スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社 駅前でキャンペーン

先日の5月8日は「母の日」でした。みなさんのお母さんに日ごろの感謝の気持ちを
込めてプレゼントを贈った、という人も多いのではないでしょうか。
この「母の日」に、乳がん患者会の「あけぼの大阪」が大阪市内のJR大阪駅前で
乳がんの早期発見。治療を呼びかけるキャンペーンを行ったそうです。
この様子が新聞に載っていました。
会員や医療関係者など35人が街頭に立って「お母さん、乳がんで死なないで」と
記されたティッシュ1500個を手渡したということです。
テレビでも乳がんに関する報道がされています。定期健診などを受けるのも大切かも
しれませんね。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルを求めて
国際通信社.com|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報

国際通信社より マシンを捨てよ外に出よ

健康ブーム。日本はいつでも年がら年中健康ブームにあります。長寿大国の秘密は、もしかしたら日本人の「健康的なもの」という言葉に弱いところにあるかもしれません。少々不味かろうが苦かろうが、「身体に良い」「良薬口に苦し」で取り入れちゃいますから。でもまあ以前のように「不味い!もう一杯!」の「ああ それだけ不味いってことは身体に良いのね」という心理を突いたCMは姿を消して、最近では「飲みやすい」「これなら続けられる」なんて緩い感想にグラッと来て、みんな買うんですけどね。
国際通信社のwebサイト異業種ネットに屋外型フィットネスについての記事が出てましたが、ジム通いではなく、近所をジョギングする方に人の流れが出てきているのは良いことだなと思います。これまでは、健康ブームが底辺に流れていても、こっそりジムに通って鍛える人の方がおしゃれだしご近所の手前恥ずかしくないという暗黙の空気がありましたが、近年のジョギングブームはおおっぴらな屋外フィットネスを「カッコイイ」に進化させました。スポーツ用品業界はこれでもかとスタイリッシュなシューズにウェアにキャップにウェストバックなどなどを売りまくってますよね。ウォーキング、ジョギングブームによる経済効果はバカにできないような気がします。
でも記事にもありますが、屋外でのフィットネスは地域交流や環境保全への取り組みを自発的にもたらす効果があるのではないでしょうか。マシンと向き合って走るより、自然の風を感じながら走る方が、やっぱりどう見ても健康的ですよね。





国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報

報道通信社 ママ鉄が増えています

「ママ鉄」が増える中、子連れではカメラを抱えた熱いマニアが殺到するホームなどに並ぶとい
うのは非常に大変です。そんなママ鉄たちの参考書が、昨年7月に出版されたのだそうです。
その参考書を見て、子供だけではなくお母さんも楽しめるようになっているようです。

子供と同じ趣味を持つというのは、とても良いことなのではないかと私は思います。子供だけが
楽しむのではなく、親子一緒に1つのことを楽しむというのは親子のコミュニケーションをとる
のに良い方法だと思います。子供も、ママと一緒に楽しめるということは嬉しいはずですよ。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
世界規模で禁煙の動き 国際通信社|国際ジャーナル
国際進のジャーナル

国際通信社の国際ジャーナルとは 若い人の意見

今や、市長や知事は若い人が就任されているように思います。人によっては「若いのに大丈夫
なのか」「経験不足なのでは」と厳しい意見を持っている人もいるかもしれません。
だからといって、年齢を重ねた人が就任してきちんとしたことができるのかというと、これも
また疑問なのではないかと私は思います。そのような人の考えも大切だとは思いますが、若い
人の意見も大切な時があるのかもしれません。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポン 好きな雑誌/報道通信社
国際ジャーナルに登場

報道通信社とは 老々介護

以前、雑誌「現代画報」でも取り上げられていた「介護」についてですが、
今では珍しくはない「老々介護」。介護を楽しんでされている人、また大変な思いをされている
人、様々だと思います。介護する側一人で背負うのではなく、周りの協力を得ながら生活をして
いくのが、良い方法かもしれません。今回の男性は、資格を取得されました。妻への介護に大変
前向きな考えをお持ちなのだと思います。とても奥様に対する深い愛情を感じる記事なのですが、
体には十分気をつけていただき、無理をなさらないでいただきたいと思いました。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報 紀行
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々

国際ジャーナル・報道ニッポン 話題にならないのはなぜ?福島の巨額核燃料税収

福島県が2011年度当初予算で核燃料税、44億7000万円

計上していたそうです。



けれども、福島第1原発と第2原発を含めた、原子炉の

10基全て停止したため、条例で定めていた核燃料税2011年度

税収について、2月定期検査分の約8億円を除に留まってしまい、

福島県が頭を抱えていると・・・

この確保できた8億円は、震災前の2月に第2原発4号機の

定期検査が行われた分だそうです。



福島県は44億ものお金を、いったい何に使っていたのでしょうか?

福島県は原発の事故を想定し、蓄えをしていなかったんでしょうか?



ちなみに、納税事務社は東京電力です。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポン
現代画報社

報道通信社とは チベット新首相と中国の対応

チベット亡命政府の新首相に、アメリカハーバード大上級研究員のロブサン・サ
ンガイ氏が当選した模様です。今後のチベットはどのように進んでいく のか気
になるところです。チベット人を政治・宗教両面で率いてきたダライ・ラマ14
世の没後を見据えて、チベットにおける変革期のかじ取りを担う ことになるの
かもしれません。これに対して、中国の反応はどのようなものでしょうか。今後
のチベットと中国の状況については注目していく必要があ りそうです。





国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル 国際通信社発刊
あゆみの取材で・・報道通信社

報道通信社とは 仮設住宅の建設状況について

岩手県釜石市では、市内で設置を予定している仮設住宅2010戸の応募状況を
初めて公表しています。ニュースによると応募者総数は3254人で平 均倍率
は1.6倍となっていましたが、28地区のうち3地区230戸で応募者数が戸
数を下回る定員割れの状況です。仮設住宅のある場所が、生活の 上で不便な場
所にあるというのが理由の様です。復興に向けて仮設住宅の建設が進んでいます
が、なかなか難しいところが、今後もありそうですね。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルで読み解く
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内

国際通信社の国際ジャーナル エネルギーの行方について書籍を読む

日本の原子力政策については、これからどのような方向性に進めばいいのでしょ
うか。いろいろと書籍なども読んでみましたが、難しい面もありそうで す。な
んといっても、原発のリスクと利益について、そのバランスを考える必要があり
そうです。これについては、国民として考えていくべきでしょ う。エネルギー
の資源が乏しいのが日本の現実ですから、新しいエネルギー源の開発と共に、電
力の消費を抑えていくということも、これからは必要で しょう。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルで掲載
ROD

ザ・ヒューマンで読む経済 電力会社天下りは50年で68人

過去50年の間に68人も天下りがあったと、経済産業省が発表しました。

このうちの13人については、現在も顧問や役員などの肩書で勤務しているそう。



このような天下り体制が、電力会社と監督官庁である経産省、緊密な関係が

原子力発電所の安全基準のチェックを甘くさせていると指摘する声もあります。



調査は経産省の元職員の中で、再就職先が常勤の役員か顧問だった人物を対象として
います。

常勤の役員か顧問ではない人もいたとしたら、ものすごい人数が天下りしていたかも
しれません。




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
ジャーナルライフ
press-blog.org | 現代画報 | 現代画報社

ザ・ヒューマンで読む経済 武富士、韓国A&Pが買収

元々、消費者金融からお金を借りたことはありませんが、きっと、どんなことがあっ
ても武富士からは

お金を借りないでしょう…



会社更生手続き中の消費者金融会社「武富士」が、韓国の消費者金融大手A&Pファ
イナンシャルと、

事業を引き継ぐ支援企業としての契約を結んだそうです。

日本の消費者金融が韓国企業に買収されたのは初めてで、買収金額は非公表ですが数
百億円とみられています。



A&Pは韓国内では、ラッシュ・アンド・キャッシュという名で事業を展開中。

グループの貸付金残高は、2兆800億ウォンで日本円にすると約1560億円。

武富士を買収したのを機に、日本の消費者金融に本格参入になるのでしょうね。





 


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルへの思い
国際ジャーナル 通信

ザ・ヒューマン 2力士を解雇

4月14日に、両国国技館で臨時理事会を開いて引退勧告に従わなかった
幕内力士、十両力士を解雇したそうです。
相撲協会によると、退職金は支給されるということです。
この2力士は八百長相撲を取ったとして4月11日に引退を勧告されていましたが、
特別調査委員会の調査手法などを批判した上で処分を不服として、期限までに
引退を届け出なかったということです。
まだまだ解決されない「八百長問題」。日本には多くの相撲ファンがいると思います。
そしてテレビで取り組みが放送されることを楽しみにしている人も多いでしょう。
1日も早く解決することを願っているのですが・・・。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル

報道通信社 2011年本屋大賞が決定

20代はガラスメーカーに勤務、30代はフリーター、そして2002年「密室の鍵貸し
ます」で

デビューをしたという、経歴を持つ東川篤哉氏の「謎解きはディナーのあとで」が見
事、

全国の書店員が選ぶ「2011年本屋大賞」の大賞に輝きました。



本屋大賞を受賞した小説の多くは、映画化されることが多いと思います。

この謎解きはディナーのあとで」も十分映画として楽しめる作品だと思いますので、
ぜひとも

映画化を実現して欲しいと願っています。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社
フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。