スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン・報道通信社 新型うつ病

「五月病」・・・



昔からこの時期、よく言われる言葉ですね。

新年度が始まり新しい環境入るが、なかなかなじめなかったり、頑張りすぎた結果、

その疲れが、ゴールデンウイーク明け頃に、無気力となって一気に表れるのが「五月病」。




五月病とは俗称で、医学的には「適応障害」や「軽症うつ病」と診断されますが、

ほとんどのケースでは、時間経過とともに改善されるので、

あまり問題視されていませんでした。



その「五月病」消えつつある・・・



その代わりに「新型うつ病」というものが出てきて、

20代を中心に「新型(非定型)うつ病」が猛スピードで急増、

その結果、五月病の存在が吸収されてしまったみたいです。



季節病だった“うつ病”、昨今は年中行事になってしまったみたいですね。



うつ病ですか。。

知り合いのご主人が昔“うつ病”にかかってしまった時、その奥さんは見ず知らずの、


たまたま病院であった女性に「“うつ病”になった原因はあなたにあるんですよ」と言われ、

相当ショックを感じたそうです。

多少は、奥さんにも原因があったかもしれませんが、



元の原因は、“うつ病”にかかった人にあると思います。



“うつ病”にかかる人は、マイナス思考ではないでしょうか。

知り合いで、“うつ病”かな?と思う人がいますが、考え方が全く違います。

例えば、「ご飯食べる?」を「ご飯が食べたいの?」と解釈する。

何かいい合いになると、「どうせ全部自分が悪いんだ」と自己暗示のように唱え、

いい合いすらできない状態に進んでいく。

とにかく、物事をマイナスにしか考えられない。



こんな状態では、周りの人もマイナス思考になってしまいませんか?



育った家庭環境が大きな要因となっている、という指摘もありますが、

家庭環境だけでが大きな原因だとは、思いません!

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
占い日記
報道ニッポン 取材

国際ビジネスジャーナル シェアハウス。

 シェアハウスが数年前から人気である。ある記事に載っていたのは家賃が共益費込みで7万~8万円くらい。シャワー室や洗濯室、トイレは共用。一階ラウンジにはキッチンと食卓、ソファがあり入居者の交流ができるようになっている。ダーツや図書室などもある。
 社会人に人気があるようで、何年か前にはシェアハウスでの恋模様などを描いたドラマもあった。家族と暮らすのは窮屈に感じるかもしれないが、同じように社会で働く人間同士なら、悩みを共有できたり、恋をしたりという楽しい面を想像する。実際かなり人気があるようで、常にほぼ満室だそうだ。私ももし近くにあったなら、是非入居したいと考える。一人暮らしだとどうしてもロスにしてしまう食材などもみんなで使うことができ、節約にも繋がるし、空き巣に入られるなどの危険性も低くなる。入居者にはきちんと面接があるそうなので、そうそう変な人に出会うことはないであろう。
 文化や教養、趣味をコミュニケーションの核にしたシェアハウスを作る意気込みも記事に書いてあり、ますます面白くなっていきそうだ。ただ、これからも増えていくであろう反面、入居条件などが軽くみられるようになって、間口が広がり、トラブルがこれから増えていくのではないかという心配もある。面白いので、是非これからも頑張って欲しいものである。

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル経済白書
ペットジャーナル

ザ・ヒューマン・ビジネス 北朝鮮との今後の交渉

北朝鮮を訪問していたアメリカ政府の特使は、北朝鮮サイドと折衝を続けていま
したが、アメリカが北朝鮮への食糧支援を再開させるかどうかについて はまだ
未定という事になっています。引き続き、アメリカの調査団が現地で食糧不足の
実態を調べることを明らかにしていますので、その結果によって は、人道的な
支援が行われる可能性も残っていると言えます。東アジアの情勢において、アメ
リカと北朝鮮の動向については、これからも注意が必要で しょう。





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報を求めて
報道ニッポン | 報道通信社 | 報道ニッポンの投稿サイト

月刊誌・国際ジャーナル 評判に違わず?

私達は、震災被害からの復興、生活基盤の回復、そして
まだまだ予断を許さない原発問題などなど、多くの
問題を解決していかねばなりません。
実状に沿った、指針と行動力、指導力のある政治を進めて欲しいのです。
国会で議員さん達の駆け引きなどしている場合ではありませんよね。
総理の心積もりがどこにあるのか分かりませんが、ご自身の力の無さをも痛感せざる
を得ない状況なのではないのでしょうか?
前総理と交代した折、諸外国の評判では、「鳩山でないだけマシ」と言われていたと
か。やっぱり、その程度の方だったんでしょうかね?

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル 5月の景気ウォッチャー調査

内閣府が6月8日に発表した5月の景気ウォッチャー調査に関する記事が新聞に
載っていました。
街角の景気実感を3か月前と比べた現状判断指数が、前月と比べて7.7ポイント
上昇の36.0パーセントだったということでした。東日本大震災で冷え込んだ消費
が持ち直したほかに、サプライチェーンの回復や復興需要で生産も増加しているという
ことなのです。2~3か月先の見通しを示す先行き判断指数も前月と比べて6.5
ポイント上昇の44.9で、現状判断指数とともに2か月連続で改善したとという
ことでした。
私自身、景気が良くなっているとは全く感じられない状況です。みなさんは日々の
生活からどう思われるでしょうか。以前に国際通信社から発行されている雑誌に
「不景気」に関する記事が載っていたように思いますが、私の中ではまだまだ
不景気の状況が続いています。明るい日本はいつ来るのか・・・と日々思っています。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社

国際通信社の国際ジャーナル 福島第1原発の中央制御室が停電

まだ停電中みたいです・・・かなり心配な状態ではないでしょうか。



東京電力ですが、8日午後2時20分ごろ福島第1原発の1・2号機中央制御室の

照明が停電したと発表。

下人は電源系のトラブルで、詳しいことを調査中だそう。



しかし、原子炉注水は継続しているそうです。

ただし水素爆発を防ぐため続けられている、1号機の原子炉格納容器への窒素注入が

午後2時57分に停止しました。

メルトスル―の噂もありますので、水素爆発だけは回避してほしいです。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
国際ジャーナルからの誘惑

ザ・ヒューマンの経済誌 ホームステイ事業

東日本大震災で被災した福島県南相馬市の児童や生徒を石川県の一般家庭で
受け入れるという「ホームステイ」事業に、南相馬市からの応募者がいないこと
が分かったのだそうです。
市民の善意と被災地側からの希望がかみ合わないためで、背景には家族が離れて
暮らすことへの不安があるようなのです。
市民の気持ちと被災地からの意見がどのように異なっているのか分かりませんが、
何よりも子供だけを離れた土地で生活させるというのは、親としては不安でたまら
ないでしょう。私も母親の立場ですから、その気持ちは分かります。
緊急事態ということですから、何かお手伝いを・・・という善意の気持ち、本当に
嬉しいことだとは思うのですが・・・。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマンの経済誌 高知県の観光特使

高知県の知事は5月27日に、アースマラソンで地球一周を達成した高知県出身の
タレント間寛平さんを観光特使に任命したそうです。
そして県庁で委嘱状を手渡したのだそうです。
高知県によると、委嘱期間は2年だそうで、タレント活動を通じて県内各地で
現在開かれている観光イベントをはじめとして、高知の食や文化をPRしてもらう
ということでした。
全国的にアースマラソンで有名になった間寛平さん。アースマラソンを完走した後も
様々なマラソンのイベントに参加されているように思います。
体調は問題ないのか気になるところですが、多くの人に勇気や元気を与えてくれる
のではないでしょうか。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社

大人の経済誌・国際ジャーナル・報道ニッポン 東アジアにおける風評被害への協力体制

東アジアにおける国際政治の中で、日本、中国、韓国の関係は重要ですが、原子
力の安全と防災などをテーマとして、菅総理と中国の温家宝首相、韓国 のイ
ミョンバク大統領による日中韓サミットが行われています。この時に開催されて
いる日中首脳会談ですが、福島第一原発事故を受けた農産物などの 中国サイド
の輸入規制について、一部規制緩和するという事で合意ができています。これは
日本経済にとっても明るいニュースではないかと思います。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報との戦い
世界規模で禁煙の動き 国際通信社|国際ジャーナル

ビジネスと国際ジャーナル 医療体制の確保がこれからは重要

東日本大震災の被災地では、様々な対策が必要となっていますが、医療の体制も
その一つだと思います。沿岸部を中心に地震や津波によって医療機関が 壊滅的
な被害を受けています。そのため、多くの病院で一時診察できなくなるなど、地
域医療に深刻な影響が起きています。厚生労働省ではどのような 対応を検討し
ているのでしょうか。今のところ、医師などを集めて医療機関の防災対策や災害
医療の在り方を話し合い、検討を進めているという事の模 様です。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社
報道ニッポン

国際画報・現代通信社・報道月刊誌 韓国じゃ口パクが禁止になるみたい

日本でも「口パク」なんて言葉がありますが、韓国でも口パクはあるんですね。なんでも、韓国自由先進党の李明洙議員が5月13日に、放送や公演などで歌手がリップシンク(いわゆる口パクね)することを禁止する「公演法改正案」を、なんと国会に提出したことが分かったのだそうですよ。いいじゃんね、口パクしたって、観客がわかっていれば。。。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポンの飛躍
現代プレス・国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報

国際ジャーナルと職人 話題の16日Xデーに離婚届出さない!沢尻エリカ

沢尻エリカさん、高城剛さんと離婚できるといわれていた、

16日の解禁日には離婚届を提出しないことがわかりました。

高城さんは、沢尻さんが本当にことを話していないと、離婚

に難色を示していますね。



沢尻さんは本当の理由を話したのでしょうか?

そして、話していないとすれば、高城さんはいったいどのような

行動をとるのでしょうか・・・



テレビで記者の方が、Xデーというのはマスコミが勝手につけた

名前で、16日に離婚するとは沢尻さんはいっていない、と話して

いました。

どちらにしても、ワイドショーが喜びそうなネタですね。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポンで取材されました
opem-press.org | 報道ニッポン | 報道通信社

ザヒューマン・取材とは パン製品の値上げ

製パン最大手の山崎製パンは5月17日に、7月1日の出荷分からパン製品と一部の
輪洋菓子の価格を平均で5パーセント引き上げるということを発表したそうです。
値上げは2008年5月以来約3年ぶりだということなのです。
理由は輸入小麦の政府売り渡し価格が今年の4月から昨年10月に比べて18パーセ
ントも引き上げられたそうなのです。
このほかにも砂糖や卵、油脂類などその他の原材料価格も相次いで上昇していると
いうこともあるようです。
私たちの生活に影響が出てくるような記事が新聞に載っていました。
食べ物というのは生きていくうえで必要なものなので、それが値上げという話題を
聞くと非常につらい思いがします。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報の日々取材
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々

国際画報・報道ジャーナル・現代ニッポン 岡本太郎氏の壁画いたずら、芸術家グループ表明

故岡本太郎氏の壁画「明日の神話」が、JR渋谷駅構内に展示されています。

この絵が福島第1原発事故を連想させるということで、芸術家の男女6人組のグルー


「チン←ポム」が、壁画の右下部分に縦80センチ、横2メートルの板が貼り付けたそ
うです。

そしてメンバーの女性は「芸術家がするべきことをやっただけ」と主張しています。



芸術家がするべきことって、板を貼りつけること?

理解に苦しむ、犯行声明ではないでしょうか・・・




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社
lua.weblog.am

報道通信社からビジネスシーンで 高齢者でにぎわう2チャンネル

高齢化社会だからって、社会全体がジジババくさくなるわけではないですよね。最近のじいちゃんばあちゃんは、本当に若々しい方が多いですし、みなさん元気で多趣味!やっぱり高齢者のインターネットユーザーが増えているそうで、そんな中、ネット掲示板「2ちゃんねる」の60歳代以上が集まるカテゴリーに注目が集まっているのだとか。さすが現代のじいちゃんばあちゃん、格好いいです!しかもなんで注目が集まっているかといえば、高齢者ならではの達観した意見や、言い回しが面白いんだとか。総務省が調査したところによれば、2010年末時点での世代別インターネット利用率は、60~64歳が70.1%、65~69歳が57.0%、70~79歳が39.2%、80歳以上が20.3%だったそう。しょえ~!!

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社
現代画報

現代画報・国際ジャーナル・取材 福島の梅も放射能

福島原発がメルトダウン騒ぎの中、やっぱり気になるのは原発から漏れ出している放射能ではないでしょうか?なんでも福島県は5月26日に伊達市で採取したウメから暫定規制値を上回る580ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表しましたが、出荷規制するようです。その前に疑問に思ったのが、福島産のウメを購入する方はいらっしゃるのでしょうか。風評被害とは言いますが、体に蓄積されてしまう放射能、特に関東にお住まいの方は、微量でも放射能の影響は受けてますから、遠いところの野菜や果物を食べるのが安心ですもんねえ。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
報道ニッポン

月刊・国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 嵐、東京ドームでイベント開催予定

日本で人気爆発のアイドルグループ、「嵐」。今回その嵐が、6月に東京ドームで東京ドームで東日本大震災のチャリティーイベントを行うことを発表したそうです。なんでも内容としては、嵐がのメンバーが先生となって、会場のファン4万5000人と一緒に「今後の日本がよりよくなるもの」を授業スタイルで考えていくというイベントだそう。ちょっと変わっているけれど、面白そうですよね~、嵐ファンの方は待ち遠しいのではないでしょうか?
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
point.xrea.cc
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年9月号のご案内 | 現代画報社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 夏木マリ入籍

みなさん、ワイドショーでご覧になったでしょうか?あの夏木マリさんが、パーカッション奏者の斉藤ノヴさんと入籍されたそうです!魔性の女の夏木マリさんが、結構年をとってから入籍。。。!ファンの方は、びっくりされたのではないでしょうか?けれど、年をとってからの恋って、なんだか良いですよね~!勢いだけではなく、何か成熟した心のやりとりがありそうなイメージです。やっぱり年を取って横を見たとき、一緒に年を重ねる相手がいるって良いものですよね。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社
現代画報

デジモノ・ザ・ヒューマン・取材 日本の新たなエネルギー政策は今後どうなるのか?

ソフトバンクの孫社長がこれからの日本のエネルギー政策について話題を呼んで
いますが、日本の新たなエネルギー政策が、政府から発表される方針と なって
いる様です。これについて、このほど報道された内容によると、「再生可能エネ
ルギーを基幹エネルギーの1つとして加え、そのための革新的技 術開発プロ
ジェクトとして、『サンライズ計画』を立ち上げる」事になっています。具体的
には、太陽光発電の発電コストを2020年には現在の3分 の1にする事が目
標の様ですね。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
経済がわかる報道通信社の報道ニッポンは経済誌
ジャーナルライフ

国際ジャーナルで噂の 衛藤参院議員、水かける

政治って見ていると時たま面白いニュースがあったりするんですよね。なんでも、5月24日に自民党の衛藤晟一参院議員が、党本部で開かれていた外交部会で、説明するために出席していた外務省の幹部の態度が悪いと怒って、コップの水を掛けちゃったのだそうです!ひえ~!おもしろい!この部会に出席していた人によれば、衛藤さんたちが韓国国会議員の北方領土訪問で、中止を働きかけたかと聞いていたとき、この外務省の幹部がその質問には答えずに、横を向いたことに怒っちゃって、水を掛けたそう。やれやれ~!

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感
国際ジャーナルで読み解く

ザヒューマンで読むビジネスチャンス 今求められている納得できる説明

東京電力の巨額な賠償について、枝野官房長官が、金融機関による東京電力への
債権放棄に期待を示したと報道されています。この発言について、批判 を受け
ていることに対して、枝野官房長官は金融機関も負担に応じる必要があるという
認識を強調しています。この発言に対する意見も、これから出て きそうです
が、今回の事故で避難している人に向けて、十分納得できる対応が今求められて
いるのではないかと思います。その点がポイントでしょう。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル
フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。