スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊現代画報 アブラムシの予想

ある新聞に載っていた記事なのですが、積雪予想がアブラムシにもできる・・・
という内容の記事が載っていました。
仙台市の「富沢遺跡保存館」というところで、2万年前の植生を再現した
屋外自然観察私設「氷河期の森」で、害虫のアブラムシを駆除せずにその卵
の位置と積雪の深さの関係を調べているそうなのです。
蟷螂が積雪よりも高い位置に卵を産み付けるという俗説は有名なのですが、
保存館職員によると、昨冬からの調査でアブラムシにも同じ傾向がありそうだ
というのです。

アブラムシの卵の位置ですが、昨冬が高さ1メートル10センチ前後、そして
今冬は60センチ前後だといいます。「氷河期の森」の積雪は最も深いときで
昨冬は25センチだったのに対して、今冬は1月9日と1月15日の1センチ
前後にとどまっていて、卵の高さと積雪の関係は今のところ、カマキリの俗説
とおりになっているようです。

自然の生き物の状況から気候が分かる・・・というのは面白いですね。
私たちは当たり前のように天気予報で積雪量の情報やその日の天候などを
確認すると思うのですが、自然で生きる生き物たちの行動というのは、実は
正直なところがあるのかもしれませんね。今後、アブラムシの卵の状況が
どのようなことになるのか楽しみですね。ただ、私はアブラムシ自体を見たい
とは思いませんが・・・。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。