スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 カバの龍馬くん

長崎県の「長崎バイオパーク」で飼育されていたカバの雄赤ちゃんが、鹿児島県の平川
動物公園にもらわれることになり、3月17日にトラックで移送されました。
このカバの赤ちゃんの名前は、今、かなり話題となっている「龍馬」です。

鹿児島県は、幕末の志士で、カバの「龍馬」の名前の由来でもある坂本龍馬が、妻のお龍
とともに新婚旅行に訪れた地とされています。カバの「龍馬」も近くお嫁さんをもらう予定
で、長崎バイオパークの担当者は「坂本龍馬が楽しく過ごした場所で、夫婦仲良くしてほし
い」と期待しています。

カバの龍馬の母親は、国内で初めて人工飼育されて、一時期「泳げないカバ」として絵本に
も描かれ、話題となった16歳の「モモ」です。龍馬は昨年4月に「モモ」の第3子として誕生
しました。

この日は、職員10人が体調約1メートル10で、体重が約200キロもある龍馬を、池に設置した
輸送箱に1時間半かけて誘導しました。龍馬は、途中でモモの姿が見えたのか、名残惜しそう
に暴れたということですが、午前10時過ぎに職員や来園者に見送られて出発しました。
同じ日の夕方に、新しい住まいとなる平川動物公園に到着したのです。

この平川動物公園では、3月26日の改装オープンに合わせて、龍馬をお披露目し、今年の秋に
神戸市立王子動物園から、雌のカバ「ナナミ」を受け入れる予定なのだそうです。
この龍馬、母親から離れるのはとてもつらかったでしょう。どのような思いで輸送箱に入った
のでしょうか。まだまだ母親のそばにいたい年齢なのかもしれません。1日も早く新しい住まい
に慣れて、新しい家族を作ってもらいたいですね。


ペットジャーナル
国際ジャーナルで評論 刑法 商法 報道ニッポンは報道通信社から出版されています Y 取材しました 現代画報は現代画報社から出版されています G 取材します 名古屋 民法 現代画報 グラビア 国際ジャーナルで取材されました 国際ジャーナル|海外旅行と感染症・寄生虫 ... 掲載料 発行部数は約3万部 国際ジャーナル 取材 取材 国際ジャーナル文芸批評 200909 国際ジャーナル文芸批評 200905 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 東京 取材です 報道ニッポン 国際ジャーナル 取材 国際通信社グループ 国際ジャーナル タレントがインタビュアーになり取材します 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報 評判の雑誌って? 国際ジャーナル 大阪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。