スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 月刊 国際ジャーナル 法人税減税の効果はどれくらいか?

日本の経済における環境については、デフレの克服、 雇用の確保など多くの重
要な問題があります。消費税のアップという大きなテーマもありますが、これか
らの税制に対しての政府の方針が発表され ています。それが2011年度税制
改正大綱です。大きな特長は難でしょうか。まず、国際的に高いとされている日
本の法人税について、法人税減 税で企業を優遇する事があります。企業の税負
担を軽減して投資や雇用を増やし景気浮揚を図るというのが、政府のシナリオで
はないかと考えま す。この減税の効果はどれくらいあるのでしょうか。国際
ジャーナルでも、この減税効果については、試算を行ってもらいたいと考えま
す。法人税 の5%引き下げに必要な財源は約1兆5千億円だといわれていま
す。この財源をどのように確保すればいいかが議論されています。不足分は相続
税 や所得税をそれぞれ増税するという考えも報道されていますが、個人への負
担増は気になるところです。これからの更なる議論が必要なのかもしれ ませ
ん。今回の減税によって、本当に企業の投資活動が促進されるのか、その点につ
いては前向きに考えてみたいと思いますが、いずれにしても今 後の効果につい
ては注目したいと思います。





「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。