スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル|裁判員裁判にて判決

先日、全国第1号の裁判員裁判で初の判決がでました。
東京でおきた路上殺人事件について、「懲役15年」という判決でした。
求刑は「懲役16年」だったそうです。

今回、4日間という裁判が行われたようですね。
裁判員に選ばれた方は精神的にも疲れたのではないでしょうか。私はそう思います。
「人を裁く」ということは、とても大変なことだと思います。
ましてや「法律」には関わっていない仕事をされている方もいらっしゃったでしょう。
今回、裁判員に選ばれた方々には「お疲れ様」と言いたいです。

新聞記事によると、今回の裁判では分かりやすくモニターを使ったり、冒頭陳述の内容を1枚の
紙にまとめたものを提供されたりと、裁判員の方々の中には「学校の授業で配られるような感じの
資料だったので、分からない事はなかった」との声もあったようです。

また、中には会社員の方もいらっしゃったようです。その方には職場や家庭での反応を「家族が優しく
してくれた」や「会社にも協力してもらった」などの理解が得られたようです。
刑を言い渡す負担については「最後の最後までこの判決で良かったのかどうか分からない。でも、
決めなければなりません。つらい部分も感じている」との声もあったようです。

今回は「懲役15年」という判決でした。今後、裁判員裁判で「死刑」に関わる裁判も出てくるでしょう。
そのような大きな大きな事件に関わったときに、どのような気持ちで裁判所にいればいいのでしょう。
どのような目で被告を見ればいいのでしょう。どうしても私の場合、個人的な気持ちが先走って「人を
殺したのだから絶対死刑だって」という意見しか言わなくなってしまいそうです。
そして、被告を見る目は「この人、人間じゃない」という偏見の目で見てしまいそうです。

自分が選ばれたときに、冷静な態度で裁判を見る事ができるか不安です。
今回選ばれた裁判員の方々は「分かりやすかった」と言っているようですが、これも個人差。
理解できなかったらきちんとした自分の意見が言えないですよね。
そういった意味では「選ばれたくない」というのが本音です。

今回の裁判員裁判、全国第1号ということもあり、裁判が始まってから判決が出るまで毎日テレビや
新聞で騒がれました。「自分自身の成長の場になると思う」「裁判所に対して国民の声が反映される
制度。個人個人が声を上げていかないと社会は変わらない」という前向きな意見をおっしやっていました。

また、今回の被告の弁護士は「我々弁護士では出てこないであろう質問も出てきて、勉強されられた部分
もあった」というようなことを言っていました。
弁護士側にとっては「素朴な質問」かもしれませんが、それが重要な内容かもしれませんね。

ただ、小さな年齢の子供を育てているお母さんが裁判員に選ばれたら、非常に困りますね。
預かってくれる人がいればいいですが、中にはいない人もいるんです。
「小さな子供がいる方は、託児所を設けています」などの配慮もしてもらえたらありがたいですね。
「裁判所」というお堅い場所に「託児所」という考えは無謀でしょうか・・・。
子供の騒ぎ声は耳障りでしょうか・・・。

テレビやニュースでこの裁判員裁判の様子をみせてもらいましたが、やっぱり私には向いていない
ように感じました。先ほども書かせていただきましたが「行きたくない」という気持ちに変わりは
ありません。「人を裁く」ということは私には難しすぎて・・・。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。