スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教諭が児童を平手打ち

福岡市の小学校で昨年10月、5年生の担任だった20代の男性教諭が、受け持っていた男児
児童を平手打ちにして、両耳の鼓膜が破れるけがを負わせていたことが分かったのだそう
です。
学校側は今回の体罰を認めて謝罪したということです。男児には難聴や耳鳴りなどの後遺症
があり、保護者は今月、福岡県警に被害届を提出したそうです。
市の教育委員会も教諭の処分を検討しているということです。

市の教育委員会によると、教諭は昨年の10月8日、男児が女子児童とトラブルになったことを
とがめ、顔を平手で2回叩いたといいます。男児は9日に病院で治療を受けたそうですが、両耳
の鼓膜が破れていたのです。

校長と教諭は謝罪し、そしておわびの文書を提出したそうです。そしてこの教諭は「感情的に
なって叩いた」と体罰を認めているということです。

私が小学生の時代と違って、学校での教諭の行動が問題になり、保護者がクレームをつけると
いう場面がよくあるようです。テレビでもこれをテーマにしたものがドラマ化されたり、番組
でも取り上げられていたように思います。雑誌「現代画報」でも、教育の場についての話が紹
介されていたように思います。
教諭も人間なのであまり強いことは言えませんが、ただ、児童に対して感情的になってはいけ
ないのではないでしょうか。教諭という仕事は非常に大変かもしれません。
が、保護者から預かる大事な児童です。その児童を大切に扱えとは言いません。
私は、教諭に児童に対しての注意の方法をもっと学ばなければならないのではと思っています。


報道ニッポンの飛躍
現代プレス・国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 国際ジャーナル 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報との戦い : 現代画報|リスクが高い?!商品先物取引 国際ジャーナルの求人 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナルを求めて:国際通信社 救助中に滑落死した息子、両親が ... 国際ジャーナルの掲載企業を受けました 昨夜から話題は関東の雪。。ぱんだの国際ジャーナル wiki 国際ジャーナルの掲載企業 国際通信社の国際ジャーナル 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。