スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 月刊 国際ジャーナル 60歳以上の新人作家?!

講談社が、面白い企画をしてますよ~!60歳以上限定でミステリー小説の書き手を募るという、「本格ミステリー「ベテラン新人」発掘プロジェクト」というものだそう。何でもこの企画、埋もれている団塊世代の方たちの中から才能のある人たちを発掘しようというものだそうで、講談社は「60歳以上に絞った新人賞は初めてではないか」とコメントしているそうです。1月15日には東京都内で説明会が開かれたそうですが、そこには約250名もの方たちが参加されたそうで、注目を浴びているようです。このプロジェクトを考えたのは、推理作家の島田荘司さんだそうで、島田さんは、戦後日本の復興は、団塊やその上の世代のコツコツとした物づくりの努力で成し遂げられた、その専門的な能力や経験から、新しいミステリーが生まれる可能性がある、天才が必ずひそんでいる。前線を退き余った時間で、ぜひ傑作を書いてほしいと説明会で話されたそうです。応募資格は、今年の7月15日時点で満60歳以上の新人、そして作品は400字詰め原稿用紙で350-550枚くらいの作品となっています。選考には島田さんがかかわり、優秀作品は講談社から出版され、印税が入るのだとか。老後の資金としては、印税は嬉しいですよね~。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。