スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 報道日本 木村コーチお別れの会

くも膜下出血のために4月7日に読売巨人軍の木村拓也内野守備走塁コーチの「お別れの会」
が4月24日に、都内のホテルで行われました。巨人軍の滝鼻卓雄オーナー、長嶋茂雄終身
名誉監督、原辰徳監督以下一軍の全選手と、日本野球機構の加藤良三コミッショナー、木村
コーチがかつて在籍していた広島東洋カープの野村謙二郎監督と選手らが出席しました。

お別れの会は出席者全員による黙とうで始まり、加藤コミッショナー、原監督、山本浩二
元広島監督が弔辞を述べ、原監督は、時折声を詰まらせながら「今日は野球人としての君の
生き方に共感してくれた人たちが集まってくれた。昨年の9月4日のヤクルト戦で捕手を急遽
務めてくれたことは巨人の財産とも言えるプレーだった。巨人は強くなったと思った」と読み
上げたのです。

木村コーチの奥様や遺族と滝鼻オーナーらによる代表献花に続いて、長嶋終身名誉監督、宮崎
市長、阿部慎之介・巨人主将が花を手向けたのです。

木村コーチが亡くなったことに、多くの人がショックを隠しきれず、また多くの人が悲しんだ
ことだと思うのです。テレビや新聞でも大きく取り上げられて、偉大な人だったということ、
また多くの人に愛されていたということが分かったのです。そして、そのたびにテレビで放送
されるのが、原監督の弔辞にもあった「捕手を急遽務めた」ゲームなのです。「ピッチャー
以外ならどこでも守れる」ということをテレビのスポーツ番組で耳にしたのですが、それは
本当にすごいことなのだということも分かったのです。私は、野球が詳しくないのでピンと
こなかったのですが、周りの人や私の主人がそのことがどれだけすごいことなのかを教えて
くれました。木村コーチが亡くなったことは、まだ信じられないという声も聞きます。
木村コーチのご冥福をお祈りします。


現代画報 取材
bus.gob.jp 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナルを求めて:国際ジャーナルと掲載企業 自由な記憶 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 国際ジャーナル 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 マスメディア出演紹介 掲載紙紹介~JHAビジネススクール 国際通信社の国際ジャーナル 国際ジャーナルの掲載企業 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルの求人 現代画報は現代画報社から出版されています 【社労士 竹内健のブログ】東京都中央区日本橋横山町の社会保険労務士「竹内 ...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。