スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌ザヒューマン 地方の力を如何にして集結されるか

大規模災害では政府の支援が不可欠になっています。東北関東大震災においての
復旧、復興をどのように進めるかがカギとなるでしょう。あくまでも住 民が主
体となって復興は進めていきますが、その指揮をとるのは住民に選挙で選ばれた
首長になりますから、その役割は重要です。国から地方への権限 や財源の移譲
を早急に進める事によって、その点を改善してほしいと思います。いまこそ地方
の力を結集して危機に向かうときなのでしょう。



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマン 入社式の中止

東京電力が3月29日に、東日本巨大地震の発生以来、福島第一原発の事故対応や
計画停電の実施などに追われていることから、4月に行う予定だった入社式を中止
することを発表したそうです。新聞記事に載っていました。
東京電力では、地震への対応に加えて「被害の甚大さや社会的状況をかんがみた」と
説明しているそうです。入社式を行わないのは新聞記事によると1951年の設立
後初めてだということです。新入社員は、1077人だということです。
毎日テレビのニュース番組を見ていると、東京電力側の記者会見の様子が放送され
ています。色々と説明をされていますが、中にはよく分からないような専門用語も
使われているので、理解ができにくい会見もあります。
今後も原発の問題は取り上げられることだと思います。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社
報道ニッポン

ザヒューマン 子ども手当てについての論戦

子ども手当に所得制限を設けて支給対象を減らすという意見がでています。これ
は総額を圧縮する内容になりそうです。浮いた予算をどうするかが焦点 となり
そうです。保育所増設などに回るかもしれません。一般会計総額92兆円のうち
約38兆円分の赤字国債発行を認める内容になっている予算です が、これで大
丈夫でしょうか。野党側は借金を増やすだけだと批判していますが、これからの
財政再建に対する、日本の長期戦略が必要な時になってい ます。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ
報道国際通信社の取材

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 安眠への長い道のり

三十路も半ばを過ぎてくると、いろんなところに無理がきかなくなってきます。ちょっと睡眠時間が不足すると、肌も昼間の体力も集中力もすぐにボロが出ます。ちょっと食べ過ぎるとすぐに脂肪がついて、なかなか元に戻せません(泣)。なんかね、そうなると自分を物に合わせるよりも、自分に合った物を探し出すんですよね。妥協するようになった、と言えばそれまでなんですが。でも、若い頃は似合う似合わないに関係なく流行を追いかけなくちゃいけないという強迫観念が常にあって、決して流行に敏感だったわけではなく、強迫観念だけが一人歩きしていたような感じ。「遅れる」ことへの不安がもや~と心のどこかに存在していたと思います。今はそういう強迫観念から少しずつ解放されつつあって、漸く鏡に映る自分と脳ミソで考えてる自分の姿が一致してきました。まあ 要するに現実を直視できるようになったってことか。
で、最近欲しいものの一つが枕です。枕こそ、自分を物に合わせてきた象徴みたいなもんです。今はいい枕があるんですよねえ。CMでピーターがマジ寝しそうになってたヤツとか、いわゆる低反発枕も色々出てます。現代画報でも記事が載ってました。自分に合った枕は健康への第一歩だって。オバサンはこういう文句に弱い。良い枕で安眠してみたい。でも、今は子供と一緒に寝ているので、枕は4人で争奪戦になります。4つあるはずなのに、気がつけば寝相の悪い子供たちは寝ぼけ状態で親の枕を取りにくるのです。。そしてヤツらはとんでもない石頭の持ち主なので、頭突きで来られた日には・・負けます。まずは寝室を分けるところからか。。安眠への道は遠い。。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
国際ジャーナル
フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。