スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 NECの業績が示す日本の経済動向

最近のNECにはいろいろと動きがありますが、2011年3月期の業績予想が
下方修正になるというニュースがありました。最終利益は予想に比べて 150
億円減のゼロという事です。これはあまり調子が良くないという事でしょうか。
原因としては、企業による情報技術投資の先行きが不透明なこと に加えて、ス
マートフォンの投入遅れで携帯電話端末事業の売り上げが落ち込んだことがある
ようです。これからの立て直しを含めて、NECの動向に は注目してみたいと思い
ます。



国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 北朝鮮の民主化と中東情勢

中東の反政府デモ関連のニュースについては、北朝鮮でも影響がでている模様で
す。今のところ、北朝鮮の市場や各大学で中東の動きが話題になってお り、北
朝鮮当局は電話回線を遮断するなどの非常手段でこれを食い止めるための対応に
乗り出したという報道もでています。今後はどうなっていくので しょうか。ア
メリカのニュースでは、北朝鮮当局は情報の遮断と言論統制に総力を挙げている
が、大学や市場を中心に、中東のデモに関する情報は徐々 に広まっているそう
です。北朝鮮での民主化の動きにつながっていくのか、これは注目したいと思い
ます。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?
続 国際通信社のブログ旅

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 もう少し実のあるトップ対談を聞いてみたい

最近は菅直人首相と自民党の谷垣禎一総裁らによる党首討論も行われています
が、刻に民目線でいろいろと聞いてみたいこともあります。日本を取り巻 く状
況を、この二人はどう認識しているのでしょうか。そして、日本が抱える難題を
解決していく方向性をどのようにみつけていくのでしょうか。民主 党のマニ
フェストの行き詰まりと、小沢一郎元代表に近い衆院議員16人の会派離脱騒動
が民主党の争点となっていますが、もっともっと重要な部分で の話を聞きたい
と思います。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 ヒカンザクラ

3月に入ってからも、地域によっては雪が降ったり、また雪が降らない地域でも
冬に戻ったかのような日が続いているように思います。
そんな中、新聞に載っていた記事に桜のきれいな写真が載っていました。
神代鍋島藩当主の屋敷として知られる長崎県雲仙市の「鍋島邸」前で、樹齢90年
のヒカンザクラ3本が濃いピンク色の花を咲かせて、見頃を迎えているというのです。
今年の冬は、全国的に気温が低いとテレビや新聞で報道されていました。
寒さが続いた影響で、開花は例年よりも2週間遅い2月末になったそうですが、
とても美しい、春を感じられる桜でした。
見頃は3月中旬までということです。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社
現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル ドミノ化現象となっている中東情勢

中東情勢は各国でデモが発生しており、今後の焦点となりそうですが、イラクで
も政府の汚職撲滅や行政サービスの改善などを求めるデモ隊と治安部隊 が衝突
する事件が発生しています。報道によるとデモ参加者14人が死亡したそうです。
デモの参加者はインターネットで集まった若者が中心と言われ ています。イラ
クでは17カ所でデモが発生した模様です。今後はイラクでも急激な情勢の変化が
あるかもしれません。アメリカの撤退も含めて注意し たいところです。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
sportsnews.geo.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年12月号のご案内 | 報道通信社

国際通信社・月刊 不況の救世主は「たこ焼き」?

不況のご時世からか、腹もちがよい“たこ焼き”がブーム!



その流行りの中心は、ご存知「銀だこ」



「銀だこ」で使われるタコは、日本で年間で消費される

タコの10%を占めているそうです。



10%って、すごいですよね~



それだけ、店の数があるんだろうと思い調べてみたら、

日本国内に307店舗、海外に9店舗。

これだけの数の店で、毎日たこ焼き焼いていれば10%は信じられますね(笑)



銀たこのたこ焼きの特徴は・・・



周りはカリッと♪

中身はトロッと♪



「銀だこ」ならではの食感、これが、たまりませんよね~



もう何年も前の話ですが、初めて「銀だこ」のたこ焼きを食べようと思い、

長蛇の列に並びながらたこ焼きを焼く作業を見た時、

油で揚げているような作業工程にビックリしました。

しかし、実際食べてみると、油っぽさも気にならずビックリした記憶とともに、

今ではその油を使って作のが、“「銀だこ」のたこ焼き”というスタイルが定着しています。



「銀だこ」を運営するホットランドは、“和のファーストフード”を目指し

日経レストランでは「銀だこ」を、“家計の救世主”と称しているそうです。



私も“家計の救世主”にあやかりたいですが、なにぶん不況なので。。(笑)

今夜は、自宅でたこ焼きしようかな♪

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社・月刊 小中学校のトイレが・・

岩手県花巻市教育委員会は2011年から4年かけて、市内の全小中学校でトイレを
ほぼ全面的に洋式化にするということです。新聞に載っていた記事です。
和式に慣れない子供が増えているためで、14年度までに計735個の便器を交換
するということなのです。
私が小中学校の頃は、和式が当たり前のトイレだったのですが、以前から周りの声で
「洋式でしかトイレができない」ということを聞いたことがありました。
だから・・・という理由は残念かもしれません。まだまだ外出先には和式のみのトイレ
設置の場所が多いと思うのです。少しでも和式でのトイレにも慣れてほしい・・・と
思うのは、私の古い考えでしょうか。
今は「学校のトイレは洋式で当たり前」なのでしょうか。
みなさんは、どう思われますか?


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社

ビジネス月刊誌は国際ジャーナル 交通安全ウォークラリー

大阪府の堺署は2月21日に、観光地を訪ねながら道中で交通事故の危険性について
学ぶという「交通安全ウォークラリー」が堺市堺区で開かれたそうです。
その様子は新聞記事に載っていましたが、このウォークラリーは昨年に続いて開催
されたそうです。この日は、暖かい散歩日和といってもいい日でした。
堺観光ボランティア協会のガイドの案内で歴史ある街を巡ったのです。
歴史ある場所を見ながら、交通安全に関することも話が聞けるというのは
とても良いことですね。新聞記事によると、今回は老人クラブの人たちが参加した
そうですが、子供たちにもぜひ同じような体験をしてもらいたいですね。
そして事故がない町になってもらいたい・・・そう強く願っています。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 自動車産業の先行きについて

日本の経済の中心となっているのは、やはり製造業ですが、その中で自動車メー
カー8社はどんな状況でしょうか。1月の生産、販売、輸出の実績によ ると、
三菱自動車を除く7社は国内生産が減っているという結果になっています。特に
ホンダは1月として過去最低の生産台数となったそうです。エコ カー補助金が
終了したことなど、逆風の影響かもしれません。これから人口減が予想される日
本ですが、国内の自動車販売については、なんらかの対策 が必要なところかも
しれません。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
dragon.bex.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2009年3月号のご案内 | 報道通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル ヤフー知恵袋に投稿された大学入試問題

京都大学の入試問題がヤフー知恵袋に掲載された事件。

他にも早稲田や同志社等の大学でも、同様の事件がおこったそうですよね。



これは愉快犯の仕業だと、マスコミは声を荒げています。



ではどうやって、ヤフー知恵袋に寄せられた解答を見るか・・・

試験会場には試験管もたくさんいますので、そんな中で携帯を見る時間などあるとは
思えません。

きっと試験会場にいた犯人は、ヤフー知恵袋の解答は見ていないと思っています。

それはもちろん、みなくても問題の答えがわかっているから。



そしてマスコミ同様に第三者がいる、それも数人のグループ犯行だと推察していま
す。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
tigers.ebb.jp
bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ

現代画報社の月刊誌 忠犬ハチ公の死因は・・・

「忠犬ハチ公」の存在を知っている人は、多いのではないでしょうか。
ドラマになったり、映画になったりと今でもハチ公の話は受け継がれているように
思います。
先日の新聞に載っていた記事です。ハチ公は最後死んでしまうのですが、死因の
一つが「がん」だったということが、東京大学大学院の教授らの調査で分かったそう
なのです。
ハチ公の死因は寄生虫病の「フィラリア」とされてきたそうですが、今回調査を行った
教授は「フィラリア、がんとも重篤。どちらが主因でもおかしくない」と話している
そうです。この記事を目にして大変驚きました。
ハチ公は、1935年に死んでしまいました。それから月日はかなり経っていますが
今でも語り継がれている話です。これからもこの話は途絶えることなく受け継がれて
ほしいですね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
国際ジャーナル

月刊・報道ニッポン・国際ジャーナル 厳しい雇用情勢

以前に国際通信社から発行されている雑誌にも「不景気」に関する記事が載っていました。
この影響から、まだまだ生活が厳しい人、そして仕事が見つからないという人が多いのです。
厳しい雇用情勢は、決して若者だけではありません。テレビでは、新卒者の就職先がなかなか
見つからないという特集を頻繁にしていると思うのですが、中高年の就職先もなかなか
見つからないというのが現状なのです。
突然のリストラにあったり、倒産したり・・・厳しい状況はまだまだ続いています。
今は、年齢が70代であってもまだまだ元気で働けるという人は多いと思います。
生活費の足しになれば・・・少しでも楽な生活ができれば・・・
この状況からいつ脱出できるのでしょうか。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル
現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル チュートリアル福田復帰

1先月10日から急性すい炎のため休養していた人といえば、チュートリアルの福田充徳さんです。その福田さんが2月24日のフジテレビ系「笑っていいとも!」の生放送で無事に復帰されましたね。番組の冒頭で、タモリさんが今日から福田が復帰ですと話すと、福田さんは冠をかぶってに赤いマントという姿で登場し、「戻ってきました、よろしくお願いします」と無事に復帰できたことをニコニコ笑顔で話し、相方の徳井義実さんも嬉しそうでしたね!
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年10月号のご案内 | 現代画報社
realestate.ebb.jp

現代画報・月刊・国際ジャーナル 朝活。

 朝早起きして仕事の準備をしたり、新聞や雑誌などをじっくり読むという朝活がブームだ。本屋に行くと、自己啓発本の中に朝活の本も多々あり、朝の散歩や体操によってうつを治すなどという本もあるそうだ。早起きは医学的にも認められた健康管理法である。
 確かに学生時代から夜中に勉強するよりも、早く寝て、早起きして勉強する方が良いとされていた。早起きは三文の徳ということわざもあるように、絶対的に良いのだと思うし、自分も早起きを習慣化していたときは体調も良く、肌の具合も良かったことを記憶している。
 しかし、札幌に来てからは特に冬が寒くて暗いため、なかなか起きられず困っている。今などは特に一番寒い時期なため、つい5分10分と眠ってしまう。ストーブをつけても温まるまで時間もかかり、結局お布団へ。
 しかしある記事を読んで一安心した。やはり春夏秋と朝活をしていても、冬になるとほとんどの人が朝活ができなくなり、起きるのが遅くなって、自分を責めてしまうそうだ。しかし早起きは気持ちが良く、体の調子が良いと感じられることが良いのであって、朝活は娯楽の一つだと考えることが必要とのこと。冬は少し起きるのが遅くなってしまっても、あまりネガティブにならず、また春からマイペースにやればいいのだということがわかったので、もうしばらくは朝活休止しようと思う。春が待ち遠しい。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社
報道ニッポン

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル これからの民主党の将来は大丈夫?

民主党に対して、地方では逆風が吹き始めた様です。岡田幹事長が集まった集会
では、帰れコールも起きてしまった様です。最近のニュースを見ている と、党
内の派閥争いなどが国民の間で一番目についている状況です。その中でマニフェ
ストに書かれた政策はなかなか実現せず、迷走を続ける民主党の 支持率は下が
る一方です。総選挙のうわさもありますが、地方における民主党への危機感は想
像以上に強いのかもしれません。今後の動きに注目したい と思います。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルに掲載
国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 国会議論について最近考える

国会では与野党の議論が続いていますが、お互いに語気強く対決するだけでは、
新たな展開も望めないと思います。参院の野党多数というねじれ状況が 続いて
いますが、今こそ日本の将来を見据えた、長期的な政策立案が必要な時期だと思
います。政治家についてはその点を理解して欲しいと思います。 外交・安保問
題についても、新たな日本の戦略が求められている時です。 単なる野次の飛ば
しあいでは何も前進がありません。その点を議員の皆さんにも理解して欲しいと
思います。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社を読む、続・取材
国際通信社
フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。