スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 骨粗しょう症

高齢になって骨折をすると、寝たきりになる恐れが高まるそうです。
若い頃から骨の大切さを知り、骨を強くしておいたほうがいいかもしれません。

成長期を過ぎると骨は変化しないように思えますが、実は皮膚や血液と同様に、新陳代謝を
しています。古くなった骨は壊されて、骨中のカルシウムが血液中に放出され、新たに血液
中からカルシウムを取り込んで骨が再生されるのです。
この代謝のバランスが崩れると、骨が粗くなって多くの穴が開いた状態になり、強度が落ち
ます。骨量がピーク時の70パーセント未満になると、「骨粗しょう症」と見なされるのです。

ある医大の教授は「女性は更年期を迎える前後から骨量が減る傾向にある」と新聞取材で話
しています。50歳以上の全体で見ると、女性はおよそ4人の1人が骨粗しょう症と推定されて
いて、男性よりも圧倒的に多いそうです。
大きな要因となっているのが、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌量の減少です。
もともと、骨が過度に壊されるのを防ぐ働きがありますが、閉経の5年くらい前から分泌が
減り始め、代謝のバランスが崩れるのだそうです。

骨粗しょう症になると、背骨がつぶれる圧迫骨折が起きたり、倒れて尻餅をついたり手をつい
たりしただけで、太ももの付け根や手首、二の腕の骨を折ることが多くなります。
雑誌「報道ニッポン」では「健康」や「医療」をテーマにした記事が取り上げられていますが、
人は、何歳になっても健康が一番です。骨も丈夫であればいうことないように思います。

それでも、少しでも体に異変を感じたのであれば、信頼できる病院に行って見てもらうのが
大切かもしれません。「高齢者」と世間から呼ばれる年齢になっても骨が丈夫で健康な人で
ありたいと思いませんか?




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。