その幼稚園では、体を動かすことを重視しているのでしょうか。最近では、そのような幼稚園が
増えてきているのだそうです。体を動かすことによって丈夫な体を造るということもあるのでしょ
うが、団体行動をすることによってお互いが協力し助け合うなどの行動も身に付くのでしょう。
また、集団生活でのマナー、ルールなども学べるのだと思います。

机に向かって字を書く練習、数字の練習も大事かもしれません。ただ、あくまでも私の意見なの
ですが、幼稚園のうちは体を動かすことを重視してもいいのでは・・・と思っています。

みなさんはどう思われるでしょうか。



国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナル 借金

国際ジャーナルを見ると、法律事務所の方の取材記事が
数多く掲載されていました。最近、電車の中吊り広告など
で、法律事務所の紹介がよくのっています。まあ、大体が「借
金の返済 払いすぎていませんか?」みたいな記事なんですけ
どね。世の中不景気だと、このような悩みを抱えていらっしゃ
る方も多いのではないかと思います。
私は今賃貸のマンションに住んでいるのですが、同じマンショ
ン内には分譲でマンションを買った人もいます。そういう関係
もあるのでしょうか、家の郵便受けにはこれまた「借金の返済
ひとまとめにすればこんなにお得!」というチラシがいっぱい
入ってきます。
最近は国債を発行するとかしないとかというのが話題になって
いますが、国債といえば国の借金になるわけです。国の借金も
かなり多くあるらしく、まあ国も借金しているぐらいだから個
人が借金するのもあんまり気負いすることもないよね~、みた
いな事をいっている友人がいますが、それとこれとは話が別と
はっきり言ってあげました。お金貸して~、とせびられそうだ
ったので。
 会社の先輩が一軒家を建てたのですが、そのことを話題にす
ると、俺の家じゃなくて銀行から金を借りて建ってるんだから
銀行のものだ、と必ず言ってます。当分は借金をする予定はな
いのですが、自分が借金するのはやっぱり家を買うときかな?



報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル 日本経済の減速と円高の不安

最近の日本経済の動向が気になるところですが、国内 景気の減速が、このとこ
ろ鮮明になってきたのではないかと感じています。いろいろなニュースをみてい
ますが、最近政府発表した10月の月例経 済報告で、景気の基調判断を前月ま
での「持ち直してきている」から「足踏み状態となっている」と下方修正した事
が、今の日本の経済に関する実 力を示しているのではないかと思います。これ
から日本経済はどのように立て直していくべきなのでしょうか。リーマン・
ショック後の2009年 2月以来、今回の景気減速は1年8カ月ぶりのことに
なります。今まで以上に景気の先行き不安が大きくなってきているのではないか
と思います。 これに対して、政府はどのような対策をとるのでしょうか。日銀
とも連携をとりながら、いままで以上に効果的な対策をとってほしいと思いま
す。 政府は下方修正の理由として輸出と生産の減少を挙げていますが、最大の
要因は急激な円高ではないかと思います。日本経済を支えている自動車、 電機
など輸出企業の収益悪化が、今後の先行き不安につながっているのではないかと
思います。円高対策についても、早急な動きが求められていま す。これからの
日本経済はどうなるのでしょうか。



国際通信社
国際ジャーナル
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。

国際ジャーナル 我が子の小学校教論も不祥事

小学4年の我が子どもの小学校でも出来事。

クラスの席替えの時の話。



席替えをする際、担任が、

「この机、邪魔だから片づけてしまいましょう」

と言いました。



その机とは、不登校になったしまった女の子の机で、

片づけるというのは、別の空き教室に持っていくということ。。



女子は大反対!



男子の一部は面白がり、

「そうだ!そうだ!片づけちゃえ!!!」

そしたら担任、何て言ったと思いますか?



「ならば、机を片付けるかどうか、多数決で決めましょう」



信じられません!

男子の中にも片づけない方に手をあげてくれた子どもがいたので、

無事、机は片付けられませんでした。



この話を聞いて、すぐに教育委員会に連絡しました。



その後、担任から電話があり、

「席替えの際、人数の関係で独りぼっちになってしまう児童がいたので…

児童や保護者に説明不足で、変な誤解を受けさせてしまい申し訳ありませんでし
た。」

と謝罪がありましたが、何を謝罪しているのか、意味がさっぱりわかりません。



今回の事件以外にも、いろいろと問題をおこしています。

この担任にせいで、我が子どものクラスが学級崩壊になったといっても過言ではあり
ません。



これは、校長先生が「担任の手にはおえていなかった」と認めています。

そして2学期に入り服担任がつき、この机の事件以降、教頭先生もクラスに入った。

2人という生徒に、現在3人の先生がついているというのも、おかしな話です。


現代画報社
国際通信社

国際ジャーナル 話題のセクハラサイコロ

セクハラサイコロが話題になっていますね。



セクハラという意味でなくても、教師がお仕置きのためとはいえ、

やるべき内容ではないと思います。

それは、子ども達が喜ぶお仕置きだから・・・

やられる子ども嫌でしょうが、それを見ている子どもたちは

面白くて仕方がないでしょう。

子ども達を助長するような行動について、よくないと思っていますので、

セクハラサイコロはいけないと思っています。

それならば、見ている方も嫌だと感じるような、内容にすればよかったのでは

ないでしょうか。



では、お仕置き棒はどうでしょうか・・・



同じ男性教論が、お仕置き棒を持っていたということも、問題になっているそう。

でも、お仕置き棒は別に持っていても、なんらおかしいとは思いません。

お仕置き棒を、めったやたらと振り回しているならば問題ですが、お仕置きにしても

コツンと叩く程度だと言っています。



今回の問題をおこしたという、女子生徒の保護者が過敏すぎる気がします。



関節にいえば、ひとつのことから、あれもこれもと、全てをいけないとし、

問題を大きくした。

そして、それにマスコミが便乗し、更に問題が大きくなった。



女子生徒の話も、聞いていてなんとも言えなかったです。

この女子生徒は別のクラスの生徒なのに、あたかも自分はその男性教論のクラスの

生徒のような発言をしている。



マスコミに振り回されず、しっかりとした対応で教育委員会は、男性教論に処罰を

して欲しいですね。


現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナル 沢尻エリカ、復縁説

沢尻エリカさんといえば、いろいろなことで騒がれている女優さんで、現在どこにいるかわからなくなっていますよね。そんな沢尻さんが、なんと離婚をするとはなしていた夫の高城剛さんと海外にいるのではという情報が浮上しているそうですよ~。ありえそう!なんでも、高城さんと離婚するということは、エイベックスとの契約条件だそうで、このまま離婚しないとなるとエイベックスとの契約はないことになっちゃうそうですよ。どーなるんでしょうか。一応、エリカさまは先月、友人に「高城さんのところへ離婚の話をしに行く」といったことを言っていたそうですが、なんと先月21日にCMの発表会見をドタキャンした時も関係者曰く「本人から直接連絡はなかった」そうで、その以前から音信不通なんだとか。プロ意識ゼロってみなされちゃいそうなんですけど。エリカさまの知人によれば、8月に高城さんからエリカさまに会いたいと連絡があって、離婚の話し合い場所として沖縄県の西表島を指定してきたそうですが、その時は行かなかったそうです。エリカさまのお母さんは、一応復縁については知らないと話しているそうで、海外にいるのかということも、すべて聞いていない、ノーコメントとしているようです。

報道ニッポン
現代画報社
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。

国際ジャーナル アイフルのCM打ち切りに。

経営再建中の消費者金融大手といえば、みなさんご存知「アイフル」ですよね。過去に行政処分を受けちゃってから、だんだん影が薄くなってきた感のあったアイフル。そのアイフルが、テレビCMを中止することにしたそうです。アイフルといえば、おじさんとチワワの愛らしいCMが人気でしたが、武富士の破綻の影響で、経営環境が一段と厳しさを増しているそうで、さらなるリストラが必要だったのだそう。現在アイフルが運営している中小企業向けの無担保ローンを展開する子会社ビジネクストも売却する方向で交渉しているうえに、無人店舗の追加閉店もするようですよ~。そんなに大変なのか、アイフル!去年、事業再生ADRを申請して、住友信託銀などの支援を受けて、事業再生に取り組んでいるアイフル、やっぱりお金には余裕がないようですね。やっぱりアイフルはCMで人気が出たものの、裏では強引な取り立てをしていたとして、全店営業停止の行政処分を受けてしまってからは下り坂のようですね。アイフルがCMやら無人店舗約30店の追加廃止やらで削減できる経費は、なんと数億円規模だそうですから、仕方ないですよね~。それから、子会社の売却先は、東京スター銀行を軸に調整しているそうですよ。



国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル 話題のauスカイプ付き携帯

auが秋の新商品の携帯電話を発表しましたね。



CMでチラッと見た時、スカイプを通して通話料が無料になるんだ!と勘違い(汗)



新商品のスマートフォンの中に、インターネット電話のスカイプと提携した、

パソコン向け無料通話ができるソフトを搭載したそうで、なんだ。。

無料という訳ではないんだと、とても残念な気持ちになってしまいました。



スカイプはパソコンには入っていて、たまに使用することもありますが、

周りの人にスカイプというものが浸透していないので、なかなか普段使いでの

利用価値がないのが現状です。



auでスカイプを利用できるとはいっても、どうでしょうか・・・



スカイプをする人同士って、もともと、パソコンがあるのですから、

わざわざ、携帯を通す必要性を感じるでしょうか?

個人というよりは、会社関係で役に立ちそうな気がしますが・・・



auはスマートフォンでは、他の携帯会社に遅れを取ってしまっているから、

色々と策を練ってきているんでしょうが、どうでしょうかね~



個人的には、スカイプは入っているからと、そのスマートフォンを選ぶことはないで
しょう…

とにかくスカイプを導入するのであれば、データ通信を使って置き換える音声の質の
向上は必須ですね。


報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル 育児休暇バトル

みなさん、最近女性たちの間で人気のある男性像って知っていますか?ずばり、「イクメン」だそうですよ。これ、育児をするメンズということなんですが、そんなイクメンが増殖中の日本で、流行に乗ったニュースを発見しました。今日本全国で、育児休暇を取得するメンズの皆さんが増えているようですが、その自治体の首長の育児休暇取得をめぐって、大阪府の橋下徹知事が10月21日に、育児休暇に対して「反対。世間が育休を取れる環境をつくってから、公務員が取るのが筋」と批判したそうです。そしてそのコメントに、第3子が誕生した後、育児休暇取得を表明した広島県の湯崎英彦知事が、「大きなお世話だ」と反論しているのだそうですよ~。確かに橋下知事がいう、世間の会社では育児休暇が取れないはわかりますが、だからって公務員の人がせっかく取れる育児休暇を取らないなんてばからしいのではないかなあ、なんて思っちゃいましたけど。橋下知事は、よく『知事が先頭に立って機運の醸成を』というけれど、それはあまりにも世間を知らなさすぎる、世間は育休を取れるような環境じゃないと指摘したそうですが、湯崎知事は、見解の相違ではないか。まさに広島県もいろいろな方法で育休を取りやすい環境づくりを政策的にやっている、わたしの育休取得は、その一環と話しているそうで、批判は当たらないと言っているそう。それもそうですよね~。
報道通信社
現代画報

国際ジャーナル 中3少女が詩をコピペし受賞していた 

第19回「詩と思想」新人賞に選ばれた、秋田市の中学3年生の女子の保護者が、

盗作での受賞だったとして、賞の取り下げをしていました。

新人賞受賞について地元紙が中3女子に取材をを希望したところ、様子がおかしくな
り、

その後、保護者に対し盗作をしたことを話したことから、盗作が発覚したといいま
す。



そして、今回、他に受賞した賞についても、盗作であったことを認めたそうです。



中1からの応募数だけでも50以上はあるとみられていて、選考途中まで10作品、

入賞数は24作品もあったそうです。



また過去に受賞した2作品について、「ネット上の作品と酷似している」とのこと
で、

保護者が賞の取り消しを申し出たとのこと。

もしかしたら保護者は、中3女子の盗作を以前から知っていた可能性もありますよ
ね。



作品は中学校経由での応募ではなく、中3女子が個人的に応募していましたが、

賞を受賞すると中学では朝礼などで、中3女子の受賞報告を他の生徒たちに向けて、

おこなっていたそうです。

その報告全てが嘘、盗作による受賞だとは、中3女子は大きな失点を犯した気がしま
す。



間違ってやってしまったというレベルではなく、ある意味、癖になっていましたよ
ね。

例えるならば、放火犯が放火を繰り返してしまうのと、同じ感じに思えます。


報道ニッポン
現代画報社
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。