スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 報道通信社 国際通信社とは 一体改革の是非について考える

社会保障と税の一体改革を議論する必要性が高まっています。この問題を討議す
る集中検討会議ですが、複数の委員が、消費税率の引き上げは段階的に 行うの
が望ましいという報告をまとめているそうです。社会保障と税の一体改革の議論
は、これから社会保障の財源として消費税率の引き上げに向けた 検討に入る予
定です。税率を引き上げた場合の影響について有識者による議論が進んでいます
が、世論がどのように反応するかも注意するべきでしょ う。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
ROD
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年4月号のご案内 | 国際通信社
スポンサーサイト

月刊誌 報道通信社 現代画報 激痛エステ、流行中

ジンサコルギって、ご存知ですか?今韓国でも、そして日本でも話題になっているエステだそうですが、なんでも小顔に慣れるとかで女子から支持されているらしいです。ただしこのジンサコルギ、かなーり痛いエステだそうで、やっぱり簡単には小顔になれないということ?この間みたテレビのリポーターの女の子は、あまりの痛さに本気で泣いていました!痛みに強い、小顔になりたい方はジンサコルギにトライしてみてはいかがでしょうか?

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社 国際ジャーナルとは ビンラディンの姪は美人モデル?!

ウサマ・ビンラディン容疑者の姪が、なんとアメリカで人気の美人モデルだってこと、知ってました?!なんでもビンラディン容疑者の姪は、シンガーソングライターやモデルとして活躍されているのだとかで、実際に画像を見てみるとかなりの妖艶な美人!血は近くないようですが、エキゾティックな美人を見てみたい人は要チェックです。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン

電話で取材 国際ジャーナル インフルエンザ治療薬タミフル

インフルエンザに関する記事が、以前に雑誌「現代画報」にも載っていたように
思うのですが、インフルエンザに感染した際に病院から処方されるのが「タミフル」
などではないかと思います。
このタミフルが、幼いサルの脳に取り込まれやすいことを神戸にある理化学研究所と
東京にある大学のチームが実験で明らかにしたそうです。
人に近いサルでも確認されたということで、子供への投与のあり方をめぐって議論
を呼ぶ可能性があるということが新聞に書かれていました。
自分の子供がインフルエンザに感染した際、タミフルを飲ませた後の様子を寝ずに
見守っているという知人を何人も知っています。
テレビや新聞でも大きく報道されていたので、心配な気持ちは本当によく分かります。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
nyao.weblog.am
現代画報 ベッドからの取材 現代画報社

ザヒューマンのテレビ取材 可愛い飛行機、ピーチ!

ANAなどが設立して、関空を本拠としているLCCと呼ばれる格安航空会社「A&Fアビエーション」。こちらの社長である井上慎一社長が5月24日に、大阪で記者会見し、この会社のブランド名は桃の英語名である「Peach」にすると発表したそうです。かわいいんでね?この名前は機体などに使用するそうですが、なんでPeachかというと、「アジア発祥の果物で若々しさや幸せなどの前向きな言葉を連想させ、ブランド名にふさわしいと判断した」からだそう。深い赤と桃色の中間色である「フーシア色」の飛行機、女子に人気がでそう~!

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済情報誌 報道ニッポン 2009年6月号のご案内
国際ジャーナルへの思い

国際通信社 報道通信社 報道ニッポンとは 扇風機の使用に注意

「節電対策」がテレビや新聞で報道される中、扇風機が話題になっています。
消費電力がエアコンの半分になると政府も使用を勧めているのです。
今まではエアコンで夏を過ごしてきたのを、久しぶりに扇風機を出す・・・という
家庭もあるかと思います。
ただ新聞記事に載っていたのですが、老朽化した製品はモーターなどの部品が劣化
してしまっているようで、異常な発熱や火災を起こしやすいそうです。
2009年度までの5年間に157件の事故が発生しているそうなのです。
スイッチを入れてもすぐに動かなかったり、焦げ臭かったりしたら使用しないようにと
呼びかけているそうです。一度、家庭の扇風機を確認する必要がありそうですね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報 料金と価値 現代画報社
国際ジャーナル批評

太陽光発電 国際ジャーナル 電力 モンゴル国会議員選挙に出馬

新聞に載っていた記事なのですが、大相撲の元横綱、朝青龍が5月12日に
静岡県庁に知事を訪ねたということです。
来年予定されているモンゴルの国会議員選挙に出馬すると話したそうなのです。
知事は「頑張ってほしい」とエールを送ったそうです。
一時期、テレビや新聞で引退後の朝青龍がどのような活動をするのかと注目を
集めていたように思います。
引退する際にも大変大きく騒がれていたと思います。
新聞記事によれば、国会議員としての活動を希望されているのでしょうか。
日本とモンゴルの国会議員の役割は異なるかもしれませんが、また注目を
集めるかもしれませんね。これは、あくまでも私の予想ですが・・・。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社
報道ニッポン

ビジネスマンの必須アイテム国際通信社の国際ジャーナル 市場の取組による安全性のアピール

放射能に対する心配が広がっていますが、築地市場の卸売り業者によって、今回
の震災や東京電力福島第一原子力発電所の事故で、価格が下がるなどの 影響が
出ている海産物や農産物の安全性をアピールしようという取組が行われていま
す。これはとても重要な動きではないかと思います。各地の海産物 や農産物が
販売されて、その安全性がアピールされています。マスコミを含めて、しっかり
とした情報がいまこそ求められていると感じます。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
じゃーなるの国際ブログ
現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン

節電対策 国際通信社 救出したペット、今後が課題

一時帰宅がはじまった、東京電力福島第1原発の半径20キロ圏内警戒区域に残され
た、

ペットの救出がはじまりました。



立ち入り禁止から約3週間ぶりに、福島県川内村で保護された犬や猫は、

福島市内の施設にいるそうですが、

避難所生活の飼い主への受け渡しは時間がかかるため、次々と保護されるであろう
ペット

達の管理が今後の課題になっていきそうです。



しかし保護しようにも、すでに野生化してしまっているペットもいるそうで、保護以
外にも

たくさんの課題がでてきそうな気がします。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社
国際ジャーナル

ビジネスシーンにザ・ヒューマン 長門裕之さんが亡くなる

テレビや新聞でも大きく取り上げられたのですが、俳優の長門裕之さんが
亡くなりました。77歳というまだまだこれからの年齢でした。
訃報を受けて、俳優の津川雅彦さんが長門さんの自宅前で会見を行ったのです。
津川さんは、長門さんの最期を看取ることができなかったのだそうです。
長門さんといえば、以前に奥様の南田洋子さんが認知症になり介護をしていた
時の様子が大きく取り上げられました。テレビでも特番で放送されていたのを
覚えています。その様子を見ていると、とても素敵な旦那様に見えました。
奥様がなくなってから1年半ほど経つそうです。
今頃は奥様と仲良く、そして楽しく過ごしているかもしれませんね。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社
lua.weblog.am

ビジネスに必須アイテム 国際ジャーナル AKB48が被災地でミニライブ

幅広い年齢層の人から注目を集めているのがAKB48だと思うのですが、
そのAKB48が5月22日、東日本大震災の被災地である岩手県大槌町で
ミニライブと握手会を開いたそうです。多くの避難住民が元気づけられたのでは
ないでしょうか。
会場周辺の避難所から集まった住民は約300人だったそうです。
そして、歌やトークで多くの人を励ましたそうです。
AKB48の被災地訪問は、今回が初めてだそうです。震災が発生してから、多くの
芸能人が訪問して被災されたみなさんを勇気付けている様子がテレビでも放送されて
いましたが、AKB48は初めてだというのは意外だと思いました。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
発刊が楽しみな報道通信社の報道ニッポンへの思い
国際ジャーナルで扱う詐欺問題

国際ジャーナルのビジネスパーソン 神奈川の茶葉から基準値上回る放射性セシウム検出

新茶の季節だというのに、悲しい出来事です。

神奈川県が南足柄市産の「足柄茶」生葉から、暫定基準値を上回る

放射性セシウムが検出されたと発表。

今年産の出荷自粛、そして自主回収を呼び掛けました。


放射性セシウムの検出が見つかったのは、南足柄市内で採取された

露地物の生葉。

1キログラムあたり、550ベクレルと570ベクレルが検出され、

食品衛生法上の1キログラムあたり500ベクレルという暫定規制値を

上回っていたそうです。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊国際ジャーナルの取材で 階段は良い健康器具

移動に階段を利用し、メタボリックシンドロームの予防や解消を目指す「階段を歩こう

キャンペーン」を広島県が始めたそうです。メタボリックシンドロームについては、以前
では雑誌「国際ジャーナル」でも取り上げられていたように思います。また、テレビや新聞
でも最近ではよく取り上げられるようになったように思います。

職員にできるだけ階段を歩くように呼びかけて、エレベーターの利用を抑えて経費を削減し、
地球温暖化対策にもつなげる「一石二鳥」のねらいで、県の健康増進室は市町や事業所にも
傘下を呼びかけているということです。

2008年度、県職員のうち、「肥満」と診断されたのは男性が24.9パーセント、女性が10.4
パーセントだったそうです。キャンペーン開始直前の出勤時間帯に県庁内で検査したところ、
正面玄関近くのエレベーター利用者は約100人、階段利用者は約200人という結果が出たとい
います。当面、このエレベーターの利用者を約50人に半減させるのが目標ということです。

例えば体重60キロの人が、1階から最上階の6階まで階段で上がった場合、約10キロカロリー
を消費できるそうです。キャンペーンが始まった3月に、県庁の階段に「ちょっとした運動習
慣がメタボを防ぐ」、「階段は無料で使える健康マシーン」などと書かれたステッカーが張ら
れているということです。このキャンペーンは9月上旬までの予定だそうですが、期間の延長
も検討するかもしれないようです。

会社の階段だけではなく、駅やスーパーなどでもエレベーターやエスカレーターが設置されて
るところが多いと思うのですが、今の自分の体調などを考えて利用するのはとても良いことか
もしれません。人間は健康が一番なのですから・・・。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル
国際通信社

月刊誌国際ジャーナル 各地の原発の安全確認が急務となっている

未曾有の地震と津波によって被害を受けた福島の原発ですが、日本各地の原発に
対する安全性の再確認が必要となっています。静岡県の浜岡原発につい ては、
菅首相の要請によって、津波への対策が完了するまでは運転を停止するという事
になりました。浜岡原発については、東海地震の危険性が再三指 摘されてお
り、この運転停止についての意見も色々とありますが、国民の安全という観点か
らは、菅首相の判断を評価するべきではないかと思います。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルに掲載
国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報

月刊国際ジャーナルの取材で 世界遺産、国内4カ所目に小笠原諸島

世界自然遺産に推薦していた小笠原諸島、候補地を審査するIUCNが登録を認める

内容の評価をまとめ、ユネスコの世界遺産委員会に勧告しました。

通常は勧告通り、登録が認められるケースが大半ですが、6月19日からパリで

開かれる同委員会の最終審査を経て登録される見通しだそう。



小笠原諸島は今まで他の陸地と繋がったことがなく、動植物が独自に進化し、

「東洋のガラパゴス」と呼ばれている場所。

登録が認められれば、国内の世界自然遺産は白神山地、屋久島、知床、それに次いで

4カ所目となります。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社
現代画報

報道ニッポンから取材? 避難の状況を一刻も改善してほしい

これまでの震災の動きを受けて、政府がいつ対策をだすのかという点が気になる
ところでしたが、最近、全閣僚による原子力災害対策本部を開ていま す。これ
によって、福島第一原発の事故による被災者の支援のための当面の取り組み方針
を出しています。支援策をまとめた工程表も決定されています から、これから
この方針に従って復興が行われると思います。避難を続けている住民のために
も、一刻も早い復興を実現して欲しいと、本当に思いま す。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルからの飛躍
weblog.cms.am

報道ニッポンの取材 ファミリーウォーク大阪城公園大会

家族でウォーキングに挑戦するという「ハウスファミリーウォーク大阪城公園大会」
が5月8日に、大阪市の大阪城公園とその周辺で開かれたそうです。
この大会には約3000人もの人が新緑や鳥のさえずりなどを楽しみながら歩いた
ということです。
ウォーキングを通じて食と健康の大切さを知ってもらおうと1997年から開催されて
いるのだそうです。そして大阪大会は今回で4回目だということです。
新聞にウォーキングを楽しんでいる家族の写真が載っていましたが、とても心地よさそうで、「疲れた」や「しんどい」というよりも本当に楽しんでいるといった印象にも
見えました。
家族で会話をしながら歩くというのも素晴らしいことではないでしょうか。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社
現代画報

ザヒューマン・バンド 児玉清さんの追悼番組

5月16日に胃がんで亡くなった俳優の児玉清さんが36年間もの間、司会を
勤めた「パネルクイズ アタック25」。5月22日に追悼番組として放送される
ということなのです。おなじみのスタジオで収録を行うそうですが、解答者や観客
はは入れないそうです。過去の名場面や懐かしい映像、追悼コメントなどで構成
されるということです。
36年もの間、ひとつのクイズ番組の司会を務めていたというのは、本当に驚き
ですし、素晴らしいことではないかと素人ながらに私は思っています。
あまりにも急な訃報で、多くの人が戸惑っているかもしれません。
心からご冥福をお祈りいたします。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社の取材で・・
報道通信社.com | 報道ニッポン | 国際通信社グループ (国際ジャーナル 現代画報)

月刊 国際ジャーナルで 新東電社長にが決定、そして赤字1・5兆

東京電力の清水正孝社長が原発事故の責任を取り辞任後、後任には

築舘勝利常任監査役が充たるようです。



2011年3月期連結決算では、東日本大震災による福島第一原子力

発電所の事故などで、税引き後利益が東電として過去最大となる、

1・5兆円規模の赤字となることがわかりました。



巨額の赤字となった決算、資産売却などのリストラ策を20日の午後に

発表するようですが、まだ国民が納得できる、十分なリストラとはいえ

ません。

それにまだ保養所を手放していなかったのですか・・・対応が遅すぎます。




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポンへの思い
現代画報 | 現代画報社 | 取材記者という職業

月刊誌現代画報から 斎藤投手が全治2~3週間

テレビや新聞でも大きく報道されていたのですが、プロ野球の日本ハムのドラフト1位で入団した斎藤佑樹投手が5月9日に、
札幌市内の病院で左脇腹のMRI検査を受けたのだそうです。そこで「左内腹斜筋の筋挫傷」で全治2~3週間と診断されたということです。
多くの人が驚いたことだと思います。やはり日々注目されている人ですから、報道も大きく取り上げられているのではないでしょうか。
1日も早く回復して、また大勢のファンの人の前ですばらしい活躍をしていただきたいですね。
まずは、怪我を治すことを考えていただきたいと思います。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊誌国際ジャーナルの国際通信社 日本人の仕事に対する考え方

休日の時間があるときなどは、国際ジャーナルなどを読んで勉強するようにして
いますが、その他には趣味の時間などをとってリラックスすることに心がけてい
る今日この頃です。最近感じることですが、日本の社会は仕事を休んで遊ぶこと
をあまりいいことではないと考えているところがあるのではないかと思います。
例えば、祝日を休日にしていない企業があるような点はどうなんでしょうか。海
外の事情はどうなんでしょうか。イタリアの1人当たりGDPは日本とほぼ同じ
です。経済的には格差がないと言えます。しかし、暑い夏は、バカンスにでかけ
てしまって、ほとんど仕事をしないそうです。これはどう考えればいいのでしょ
うか。人生にとって大事な事は何かと、考えてみる必要があるのかもしれません
ね。日本全体の活力にとって、また、経済活性化にとって、しっかり遊ぶことは
実は大切なことなのかもしれません。もちろん、どれだけの時間を仕事に費やす
かは大切ですしかしその仕事だけにとらわれてしまっては、生きている意味がな
いとも言えます。海外へ出張する時、空港や飛行機の中で必死に仕事をしている
人を見かける事もありますが、これからの日本人の生き方を見直してもいいのか
もしれません。







大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社
報道通信社

報道通信社の報道ニッポン ライター火災

ライターによる火災事故は2004年4月から2009年3月までに132件発生
しているということです。死亡事故が1件、重傷事故が9件のほかに、車が全焼する事故も3件
起きました。製品の欠陥による発火も26件あったということです。

このうち、不適切な取り扱いが原因の火災は83件あったといいます。目立つのは使用後にすぐ
ライターをポケットにしまい、残り火で発火したケースで38件あったそうです。また、車の床
に落ちたライターの着荷ボタンが伝道シートを動かした際に押されたり、引き出しの中で開閉
の際にボタンが押されたりするなど、意図しない発火が16件、ガス漏れや炎の高さ調節などを
誤ってやけどをするケースが29件に上っているということです。

ライターは、喫煙する人は必ず持っている物だと思います。よっぽど自分の使い方が悪くなく、
普通に使用していれば問題ない・・・と思っている人が多いのではないかと思います。もちろ
ん私もそのうちの一人なのですが、まさか残り火で発火するとは思ってもいませんでした。
ライターは便利なものだと思いますが、安易に使用するというのは、実は恐ろしいものなので
すね。




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナルから 世界遺産、国内4カ所目に小笠原諸島

世界自然遺産に推薦していた小笠原諸島、候補地を審査するIUCNが登録を認める

内容の評価をまとめ、ユネスコの世界遺産委員会に勧告しました。

通常は勧告通り、登録が認められるケースが大半ですが、6月19日からパリで

開かれる同委員会の最終審査を経て登録される見通しだそう。



小笠原諸島は今まで他の陸地と繋がったことがなく、動植物が独自に進化し、

「東洋のガラパゴス」と呼ばれている場所。

登録が認められれば、国内の世界自然遺産は白神山地、屋久島、知床、それに次いで

4カ所目となります。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社
seoseo.geo.jp

ザヒューマンにて ビールを飲みたい

雑誌「現代画報」でも取り上げられていた「不景気」。まだまだこの状況から抜け出すことが
できないように思います。この不景気の影響を受けて、財布の紐が固くなっている家庭が多い
でしょう。本来であれば「ビールを飲みたい」と思う人がいるかもしれませんが、ここは価格
の安いもので・・・と考えている人の話を私はよく聞きます。
ちなみに、我が家でも「第3のビール」が冷蔵庫に置いてあります。
禁煙する人が増えていると、先日のテレビ番組で取り上げられていたのですが、煙草をやめて
も、アルコールは飲みたいという人は多いのではないでしょうか。今、家ではビールが飲めない
お父さん。今しばらく、奥様の意見を聞いてあげてください。




ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報
報道通信社

国際通信社の国際ジャーナルとは 青色の灯が街を守る

現代画報に「青色の灯が街を守る!?」という記事が載っていて、そう言えば我が家の周辺の街灯は青いけど・・もしかして防犯と関係があるのかな?と思って、調べてみました。イギリス北部の都市グラスゴー中心部のブキャナン通りという商店街で、景観を良くするためにオレンジ色の街灯を青色に変えたところ、犯罪が激減したそうです。他に要因は無く、青色が犯罪抑止効果があることが分かりました。この現象に対し、日本でも青色電灯へ移行する都道府県が増えて、我が街も採用したのでしょう。2~3年くらい前から変わったと思います。クリスマスの頃だったので、演出なのかなとボンヤリ思ってましたが違ったのね(遅)。
でも色だけで犯罪が激減?ちょっとビックリする話です。暗いと、波長の短い青色の電灯は遠くまで光が見えやすい、つまり人通りが少ないところでも人が歩いているのが目立つ、目立つということは犯罪者にとってはやりにくいですよね。それに、青色は気持ちを落ち着かせる効果があり、実際に、青色を見ることで血圧が下がったり脈拍がゆっくりになるそうです。脳の神経伝達物質であるセロトニンという鎮静効果のあるホルモンも分泌されて、興奮状態を沈め、不安な感情を抑えることが出来るので、衝動的な犯罪がぐっと減るというわけです。へえええ。ちゃんと科学的な根拠があるんですねえ。青と言っても暗い青よりも、青味がかった白ぐらいの方がより効果があるとも言われています。我が家の周りの街灯はどっちかというと白味がかった青という感じ。なんというか、やる気も削ぐけど寂しい印象、寒々しいです。まあこれで犯罪が
減るっていうならいいかな~。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナルから 斎藤投手が全治2~3週間

テレビや新聞でも大きく報道されていたのですが、プロ野球の日本ハムのドラフト1位で入団した斎藤佑樹投手が5月9日に、
札幌市内の病院で左脇腹のMRI検査を受けたのだそうです。そこで「左内腹斜筋の筋挫傷」で全治2~3週間と診断されたということです。
多くの人が驚いたことだと思います。やはり日々注目されている人ですから、報道も大きく取り上げられているのではないでしょうか。
1日も早く回復して、また大勢のファンの人の前ですばらしい活躍をしていただきたいですね。
まずは、怪我を治すことを考えていただきたいと思います。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを見つけて
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト

国際通信社の国際ジャーナルとは アップルの考える新しいネット社会について

インターネットで読書をするという時代はそこまできているのかもしれません。
これは面白い社会になりそうな気がします。国際ジャーナルでも、このような新
しい読書に対しての特集を組んでみてはどうかと思います。いまこの分野で話題
になっているのはキンドルです。そして、キンドルのライバル端末として、これ
また注目を集めているのが、アップルが最近発表したアイパッドではないでしょ
うか。アップルは、タブレットタイプの製品を開発しました。大型のディスプレ
イに、アップルの特長である洗練されたインターフェースを備えています。日本
ではまだ発売されていませんが、発売を待つファンも多いのではないかと思いま
す。この製品は、無線LANや3Gによるインターネット接続機能が売り物で
す。すでに発売された米国ではとても人気があるみたいです。アイパッドでは、
様々なアプリケーションやゲーム、ビデオなどのコンテンツが楽しめます。その
他にも、電子書籍のリーダーとして使う事が可能です。アイパッドは大型のカ
ラーディスプレイを持っていますから、これは雑誌や漫画の代わりとして発展し
ていく可能性があります。雑誌の気になるページがネットにつながっているのう
なイメージでしょうか。これは楽しみですね。







国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマン 経営者 ツイッターをつかいこなす経営とは?

今インターネットで話題になっているのは、なんといってもツイッターです。国
際ジャーナルでも、ツイッターが社会に与える影響については分析をしてもらい
たいところです。今、日本で最もツイッターを使いこなしている経営者は誰で
しょうか。いろいろな意見もあると思いますが、なんといってもあのソフトバン
クの孫正義社長ではないかと思います。孫正義社長は、自社のお客さんの声をツ
イッターで拾っているそうです。そして、その声に対して、自社のサービスの改
善を行うこともあるそうです。また、無料で動画の生中継ができるサービスの
ユーストリームと組み合わせた、モバイルによるメディアを将来的に考えている
のかもしれません。それが18億円を出資すると発表された決算説明会の内容に
つながっていると思います。これから孫正義社長は、そのようなビジネスモデル
を考えているのでしょうか。新たなサービスが始まるのかもしれません。イン
ターネットや携帯電話は、その普及は進んでいますが、これからは、本格的な個
人による情報配信の時代がくるのかもしれません。そんな時、日本はどんな社会
になっているのでしょうか。これは正直なところ、面白そうになってきたと思い
ます。







現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社

ザ・ヒューマン 経営者 町医者の評判

実家の町に昔からある医院。
このごろ度々訪れるので、すっかり様子がわかってきましたが、
やっぱりお年寄りが圧倒的に多い。
待合室はいつでもお年寄りでいっぱいです。
でも、田舎の人は、よほど具合が悪くならないと病院には行かない人が多いらしく、
皆さん調子悪そうだったり、待ち時間を持て余して、
ただ静かに腰掛けています。
ひっそりした時間がけだるく過ぎて行くようです。

診察室に入ると一変して、看護師さん達の快活な声が飛び交います。
と、同時に先生の冗談交じりな声も。
町の医院では、内科から外科まで巾広く応対しなければなりません。
同時に一種、カウンセラーの役目も果たす訳で、
先生も独特なスタンスで患者と向き合っておられるような気がします。
それが、患者に安心感やら、信頼感をもたらすのでしょう。
これは、地域に密着した医療現場ならではの良さです。

技術は優れていても、大病院の冷たく感じる棒読みの応対より、
こちらを選ぶのも無理からぬところ。

それにしても忙しそう。
朝早くから昼過ぎまで、患者さんがとぎれることはありませんでした。
先生の方がぐったりしそうだと思って心配になります。
きっと全国の地域医療はこんな風なんでしょう。
口が悪くても、心根の暖かいお医者様、
どうかどうか、頑張って下さい!
そして、医術とは人であることを、これからも感じさせ続けて下さい。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社
報道ニッポン

東京国際ジャーナル 春になって最近行っていること

このごろは国際ジャーナルなどで世界経済の動向を勉強するのが日課となってい
ますが、そのほかにも散歩したりするのが気分転換になっています。春になって
散歩するのはちょうどよい季節ではないかと思います。また、このごろはプロ野
球も盛り上がっていますから、そちらの観戦も楽しみの一つです。キャンプでは
話題となっていた菊地投手ですが、最近はどうなんでしょうか。西武ライオンズ
の首脳陣は、調整法に問題があると分析しているそうです。そうであれば、早め
に修正してもらいたいとことこですね。いまのところ、他の投手と同じ練習メ
ニュー通りでは、十分な投球ができないままブルペンに入って、試合でも好成績
が出せない状態ではないかと思います。このあたりで、軌道修正が必要になって
きているのかもしれません。本人とすれば、やるべきことはやっているのかもし
れません。まだ入団したばかりですから、あせらずじっくりと取り組んでもらい
たいところです。まだまだプロにはいってからの充実感はないかもしれませんが
が、この苦境を乗り越えて、早く自分にぴったりのの調整法を見つけて欲しいと
ころです。一日も早くプロの壁を乗り越えて活躍する姿をテレビでみたいところ
ですね。







ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道ニッポン
現代画報社
フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。