スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉置浩二さんの行動

ロックバンドの玉置浩二さんが9月12日に行われた福岡市の全国ツアー公演で、
コンサートを見に来ていたファンの人たちとトラブルになったというニュースが
テレビや新聞を賑わせました。

関係者の話では、玉置さんはコンサートの最初からろれつが回らないような状態で、
客席と口論になる場面もあったといいます。
主催した会社は、ステージ上で謝罪して公演を中止したのです。
チケットの代金の全額払い戻しを決めたそうなのです。
ちなみに、チケット代は7800円だそうで、結構高い金額のものだと私は
感じました。

客席数は約2300席で、チケットは完売だったそうです。
翌日の13日午後7時から行われる熊本市のコンサートは予定通り行われるそう
です。
13日にコンサートに行った人たちはどのような思いで舞台を見ていたでしょうか。
朝からテレビでは、時間をとって報道されていました。
ファンの人に暴言を吐いた・・・とテレビでは言われていましたが、どうして
そのような行動をとったのでしょう。
ファンの人というのは大切な存在なのではないのでしょうか。
私は芸能人ではないので、ファンの人の大切さなどはあまり理解できていないかも
しれませんが、ある歌番組ではミュージャンの人や歌には関わっていない芸能人の
人でも「ファンは大切だ」ということを話していたのを覚えています。
人間として今回の行動はどうだったのか、考えていただきたいものです。


現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

人間として今回の行動はどうだったのかって、そんな大きな問題なのでしょうか。(笑)

TV報道(特にワイドショー)は、玉置さんの発言を面白、おかしく取り上げるのは紛れもない事実です。
 それを真に受けて、いっしょに玉置さんのことを叩いている人には、首をかしげます。玉置さんは、別にファンのためだけにコンサートはしていないのです。かといって、福岡公演のようなコンサートばかりをしているわけでもありません。そのコンサートは、興行として失敗になった数少ない例です。その他の30ケ所のコンサートは、それは、とっても素晴らしいものです。

 一般的な見方では、納得いかないかもしれないが、あれも玉置浩二のステージなのは事実。不快な思いをした観客もいたのも事実。これに懲りて彼のコンサートに今後行かないのも、素晴らしいコンサートに期待して行くのもお客さんの自由。

 そろそろ、私たちは、彼の否ばかり取り上げるマスコミの情報に踊らされるのではなく、彼の歌の凄さに目を向けてもいい頃だと思います。
 
フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。