スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社・報道ニッポン 認知症予防で・・・

「高齢者」と呼ばれるようになった年齢で、認知症になる人も多いのではないかと思うのです。
テレビや新聞、雑誌でも認知症についてはかなり紹介されています。

先日、インターネットを見ていたところ、認知症予防に関する記事が載っていました。

青魚に多く含まれるDHA(ドコサエキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を毎日食べ続ける
ことで、認知症予防に効果があることを島根県のある大学医学部教授のグループが、高齢者108人に
行った試験で実証したそうです。

100人規模の高齢者を対象に実際に毎日食物として食べさせるなどする「介入試験」で効果を実証し
たのは国内初ということなのです。7月には、米国・ハワイで開催の国際アルツハイマー病会議で
発表するそうです。

島根県在住で65歳以上の健常な高齢者108人(平均年齢73歳)を2つのグループに分けて、一方に
DHA850ミリグラム、EPA200グラムを含む魚肉ソーセージを、もう一方にはいずれもほとんど含まない
魚肉ソーセージを1年間、毎日2本ずつ食べさせたそうです。
1度見た図形を模写するテストや、あらかじめ決められたルールに沿って指を動かすテストを行った
ところ、DHA入りを食べていたグループは成績が改善、短期記憶や運動能力などの機能低下が抑制
されたそうです。

「認知症になったらどうしよう」と思う人、多いかもしれません。私もそう思う1人です。
ですが、日々の食事で予防ができるとしたら簡単なことではないでしょうか。私も「高齢者」と
呼ばれる年齢に必ずなります。今から予防し、いつまでも元気に健康で過ごしたいものです。




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

丑うし丑

Author:丑うし丑
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアu
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。