スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 市役所の会議室を・・・

先日、新聞を見ていると大阪府内にある市の取り組みが紹介されていました。
地域の取り組みなどの地域の話題は、国際通信社から発行されている雑誌にも取り上げられていた
かと思います。

この市は来年1月から週末に市役所の会議室を中学生の自習室として開放し、教員免許を持つ若手
職員らが指導にあたる取り組みを始める、というものでした。
利用料は無料で、職員の資格や才能を活用した「市役所寺子屋」とも言える試みだそうです。大阪府
の教育委員会は「全国でも聞いたことがない」とコメントしていました。

市内の中学1~3年生約3350人が対象とのことです。独自の教材やカリキュラムはないようですが、
職員らが英語、数学を中心に疑問に答えるそうです。1~17日~2月27日まで計10日間、土曜、日曜に
会議室を開放し、来春以降も続ける予定だそうです。

近頃は「学力テスト」の話題が新聞やテレビが報道しています。この市の中学生は、今年度の学力
テストで、4教科平均が大阪府の平均を下回っているそうです。市が「学力の底上げを」と教員免許
を持つ採用後4年以内の職員に協力を呼びかけ、17人がサポート役を務めるようになったようです。

会議室を開放するのは午前、午後とも3時間の計6時間で、それぞれの店員は学年ごとに約10人。
市長は「我が市が先頭に立ち、大阪の学力向上を引っ張って行きたい」と意気込んでいるそうです。

地域によって「学力低下」と言われているところもあるかと思います。学生側からすると悔しい思い
をしているかもしれません。「勉強」ばかり言われてうんざりしている学生もいるかもしれませんが
勉強できるのは学生時代だけです。頑張って・・・と応援したいと思います。




現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。