スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 骨粗しょう症

高齢になって骨折をすると、寝たきりになる恐れが高まるそうです。
若い頃から骨の大切さを知り、骨を強くしておいたほうがいいかもしれません。

成長期を過ぎると骨は変化しないように思えますが、実は皮膚や血液と同様に、新陳代謝を
しています。古くなった骨は壊されて、骨中のカルシウムが血液中に放出され、新たに血液
中からカルシウムを取り込んで骨が再生されるのです。
この代謝のバランスが崩れると、骨が粗くなって多くの穴が開いた状態になり、強度が落ち
ます。骨量がピーク時の70パーセント未満になると、「骨粗しょう症」と見なされるのです。

ある医大の教授は「女性は更年期を迎える前後から骨量が減る傾向にある」と新聞取材で話
しています。50歳以上の全体で見ると、女性はおよそ4人の1人が骨粗しょう症と推定されて
いて、男性よりも圧倒的に多いそうです。
大きな要因となっているのが、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌量の減少です。
もともと、骨が過度に壊されるのを防ぐ働きがありますが、閉経の5年くらい前から分泌が
減り始め、代謝のバランスが崩れるのだそうです。

骨粗しょう症になると、背骨がつぶれる圧迫骨折が起きたり、倒れて尻餅をついたり手をつい
たりしただけで、太ももの付け根や手首、二の腕の骨を折ることが多くなります。
雑誌「報道ニッポン」では「健康」や「医療」をテーマにした記事が取り上げられていますが、
人は、何歳になっても健康が一番です。骨も丈夫であればいうことないように思います。

それでも、少しでも体に異変を感じたのであれば、信頼できる病院に行って見てもらうのが
大切かもしれません。「高齢者」と世間から呼ばれる年齢になっても骨が丈夫で健康な人で
ありたいと思いませんか?




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル やっぱりお鍋!

国際ジャーナルの記事に「食のしおり menu.7
 鍋 ~「寒いときは、鍋が一番!」~というのがありました。

三寒四温のこの時期、もうひとがんばりすれば春がくるけれど、寒さは一番厳し
い時。

芯から温もり、好きな具が楽しめ、さらに野菜もたっぷり取れるので健康的。冬
のお鍋は本当に楽しいですね。

ふぐやカニなど、高級料亭や旅行先でリッチなお鍋を楽しむのも良しですが、少
々の材料があれば手軽に楽しめてしまうのも魅力ですね。

しかも、最近では簡単にできるレトルト入りのお鍋の素がたくさん出ています。
以前は、寄せ鍋やちゃんこ鍋、キムチ鍋ぐらいしかなかったのが、スーパーへ行
くと、豆乳鍋やコラーゲン鍋、カレー鍋にトマト鍋と本当にびっくりするほど盛
りだくさん。ついつい買いそろえてしまいます。 

お鍋を楽しんだあと、ラストは雑炊だけではなく、カレー鍋などはカレーうどん
やラーメンを入れてもおいしいですし、トマト鍋はリゾットや卵を入れてオムレ
ツにすると絶品ですね。鍋にしたあとのエキスが出ているから一層おいしくなり
ます。

春が来るのはうれしいですが、寒さが去るとお鍋が終わりだなぁ、と少々さびし
くなってしまうような気がします。

寒さもあと一息、冬の名残を、おいしいお鍋で乗り切りましょう!








国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 芸能人・スポーツ選手などの訃報時、関係者はブログ更新停止が常識化?

芸能人やスポーツ選手などの著名人の間では、親しい芸能人やスポーツ選手の本人、またはその家族などの訃報に接するとブログの更新を停止することが、弔意を示すものとして一般的になりつつあると言います。きちんと、通夜、葬儀に出席していてもブログ更新を行わないのである。何かおかしい弔意の示し方になるような気がします。報道もされないような一般人の知人の訃報に接したときもブログ更新を行っていないなら、それはご本人の気持ちの問題であるが、どうも訃報が報道されたときのみのような感じです。さて、なぜこのような親しい者の訃報に接するとブログ更新を停止し、それが、広まっていっているのかは理由が見えていない。
全くの推測だが、芸能人やスポーツ選手はファンに夢を与える商売であるから、常日頃からブログには楽しいようなことを書くことが多く、それがために、ブログを平気で更新する態度が不謹慎な気持ちにさせるのかも知れません。また、最近の芸能人、スポーツ選手は毎日、ブログを更新しなければならないほどブログが日常生活・活動に入り込んでいることでもあり、同じ仲間の訃報の場合はファンが重なっているから、そんなファンに対する気持ちを考えて更新を停止した方が良いと考えるのかもしれません。自分の気持ちのためと言うより、ファンの気持ちまで思いやるブログ更新停止かもしれません。日常生活もままならない、書く気が失せるほどの脱力感があれば更新できないのだから止むを得ないが、個人的には、通夜、葬儀などに出席していれば、その他の日常生活に制限をかける必要は無いと思われる。むしろ、ブログに個人との逸話などを書いて、弔意としたほうがファンサービスになるような気がしないでもないと感じます。




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルの願い
現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社

月刊誌国際通信社国際ジャーナル プリン3個入り


ある新聞に面白い記事が紹介されていました。それは、ある主婦の方からの「素朴な疑問」
でした。

あるメーカーのプリンを家族4人が大好きなのだそうです。4人で食べたいのに、販売されている
プリンは決まって3個入り。仕方なく、主婦の方が我慢して残り3人でプリンを食べているのだ
そうです。どうして3個いりなのですか・・・という疑問でした。
私も子供がいますのでプリンを買うことが多いのですが、私自身も好きですし3個という数が
我が家でも困っているところでした。

新聞記者の方が発売元のメーカーに問い合わせたそうです。メーカーの担当者によると

「当社のプリンは1972年に発売しました。お母さんとお子様2人が食べられるようにと考え、3個入り
にしたようです。その時代は子供2人の家庭、お父さんは甘いものを食べないと思われていた
ようです」と振り返っていたそうです。
当時は高度経済成長を最前線で支え続けていたお父さんには、のんびりプリンを食べている暇は
なかったのでしょうか・・・という記者のコメントも載っていました。
この記事を読んで、昔からのなごりが今の時代にも続いているんだと感じました。


しかし、今では3個パックのほかに「3個パック+1個」という形で4個売りをごく一部で販売している
そうです。また、プリン好きにはたまらない「Bigサイズ」というプリンも登場しています。
私個人的には、常に「Bigサイズ」プリンを食べていたい気持ちですが、子供の前で自分だけ
Bigサイズはさすがにまずいだろう・・・と思っています。

ちなみにプリン発売元のメーカー担当者は、「木製で小ぶりのスプーンを使って、カラメル少しと
プリンやや多めの配分で食べるとおいしいですよ」と一番おいしい食べ方を教えてくださって
いました。次回、プリンを買ったときには一度試してみたいと思います。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナル現代画報 肩身が狭い


愛煙家には本当に肩身の狭い世の中ですね。かくいう自分も一時期は一日ひと箱ペースでマルボロを吸っていましたが、今ではすっかり足を洗いました。まあ、たまに吸いたくなりますが、価格と喫煙場所のことを考えると、とても手が出ません。taspoも面倒だしね(苦笑)。自販機購入派だった人には効果(?)があったと思いますよ。貸し借りなんて方法を思いつく人も居ますが。。これじゃ未成年者でも買えてしまうので意味が無い。
今や煙草は諸悪の根源のように扱われていますよね。パッケージには「肺がんの原因の一つ」「心筋梗塞の危険性を高める」「乳幼児や子供、お年寄りの健康に悪影響を及ぼす」などの警告文の表示が義務付けられてますし、肥満や成人病、国際ジャーナルで特集しているメタボ、この手の病気や傾向になりやすい人は喫煙者が多いと公言されてますから。
とはいえ、日本は諸外国に比べれば煙草の税率も価格も低いんですよね。たばこの警告表示だって、オーストラリアやシンガポール、EUなどは、汚れた肺やボロボロの歯の写真や絵をモチーフにしたり、赤ちゃんや子ども、妊婦の写真を使って警告しているのでかなり過激です。こんなパッケージがついた煙草なんて触るのも嫌!と思わせます。日本人にはついていけない感覚ですね~。日本もそれぐらいやらないとダメなんでしょうが、そこはやっぱりお国柄かなと。
百害あって一利なしだと分かってて吸ってる人も、マナーを守って吸っている人でも、避けることが出来ないのが「受動喫煙」です。健康被害はもちろんではありますが、小学生の喫煙率が5%を越えるというアンケート結果なんかを聞くと、受動喫煙がもたらす子どもへの精神的弊害を考えずにはいられないですよね。周りが吸ってるから・・ただそれだけの理由で手を出してしまう子が多いそうです。
1000円煙草が店頭に出回る日も近いんでしょうか。。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊誌は報道通信社の報道ニッポン 応えてくれる

嫌な事件ばかりが続くと気が滅入りますよね~。何か明るくて建設的なことがしたくなります。例えば生きものを飼うということ。
夏休み、夜店ですくった金魚があえなく昇天してから一週間後、我が家に今度は熱帯魚がやってきました。しかも一人一魚(?)ずつ選んで4匹プラス群れも10匹。水草だけだった水槽が一気に華やかになりました。いや~はまるわ~。餌をあげる時間になると分かるみたいでぐるぐる泳ぎ回るところとか、尾びれ背びれをプリプリして泳ぐところとか、うん○をくっつけたまま悠々と泳いじゃうところとか。子ども以上に親が夢中になって世話してます(苦笑)
植物も、育てる楽しさがありますね。そういえば現代画報でベランダガーデニングを取り上げてましたね。ウチでも旦那が率先してベランダで花やらハーブやらを育ててます。強くてがんがん伸びてくれるアイビーなんかは買ってきてからもう5年近く居ますし、衝動買いしたワイルドストロベリーは小さいけれど毎春、実をつけてくれています。ちょっと手をかけてあげると応えてくれる植物って、ホントにいいやつだなあと思ってしまう。ガーデニングにはまる人の気持ちがよく分かります。ただ、私自身はグリーンサムというよりデスサムなので、枯らせてしまうこともしばしば・・。強いはずのバジルも一度収穫しただけで枯れちゃったし。。本当はゴーヤとかを育てて、グリーンカーテンを作ってみたいなと密かに思い続けているのですが。何しろベランダは暑いんです!タイルの照り返しが憎らしいったらありゃしない。打ち水とグリーンカーテン、良いと思うんだけどな~。今のところ私が育てているピーマンは元気なので、徐々にレベルアップしたいところです!





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
報道通信社

国際ジャーナル・月刊誌・国際通信社 レディー・ガガ、生肉ビキニ

レディー・ガガさんといえば、変わったファッションをされることでも有名ですが、そんなレディー・ガガさんが9月10日発売の「VOGUE HOMMES JAPAN」の表紙に登場、そしてその姿はなんと、生のお肉がビキニのようになったいる状態で撮影された状態のものだったのだとか!一応このレディー・ガガさんの写真はピンナップポスターとして部屋に飾ったりすることもできるようなのですが、何しろ身にまとっているのが真っ赤な生肉ですからね~。。。裸同然でナイスなプロポーションがバッチリ見れますが、部屋に飾る気になるかどうかは微妙かもしれません。VOGUEではレディー・ガガさんの特集を組み、VOGUEのオフィシャルサイトでも、ファッションについて語ったりしているそうですが、どうなんでしょうね。動物愛護団体が騒ぐのかと言えば、毛皮を着ているセレブは避難していても、今回のは避難しようがないようで(笑)、弱腰のようです。レディー・ガガさんの感受性は、一般人の大半の人には理解しにくい気がしますが、それでも彼女がトップに君臨するのは、不思議な魅力にあふれているからでしょうね~。レディー・ガガさんがブサイクだったら、みんな「変な人」で終わらせていたかもしれませんよね!

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル セ・リーグ開幕

新聞に載っていた記事なのですが、文部科学相が3月18日の閣議後会見で、日本プロ野球組織がセ・リーグの
開幕を3月25日に決定したことに対して「それぞれの判断にゆだねる話だが、この状況の中でのナイター実施
に国民の理解が得られるか難しい」と述べました。
ナイター自粛などの措置をとる必要があるのでは・・・という見解を示したのです。
セ・リーグの開幕が決定したことに対しては、様々な意見があると思います。
「こんな状況だからこそ、開幕すべき」という人もいるでしょうし「こんな状況でどうして野球ができる」という人も
いるでしょう。
もちろんプロ野球選手にも様々な意見があったと思います。
被災された人たちはどう思っているでしょうか。被災していない人たちの意見も大切かもしれませんが、
まずは被災された人たちの意見が私は聞きたいと思っています。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルに登場
国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報

国際ジャーナル・月刊誌・国際通信社 必ず復興する

今、テレビで活躍しているお笑いコンビ「サンドウィッチマン」。
伊達みきおさんが3月13日に、自身のブログで震災に遭った人たちへ
エールを送ったのです。
伊達さんは、宮城県出身だそうです。そして仕事先の気仙沼で地震に
遭ったそうです。地震の状況も書かれているそうです。
そして、「必ず復興する。東北ナメるな!」とのコメントも・・・。
そうですね。今は、人の命を優先に考えるべきですが、必ず復興する
ということを心から祈っています。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポン
現代画報社

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 菅首相が福島県入り

3月11日に大きな地震が発生しました。
多くの人が大変大きな被害に遭ったとのことで、本当に心が痛みます。
翌日の3月12日、菅首相が福島県に向かったとの報道が朝のテレビで
報道されました。
かなり早い行動に、私は大変驚きました。
首相が足を運んで現場の状況を見た以上、とにかく一刻も早い救助、
そして必要な物資の準備、人材の確保など、とにかく人の命を第一に
対応していただきたいですね。
今、多くの人が困っています。大変な日々を送っています。
とにかく早急な対応を・・・と願うばかりです。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル ある会社のCM

3月11日に東日本大震災が起きてから、テレビではまず
最新の情報が報道されます。避難生活の状況や物資の状況、
医療関係の状況など、内容は様々です。
「震災」に関する記事は、以前に国際通信社から発行されている
雑誌にも載っていたように記憶しています。
震災が起きてからテレビCMは、ある限られた会社のCMが
放送されています。これについては、様々な意見があるようです。
良い意見もあれば悪い意見もあるのですが、子供がつい口ずさむ
ようなアニメを取り入れたCMも放送されています。
子供たちにも大切な事を伝えるCMです。
私は、毎日のように子供に歌わされている状況ですが・・・。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
経済情報誌 報道ニッポン 2008年12月号のご案内 | 報道通信社
tigers.ebb.jp

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 「いただきます」を言わない

またもや許せないと思ったニュースが新聞に載っていました。
それは、内縁の妻の3歳になる長男に暴行を加えて大怪我をさせたとして、
大阪府警は1月11日に、26歳の無職男性を傷害容疑で逮捕したそうです。

男性容疑者は「しつけのつもりだった」と容疑を認めているということです。
この男性容疑者は、昨年7月3日頃に自宅で、当時2歳だった内縁の妻の長男が
食事前に大きな声で「いただきます」と言わなかったことに激高したそうです。
回し蹴りするなどして、両足の骨を折るなど入院74日間の重傷を負わせたと
いう疑いなのです。

なんとひどい話なのでしょうか。「虐待」に関するニュースというのは本当に
途絶えることがありません。ニュースを耳にするたびに悲しい思いがします。
「大人なのに、親なのにどうして感情を子供に押し付けるのか」と思います。
「虐待」に関しては、以前に雑誌「現代画報」にも載っていたように思うのですが、
雑誌が取り上げるほど、大きな問題となっているのです。
「しつけ」と思っていても、子供からすれば心に傷がついている場合もあるのです。
親として、しつけの度合いを考えられてはどうでしょうか。
子供は、感情を押し付ける相手ではありません。
親としての立場をもっとしっかり考えてほしいと思うのですが・・・。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社
現代画報

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 菅再改造内閣が発足

テレビや新聞でも取り上げられましたが、1月14日に菅再改造内閣が発足しました。
夕方には皇居での認証式を経たそうです。
17人の閣僚の内訳は、新任4人、横滑り2人、留任11人だということです。

この速報は、テレビで報道されました。
様々な意見があるかもしれません。中には厳しい意見も多いでしょう。
以前に雑誌「現代画報」にも載っていた「政権交代」。この政権交代は、国民の期待
が込められたものだったでしょう。
今ではテレビや新聞でも、また国民の街頭インタビューでも厳しい意見が出るだけで
なかなか良いコメントや声が聞こえてこなくなってしまいました。
それは非常に残念であり、悲しいことでもあるように私は思うのです。
何がきっかけでそうなってしまったのでしょうか。

今回、改造内閣が発足したということで、今後のこの国がどのように変わるのか、
国民の生活が少しでも明るい方向に向かうのか、気になるところだと思っています。
まだまだ国民の多くは、厳しい生活を送っています。贅沢をするのではなく、人間
としての普通の生活がしたい・・・と思っている人はどれくらいいるでしょうか。
どうか、未来が明るく、国民の生活を守るような国にしてもらいたい・・・
私は強く願っています。決して、間違った方向には行かないように・・・。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社
現代画報社

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル ある会社のCM

3月11日に東日本大震災が起きてから、テレビではまず
最新の情報が報道されます。避難生活の状況や物資の状況、
医療関係の状況など、内容は様々です。
「震災」に関する記事は、以前に国際通信社から発行されている
雑誌にも載っていたように記憶しています。
震災が起きてからテレビCMは、ある限られた会社のCMが
放送されています。これについては、様々な意見があるようです。
良い意見もあれば悪い意見もあるのですが、子供がつい口ずさむ
ようなアニメを取り入れたCMも放送されています。
子供たちにも大切な事を伝えるCMです。
私は、毎日のように子供に歌わされている状況ですが・・・。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊・国際ジャーナル 女性限定のマラソン大会

新聞に載っていた記事なのですが、今、ランニングブームが高まっているようです。
国際通信社から発行されている雑誌に「健康」に関する記事が様々な内容で載って
いるように思うのですが、「健康のために」と思ってランニングをしている人も
多いのではないでしょうか。

このランニングブームが高まる中、今年は一般女性が参加できる様々な大会や
イベントが予定されているそうなのです。いずれも更衣室や記念品を女性向けに
工夫するなど、女性の視点を大切にしているというのが特徴のようです。

ある地域で予定されているマラソン大会ではコース内にブティックなどが多く、
女性ランナーが近年増えていることを受けて企画したそうです。実行委員会は
「更衣室やゴール後のサービスなど、女性が快適に楽しめるよう工夫したい」と
新聞取材で話していました。おしゃれな女性ランナーが集まることで、ファッションや
健康、そして自然など街の魅力をアピールするという狙いもあるようです。

また、女性ランナーが中心となって女性限定のランニングイベントを企画している
地域もあるようです。記念品にはオリジナルのタオルやシューズケースなどを用意
して、ファッションショーなども合わせて開催するようです。

女性中心に企画されると、男性ランナーの立場は・・・と考える人も多いかも
しれません。それはそれで企画を考えてくれていると思うのですが・・・。
確かに、私の住んでいる地域でも女性が朝走っているのを見かけます。
ウェアや帽子、そしてシューズなども女性の観点から見て買ったものなのでしょう。
男性ランナーも女性ランナーも健康のためにはとても良いことですね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 特別報道番組とバラエティ番組

東日本大震災が発生してから、毎日のように被災地の状況がテレビで放送
されています。普段、放送されている番組の放送を取りやめての放送です。
中には「被災地には子供たちもたくさんいる。娯楽の番組を放送することで
少しでも心が安らぐのでは」という意見も出ているそうですが、やはり
「こんな状況の中、バラエティ番組を放送するとは」という意見もあるようです。
ですが、先日から少しずつバラエティ番組が放送されるようになってきました。
私の考えは、バラエティ番組などを見て少しの時間でも笑って欲しい、明るい
雰囲気が出て欲しい・・・そういう思いです。
みなさんは、どう思われますか?


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
opem-press.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
現代画報との戦い

月刊・国際ジャーナル 小倉裕子、事務所を移籍。

タレントの真鍋かをりさんが、所属事務所と泥沼の訴訟対決を繰り広げていることをご存知の方も多いかと思いますが、今度はタレントの小倉裕子さんが、真鍋さんとおなじ所属事務所の「アヴィラ」に対して、去年の11月に契約終了を確認する通知書を送っていたことが1月19日に判明したそう。関係者の話では、小倉さんの移籍先もほぼ決まっているのだそうですが、アヴィラは看板タレントであった真鍋かをりさんにも小倉裕子さんにも辞められてしまったというわけです。一応小倉さんの場合は、小倉さんをタレントへと育ててくれた事務所に感謝しているそうですが、仕事の内容など、小倉本人への確認がなく勝手に進められることに対しておととしから不満に思っていたそうです。そして、去年の7月に起きた小倉さんがイメージキャラクターを務める焼き肉店「焼肉小倉優子」の訴訟トラブルも小倉さん本人は、テレビなどの報道で初めて知ったということで、不信感が募っていったようですね。それから、水着の上にエプロンをつけて撮影したグラビアが、なぜか水着を着ていないように修正されているなど、信じられない行為もあったのだとか。真鍋さんのような騒動は嫌だそうで、トラブルを避けたい一心で今年結婚を機に芸能界引退も考えたようですが、続けたほうがいいという周囲の説得で、通知書としたようです。どうなるのでしょうねえ。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 検察の信頼を取り戻すためにどうすればいいか



最近、検察の事件として大いに話題になっている、厚 生労働省の文書偽造事件
ですが、大阪地検特捜部の証拠改ざんについて、逮捕された主任検事の犯行を、
組織的に隠蔽(いんぺい)しようとした疑 いがかなり濃厚になっています。こ
れはまったく検察の信頼を地に落とすものだと思います。最高検は、犯人隠避の
疑いで主任検事の当時の上司 だった前特捜部長と前副部長を逮捕しました。こ
れからの捜査の行方が気になるところです。国際ジャーナルでも、これからの日
本の検察の在り方 について、早急に提言を行って欲しいところです。今回の容
疑ですが、証拠として押収したフロッピーディスクの最終更新日時を故意に書き
換えた というものですが、さらに、主任検事がうその報告をしていたという疑
いになっています。当人達は否認しているそうですが、組織的な改ざんへの 関
与があったとすれば、本当にひどい話です。実際のところはどうだったのか、徹
底的に洗い出して欲しいものです。今回の事件の原因は何でしょ うか。組織の
防衛や自分たちの保身を優先した事なんでしょうか。検察は強大な権力を持って
いますから、これからはその権力を適切に運用するこ とを、厳重に行って欲し
いと思います。





国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社
怪しいものにきをつけろ!! okiの現代画報

月刊・国際ジャーナル 有名人の薬物による逮捕

2月25日の夜に、逮捕状が出ていたタレントの小向美奈子さんを覚せい剤取締法
違反の疑いで逮捕したと、新聞記事に載っていました。
1月下旬にフィリピンに出国していたそうなのですが、2月25日にマニラから
成田空港に帰国して、その後に逮捕されたそうです。
今後、どのような状況になるのでしょうか。
以前、雑誌「現代画報」にも「薬物」に関する記事が載っていたのですが、
芸能人の薬物による逮捕、テレビや新聞では報道されていないかもしれませんが
一般人による薬物の逮捕。簡単に手に入る世の中。
いったい、どうなっているのでしょうか。
この世からなくならないものなのでしょうか。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル
国際通信社

月刊 捨て猫

テレビで取り上げられていたのですが、大阪府守口市にある花博記念公園に
1匹十数万円もする猫が約30匹も捨てられているのが見つかったそうです。
市民ボランティアのみなさんが保護したそうですが、まだ数匹の猫が公園に
取り残されているそうです。
テレビでの報道によると、捨てられていた猫たちはとても人なつっこいようです。
ですので、おそらく以前は人に世話をされていたのではないか・・・という話が
放送されていました。
国際通信社から発行されている雑誌にも「動物」に関する記事が載っていたと
思うのですが、命ある生き物をどうして簡単に捨てることができるのでしょうか。
人間の勝手で無責任な行動をおこしてはならないと思います。
それは当たり前のことなのですが、理解できていない人も多いようです。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 細貝萌結婚

サッカー好きな方は、日本代表選手の細貝萌選手もご存知ですよね?その細貝萌選手が結婚されました!お相手は、中村明花さんというファッションモデルの女性です。かわいい顔立ちの中村明花さんに、細貝選手もコロッときちゃったのではないでしょうか?お二人に子供さんたちが産まれたら、なんだか将来有望そうですよね~!モデルとサッカー選手の子供かあ、サラブレッドだ!結婚することで、細貝選手も落ち着いてサッカーに取り組めるようになるのでは?

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道ニッポンを求めて
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内

月刊 小児用肺炎球菌ワクチン

新聞に載っていた記事なのですが、小児用肺炎球菌ワクチンなどの予防接種を
受けた兵庫県の幼児2人が亡くなったそうです。この問題で、2人が接種をした
ワクチンの製造番号がいずれも同じだったということが、3月4日に分かったと
いうことです。厚生労働省は死亡と接種の因果関係について調査を始めたそうです。
以前、雑誌「現代画報」でも「ワクチン」に関する記事が載っていたように思うの
ですが、病気を予防しようと親は判断をして接種をさせるのですが、そのワクチン
が、もし原因だとしたら非常につらい話ですね。
親の気持ち、今はどのような状況でしょうか。
きちんと調査し、多くの人が納得いく説明がほしいですね。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
国際ジャーナル

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 公演用のトラックを災害対策用に

東日本大震災で、多くの人が被災しました。
そして、芸能界やスポーツ界でも様々な活動が行われているそうです。
芸能人やスポーツ選手というのは、多くの人に名前が知られていますから
そのような人たちが活動することで、多くの人が協力しやすいのかもしれません。
その中でもジャニーズ事務所が、所属グループやタレントが3月中に開催予定
だった国内ライブ公演を全て自粛するとともに、ライブ用の輸送トラックと
電源車両を災害対策用として被災地に無償で貸し出す方針を明らかにした
そうです。
ライブ用の輸送トラックは、きっとかなり大きなものなのでしょう。
多くの物資を運び、多くの人を救って欲しいですね。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道国際通信社の取材
国際ジャーナルを求めて 国際通信社

ビジネス月刊誌は国際ジャーナル その先にある闇

報道ニッポン1月号の時事特集は「消費者金融業界の行方」です。大きな変革を迫られているという消費者金融業界。業界最大手の武富士が民事再生を申請したことからも、これまで通りでは経営が立ち行かなくなっていることが窺えると言います。消費者金融業界の景気が悪くなっている理由の一つは、昨年6月から施行された改正貸金業法です。借り入れ総額が年収の1/3を上限とする、一定額以上の借り入れには年収保証が必要になる、専業主婦(夫)が借り入れする場合は配偶者の同意が必要になる、個人事業主は決算書などの書類が必要になる、個人の信用情報の登録が必要になる、新たな借り入れの金利は20%以下にすること。この新しいルールは要するに「多重債務者を作らないようにする」ための水際策、予防策というべきものです。これだけハードルを上がれば、借りられる人そのものの数が減りますよね。確かに、借金をしないに越したことはないのですが、どうしても必要な人は居るはずです。消費者金融で借りられなくなった人が最後に行きつく先は・・闇金融です。闇金融の場合、ルールなんてあってないようなものですから幾らでも貸す、その代わり・・睛・發匹鵑匹鶲Ⅹ紊欧襦△・覆蠕Ⅷ舛・④い任靴腓Α・暖饉垓睛散罰Δ猟稾造楼廼睛擦糧棒垢坊劼・辰討い泙后7抻,療θ・・匹海泙覇呂・里・・F颪靴い箸海蹐任后・・・・・
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
国際ジャーナル

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 地震のことを理解してほしい

3月11日に大きな地震が発生してから時間が経っています。
が、まだ行方不明の人は多く、そして余震や津波も続いています。
そのたびに、テレビでは速報が流れます。
その音で、最近は私の子供たちがたいへん怖がっているのです。
泣きながら私にしがみついてくるのです。
ですが、今回の地震は他人事ではありません。私の子供と同じ年齢の子供たち
が今回の地震を経験しているのです。
ですから、地震の恐ろしさ。そして被害に遭った人たちが今、どのような日々
を送っているかということを少しずつではありますが、説明しています。
まだまだきちんと理解できる年齢ではないのですが、いずれ理解できるように
なってもらいたいですね。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
iceland.bex.jp
bis-press.net|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 芸能人からも義援金を呼びかけ

新聞に載っていた記事なのですが、今回発生した東日本の大震災で、
義援金を呼びかける輪が、芸能界からも広がっているそうです。
人気高い女優さんは、舞台公演を行っているそうですが、劇場ロビーに
募金箱を設置して自らの声で協力を求めているそうです。
有名シンガーソングライターの男性の場合は、チャリティーサイトを設置
して、支援拡大を訴えているということです。
1人1人の少しの気持ちが、大きなものになるはずです。
私も、できることをさせていただいています。
今回の地震は、決して他人事ではありません。今回は被害に遭わなかった人も
いつ自分の身に降りかかるかわかりません。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル 国際通信社発刊
あゆみの取材で・・報道通信社

国際ジャーナル月刊誌国際通信社 結婚詐欺

「婚活」。 もちろん、結婚活動のことですが、婚活にいそしみ、実を結んだ
人、うまくいかなかった人、悲喜こもごもだったことでしょう。

 しかし、婚活どころか、悲劇に終わったニュースもありました。

 2009年に起こった、付き合った男性がすべて変死してしまうという女性。

 この彼女、「結婚詐欺」で逮捕されましたが、新聞や週刊誌をずいぶん賑わし
ましたね。しかも一件だけでなく、似たような事件が2件もありました。

 そのうちの一件、最後の詐欺被害者と思われる男性の自宅からすべて火災報知
機が取り外されていたという報道もありましたね。
 結局あの一連の話、どうおちついたのでしょうか。

 もう閉鎖されてしまったなかなか見ることはできませんが、この女性、ブログ
でとてもゴージャスな生活を公開していました。その資金はやはり、詐欺だった
のでしょうか?
 私も少し見ましたが、アップされている画像の贅沢さ、溜息が出ました。
 
 被害にあって亡くなったと思われる、プラモデル作りのカリスマと言われる男
性のブログに「婚活中」という文字が躍っていたのが、悲しいですね。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社

# 月刊・国際ジャーナル 選択的夫婦別姓

報道ニッポンに、「選択的夫婦別姓」についての記事が出ていました。

選択的夫婦別姓とは、結婚後も希望すれば夫婦が互いの旧姓を名乗れるという制度です。

ある調査によりますと、当制度に「とても賛成」または「どちらかというと賛成」とした人の割合は全体で55.3%で、
そのうち女性は「賛成派」が62.5%で、男性の49.6%を大きく上回ったとの報告があります。
また、未婚者では賛成派が58.4%に上ったのに対し、既婚者の賛成派は50.5%で、
結婚していない人の方が選択的夫婦別姓への支持率が高かったそうです。

結婚により改姓を経験した女性の立場からいうと、
改姓事態はいいのですがそれに伴う諸手続きが大変面倒でした。
また名前が変わることに自分の両親との絆が途切れてしまうような寂しさを感じ、
また同時に、夫の新しい家族の一員に仲間入りできた喜びも感じ、
複雑な気持ちでした。

どちらにしても、選択肢が増えることはいいことだと思いますし、
今後は夫婦別姓をより受け入れる体制を整えていく必要があるのではないかと思います。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
報道通信社

月刊・国際ジャーナル 中山秀征、日曜朝番組の司会に決定

なんだか最近、タレントの中山秀征さんがみのもんたさん化しているような気がするのは、気のせいでしょうか?!中山さん、今年の4月からスタートする日本テレビ系の情報バラエティー番組「シューイチ」という番組の司会を務めることが明らかになったそうですよ。この番組は毎週日曜日に放送されるそうで、中山さんの顔を見ない日はなくなるのではというくらいの活躍ぶりですよね。ちなみに現在中山さんは、平日の昼間の情報番組「DON!」にも出ていますから、忙しくなりそうですね~。

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル
現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 新型ゲーム機が日本景気に貢献するか?

景気の先行きも不透明ですが、特別なメガネを使わずに立体(3D)映像が楽し
めるという、新しいタイプのゲーム機に人気が集まっています。これは 任天堂
の新しい携帯型ゲーム機です。多くの家電量販店などでは予約も一杯となり、販
売日には行列もできています。この新商品ですが、世界で累計1 億4千万台以
上を売った機種の後継機として期待されています。日本経済の回復にも貢献して
欲しいところです。ゲームファンならずとも、今後の売れ 行きなどについては
注目してみたいところです。
.



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
sportsnews.geo.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年12月号のご案内 | 報道通信社
フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。