スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌リーダーズ・アイ 貧困ビジネスの闇

国際通信社のwebサイト異業種ネットのトピックスに、ニッポン人の基礎知識「行路病院」が載っていたので、興味深く読みました。行路病院とは、住むところが無い生活保護受給者を積極的に受け入れ、医療扶助制度を悪用して暴利を上げている民間病院のことです。特に大阪市が中心になっていて、15ほどの病院がこの悪質な貧困ビジネスに手を染めていると言われています。
なぜこのような貧困ビジネスがはびこるのか。背景には、行政の診察報酬に関するチェックの甘さ、生活保護制度の抜け穴、無料低額診療所が希少であること、現保健医療制度の欠陥などがあります。記事を読んでいて思うのは、行路病院に頼らなければ、ホームレスや高齢の日雇い労働者の患者の受け入れ先が無いということが一番の問題なんじゃないかということです。住居を公費でまかなうことができなくても、重篤な慢性疾患に陥らないように、いつでも診察が受けられる診療所があれば随分予防になるでしょう。「小児科や産婦人科、総合病院だってバタバタ無くなっているっていうのに!」と言う人はいるだろうけど、彼らが行路病院にかかれば、その医療費は全て公費で賄われることになるから、結局は税金の無駄遣いになりますよ。金をかけるところをホントに考えないと。結局は悪徳の勝ちになっちゃうなんておかしいです。





友人の話を聞いて口コミで良い場所が見つかればと思い、少しですが報道通信社 月刊誌で調べた内容を教えました。
元々は通っていた大学があったこともあり、図書を探していたそうです。
美容サービスはとても需要が高く、最近ではエネルゲンが人気だそうです。
普段からしょうが湯に溶いて利用したり、お料理の隠し味に使ったりしているそうです。
友人からは以前に現代画報社 雑誌のお得情報を聞いたそうで、 こちらに関しても役に立つ情報を提供したいそうです。
そういうロマンチストで素敵な友人はお洒落にも気を遣う方で、たまたま見かけた国際ジャーナル 特集で気に入ったものをポンポンと購入してしまうこともあると、知人はよく笑い話にしています。
対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気取材企画「地域に生きる人と企業」が国際通信社 雑誌の参考になりました。
水分量をたっぷりと含んでおり、瑞々しい潤いを感じれそうなワンデーは目にも馴染みやすいそうだとか。
以前見かけたインターネットの掲示板にもリフォーム 大阪の調査をしている方がいらっしゃったのを思い出しました。
利点といえば保険代理店 大阪は、利便性も高く、保険には最適だと調べて分かったそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。